人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カトリックにとても関心がありますが、現在「長血を患う女」の様な状態で、かなり重い貧血状態にあり心臓に負担がかかっているので薬無しでは日常生活すら困難です。
病院の先生は今の薬のことをピルとは呼んでいませんが、成分的にはピルのもっと高濃度な物のようです。

私の場合、薬を飲まないと出血量が極端に多く期間も極端に長いのですが、自然のままでは無排卵がちであり、上記の薬で定期的な排卵を習慣づけて出血量を減らさないとそのまま不妊症になる確率が高いようです。

仮に、もしカトリックになったら治療は続けられないのでしょうか。
どのみち他にも持病があり教会に通えるような状態ではないし、具体的に受洗を考えている訳でもありませんが自分のしていることが関心のある宗教においてどう判断される事なのかはとても心に掛かります。

そこに明確な治療目的があり避妊目的でなくても、あえて言うなら性生活が無くてもピルは教義に反するのでしょうか。
カトリック系の様々なHPでピルの服用を殺人と同一視するような記述を見る度にちょっとつらいです。

●質問者: umi_no_shizuku
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:Hp のし はと カトリック ピル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

[1]問題ありません。 mr_makeinu

辛い病気をお持ちなのですね。

私も失神するほどの月経困難症で生理を起こさないようにピルを内服しています。

病気も辛い上に、なかなか理解されない女性の病気だし、

ピルのような薬というだけで偏見も多いですよね。

ところで、質問の件ですが、ピルという薬が問題なのではなく、

避妊や、子どもを望まないセックスが問題視されているのだと解釈しています。

特に、あなたの場合は不妊症になることを避けるために内服しているので、

カトリックの教えに背くようなことはありません。

それでも、偏見やイメージによって色々と言う人がいて辛い思いをすることもあるかもしれませんが、あなたは何も悪くないので安心して治療をしてください。

また、教会に通えないかもしれないということですが、カトリックにも色々あるのでそこの考えにもよると思います。

お体のことを相談なさって、分かってくださる教会があなたを救ってくださる場所になるのではないでしょうか。


[2]自分はカトリックではありませんが。 dadan_dan

今現在の知識ですが、神の言葉を調べた限りに於いて、昔のパリサイ派の人々

(規則を必要以上に重んじる人々と解釈しています)の事を喜ばれた記録を

今の所見たことはありません。

イエスは神について「死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのです」と言われました。

まだお腹の中に宿っていない(生きてもいない)赤子の事と、生きて苦しんでいる人のどちらを

憐れんで下さる神なのか、どう思われますか?

もちろん、生きている者を優先して何をしても良いとは書いてない筈ですが。

自分がこれまでに調べて、また見聞きして、感じた事ですが、

必死に神に祈って出てきた答えを、神からの答えとしています。

どこから答えがくるのか分かりませんが、これが答えだと感じる

出来事が沢山ありました。

(すぐに出てくる答えばかりではありませんが。それと自分は霊感とかそのような能力はゼロです)

もう1点。最終的に自分自身で決断しないと、後悔したり他の人に責任を追及する可能性があるので

人の意見による決断は避けた方が良いと思います。


[3]人を救うのが宗教です。苦しめるのはカルトです。 motsura

難病を抱えてらっしゃるのなら、カトリックの方も納得してくださるハズです。

してくれないなら深くかかわらない内に縁を切った方が今後の人生の為です。


[4]教会に属さないでも信仰はなりたつと。 sougetsu

カトリックは、プロテスタントに比べると教会優先なイメージがありますから、どうしても他の信者の目(偏見)を気にしないといけなくなりますよね。(プロテスタントでも信仰<教会なヒトはいますけど)

とはいえ、一神教の信仰は、根本的には個人と神の一対一の対話ですから、聖書を媒体にして信仰できるのだと、私の亡き母(生涯クリスチャンでした)から教わりました。

キリストの説話にも、神殿の祭壇にそなえものをする自称「良いヒト」とよりも、外で祈るだけの他称「悪いヒト」の方が救われるというくだりがでてきますから。


[5]>1 mr_makeinuさん、親身にありがとうございます。 umi_no_shizuku

ただ、やはり私は教会には行けません。

私のもう一つの持病はいくつかの化学物質に対するアレルギーです。

対象物質が成分表にも記載されていないほど微量に含まれた化粧品や整髪料をお使いの方、新品の(繰り返し水洗いしていない)洋服やバッグ、印刷されて日の浅い書類等をお持ちの方に近づけません。

それらから空気中に揮発するごく微量の物質で発作を起こしてしまうからです。

だから人が集まりなおかつ途中で簡単に逃げ出せないような劇場のような場所は怖くて行けません。

仮に教会で他の方からわざと離れて座ったとしても誰かがそばに寄ってきて座ったら、と思うと落ち着かないです。

そればかりか多分、神父様がよく教会でまいていらっしゃるお香の煙も今の私には危険です。

教会で発作を起こして毒ガスで追い立てられるような気分で逃げ出すことになったら、私は神様から拒否されたような気分になってしまうに違いありません。

それは絶対にいやです。

だから少なくとも症状が改善するまでは教会には行かないと思います。

ご心配くださって親身なお答えには本当に感謝しています。

ありがとうございました。


[6]>2 dadan_danさんへ umi_no_shizuku

私は既に薬を飲むことを選択してしまっていますし、それをやめては自宅の階段を上るのもつらいのですから周囲の人間のためにも避け難いことなのです。

その上で「あなたのような場合にはピルの禁止の例外に規定されているよ」とでも言ってもらえたら、ほっとできる、心が軽くなると思って質問をしたくなったのです。

本当に何か公式な文章等でそんな例外について書かれている物があるなら知りたいのです。

信者でもないのにこだわるのは自分でもいささか滑稽なようにも思えますが、昔、何度かお会いいした神父さまが「信仰と道徳のことはいくら不便でも人間の都合に合わせて変えたりすることはできない」と言うようなことを言っていらしたことが思い出されて、どうにも気になってしまうのです。


[7]>4 sougetsuさんへ umi_no_shizuku

お返事ありがとうございます。

ですが他の信者の目を気にして言っている訳ではありません。

薬のことは私と家族と病院関係者しか知らないことですし、現在近所にカトリックの知り合いはいません。

だから私の心の問題だけということもできるし、「私と神」の問題とも言えるし、今具体的な相手がいる訳ではないけれど「将来の家族」も含めての気持ちの置き所が気になるだけです。

だから「教会があなたのような場合にはピルを飲んでもいいよと言っている」と言われたとしても私の評判や日常生活がかわる訳ではないのです。

それでも私は自分で自分を救えない根性無しなので、許しと言うか心の安寧が欲しくて言っているだけなのです。


[8]>3 motsuraさんへ umi_no_shizuku

縁を切るなんて言えるほどカトリックに近づいている訳ではありません。

恋愛に例えるなら遠くから眺めているだけで告白したり、近付いたりする勇気もないけど、せめて嫌われたくないなぁ、あの人の嫌いなタイプの女性にはなりたくないなぁって思っている感じで、そのくせ実際はまるっきりだめ人間になるばかりでますます近付く勇気を失い十数年も過ぎてしまった大バカ者です。


[9]うーん?? haruki_tatibana

>カトリック系の様々なHPでピルの服用を殺人と同一視するような記述を見る度にちょっとつらいです。

あれ?おかしいですね?

血を止めること、ホルモン異常を直すことが、なぜ、殺人になるんですか?

本当にそれはカトリックなのでしょうか?カトリックの姿を借りた新興宗教じゃないですか?

貴方が信じようとしている教会が、真実カトリックかどうかしっかりお調べ下さい。

教会の外に「今日の言葉」とか掲示がありますよね。その横辺りにおそらく「○派」あるいは「○○修道会」と書いてありますので、それで検索でもしてみてください。

私はカトリック系の学校に通っていただけですが、このご質問を拝見する限り、病気治療の話題になると必ずといっていいほど登場するとある宗教の姿がちらつきます。なんとかの塔とかなんとか救世教とかなんとかの証人とか。

信じるのは勝手なのでとやかく申しませんが、カトリックだから薬を飲めない、貧血を止められないと、言うのはやめてください。間違いです。

カトリック教の、ことに原理主義において熱心に主張される「ピル服用は悪だ」というのは、「子作りはするけど子供はいらない、だからピルを飲む」ということに対してですよ?

ピルを飲むのが悪なのではなくて、「生まれるはずの命を生まれないようにする」ためにピルを飲むのが悪なんです。

生まれるはずの命を生まれないようにするピル服用や中絶は殺人である、ってことなんです。

そこをはき違えないでくださいね。

昨年熊本に「こうのとりのゆりかご」ができましたよね。あれを運営している病院はカトリック系です。

中絶させない、あるいは産んですぐ殺させないようにという考えによって作られたんですよ。


[10]もし心配なら haruki_tatibana

カトリック系の病院で受診してみてください。

大学もってるような所だとヘンなのに引っかかる危険性もなくて安心。

有名どころだと聖マリアンナとか。

たぶん、同じ治療法になると思いますが。

それと教会に行ける行けないを心配しているようですが、


やっぱりどう見てもヘンなカルトに引っかかってる気がしてなりません。


貴方の「カトリック教」は、病を持つ人を拒むんですか。

もしそうだとしたら、イエス・キリストの教えに反するんですが?


[11]>6 公式な文章は聖書ですが・・・・・。 dadan_dan

本当に、すべての事に対して、すべての行動に対して神様から直接答えが与えられると良いですよね。

宗派などにより少し違うのかもしれませんが、「長血を患う女」の話はマタイの書9章に書かれていますが、同じく9章の冒頭から「体がまひ」した人と「書士」の人が登場します。

umi_no_sizukuさんのケースでは

イエスは“勇気を出しなさい、あなたの罪は許されている”と言われたのを信じて良いと思います。

また、あなたのお会いした神父さまが、ここに出てくる「書士」の人と同じ様に感じてしまいますが、それは、警察官が“信号無視やルール破っても良い”と言えないのと同じ事だと思われます。

もし、これが「罪」だとしても「罪を許して頂く」ため。また、「答えを求める」ために「祈り」続け答えを待つしかないと思います。


[12]>10 haruki_tatibana umi_no_shizuku

ありがとうございます。

残念ながら私は地方に住んでいるので東京の病院に行くことはできません。

地元の他の病院に行くという選択肢も拒否したい思いが強いです。

私は性体験が無いので内診を受ける事がとても苦痛でした。

内診後でないとどこの病院でも治療を開始してはくれません。

あきらめて内診を受ける気になるまで何カ所も回りました。

今の病院では私の気持ちをくんで形ばかりのものにしてくれましたが、それでも本当に嫌な経験でした。

新しい病院に行けばまた改めて内診を受けなければいけません。

たとえ女医さんでも嫌です。


[13]>9 haruki_tatibanaさんへ(済みません先の返信で「さんへ」が抜けてしまいました) umi_no_shizuku

ピルを飲む事になった時ずいぶん多くのHPを検索しました。

「カトリック」と「ピル」で検索すると、だいたい中絶と並べてピルを完全否定しています。

「産児制限のためのピルは禁止だけど生理不順等の治療目的のためのピルは許可する」なんて配慮のある書き方をしているページは見つけられませんでした。

ただもう強い調子でピルを批判しているものばかりです。

それに治療目的とは言えピルを飲んでいれば意図的に避妊ができます。

だから「治療目的のためのピルは許可する」とは書いていないのではないでしょうか。

言外に一律禁止と言われているかのようです。

どんなにHPを検索しても自分の場合は使用してよいのだと読み取れるようなページが見つからないのです。

ちなみにどこかの宗教団体に関わっている訳ではありません。

ちゃんとしたカトリック系の出版物(遥か昔にもらった)なんかを読んで「良いなぁ、いつか行ってみたいなぁ」とか「でも、子供の頃行ったプロテスタントの教会のあの気恥ずかしい雰囲気は苦手だったしなぁ」とか思っているだけです。

そんな訳で数年前には歩いて10分ほどのところにあるカトリック教会(クリスマスになると必ずテレビに映るかなり有名な教会)の前まで行っては引き返したりしたことも何度かあります。

なんで教会に行くのってこんなに恥ずかしいんだろう。

なんか照れてしまって門をくぐれません。

今はもう人の集まるところが極端に苦手な持病(化学物質系のアレルギー )を持ってしまったのでそんな事をする気力もありません。

昔知り合った神父さんも遠くの修道院に行かれたので今はもう年賀状のやり取りだけになってしまいました。


[14]神様って bakuto

そんなに心が狭いとは思えません。


ピルについてですが、多くの方が仰っている様に「妊娠しない為」の服用が問題視されているのであって、「病気の治療」の為の服用は問題視はしていません。

仮にピルを全否定する方が居られたとしても明確な理由が無いのであれば、ただ単に物事の理屈を推察出来ないかわいそうな方が、「上部組織のだれだれが言っていた」と言うようなくだらない理由で叫んでいるだけですので気にするだけ無駄です。


私も過去にたくさんの宗教家の方とお話をさせていただいた事がありますが、どの宗教においても「思慮の足りない方」、「過激な宣伝活動の好きな方」、「言葉を曲解される方」が居ます。

だから、どこの誰が発信した言葉か判らない物や、自分で真意を確認できない物についていちいち心を痛める事は「無駄」以外の何者でも無いです。


一般的な宗教とは「神の意思」に従う事であり「人の意見」に従う事では有りません。

キリスト教ならば「聖書」の教えに従うのが本道です。

聖書でピルを禁止していない限り、ピルに関しての記述はどこの誰かが発信した「人の意見」に過ぎません。

まず、umi_no_shizukuさんのする事は、人の意見を聞く事ではなくその人の意見が聖書の内容に合致しているかどうかの検証作業をしなければなりません。

その上で「人の意見」に従うかどうかをご自身で判断されれば良いかと思います。


[15]ところで、すこし別な話になりますが・・・ umi_no_shizuku

ところで、すこし別な話になりますが、大人になってから初めて教会に行かれたときってやたら恥ずかしくありませんでしたか。

それとも幼児洗礼とかからだからそういう経験はお持ちではないのでしょうか。

ピルだの持病等の問題が出るずっと遥か以前にちょっと知り合った方から「関心があるのならお近くの教会に行ってみたらいかがですか」等と言われた事もあったのですが恥ずかしくて行けませんでした。

この場合の恥ずかしいというのは「神の御前で自分の罪が・・・」とか言う大層なのではなくて、ただもう照れてしまうというか「好きな男の子の前でもじもじするような感じ」と言いますか、変な例えですが「一億円の指輪の試着をしてみませんか」と言われて、内心「ちょっとはめてみたいなぁ」とか思いながら、どぎまぎして「けっ結構ですっ」と後ずさるような感じなのです。

皆さんはこういう感じって無かったですか。

それとも皆さんにはそういう感情をするっと飛び越えて教会に行ってしまえた瞬間みたいなのがあったのでしょうか。

私には切実に「なにが何でも教会に行きたい」みたいな感情が足らないから行けないのでしょうか。


[16]>13 案ずるよりも産むが易し haruki_tatibana

内診・・・テレビで見たことはあります、妊娠検査でしたかね。

確かにあれは恥ずかしいです。私も行きたくない、というか行かなきゃいけなくなるようなことは絶対しないぞっ、と心に誓った18の春(実話です)。

えーと、ですから他の方も答えていらっしゃいますが、貴方の質問に対する答えは、

病の治療を行うために薬を飲んだことによって、信徒たる資格がないと糾弾するのはカルトであり宗教ではない。

「病気だから教会に行ってはいけない」「病気を治療したのは罪だ、おゆるしください」という気持ちがおありのようですが、それは病人の介護を行い”奇跡を起こした”イエス・キリストやマザー・テレサを否定することになります。

それこそ罪なんじゃないですか?

なぜ教会が病院を持っているのか、その意味をお考え下さい。

治療が罪であるならば、医療行為をしないはずです。


[17]>16 haruki_tatibanaさんへ umi_no_shizuku

回答を寄せてくださった事には感謝しますが、

>行かなきゃいけなくなるようなことは絶対しないぞっ

私は「何か」をしたせいで内診を受ける事になった訳ではありません。

処女で内診されて身体も心も傷ついたと泣いている人がいっぱいいますよ。

処女でも掛かる婦人科系の病気なんていくらでもあります。

一般に性病と言われているカンジダ(膣内にカビ)だって免疫力が落ちれば全くの処女でも掛かると聞いた事があります。

こんな言い方してごめんなさい。

でも、道徳的に正しく生きて、結婚まで処女を守れば100%行かなくて済むという場所ではないんですよ。

あなたは運良く内診を受けるような目に遭っていないらしいけれど、それは「行かなきゃいけなくなるようなこと」をしない立派な人間だったからじゃなくて運が良かっただけです。


[18]>5 神様は心の中にいます satirev

umi_no_shizuku さん

カトリック信者として一言、励ましたくなって出てきました。

化学物質過敏症に苦しんでおられるとのこと、体調はいかがですか。

そのせいで行動が制限されてしまうのは本当に大変ですね。

色々な化学物質を発散する人々が集まり、しかもお香をたく教会に

足を踏み入れることができないのは残念なことだと思いますが、

神様は教会の建物の中ではなく、私たち一人一人の心の中におられ

ます。あなたの不安、悩み、苦しみなど、神様はすべてご存じで、

あなたを見守ってくれているのですから安心してください。

なお、婦人科疾患の治療としてのホルモン剤(それが避妊用ピルと

同様の成分であったとしても)の服用は、カトリックの教義の

上で、何ら問題はありません。カトリックが問題としているのは

生殖を目的としない性行為であり、ピルやコンドームを使用しての

性行為がそれに当たります(とはいえ、カトリック国のフランス

などでは、妊娠を望まない女性はほぼ100パーセント、ピルを飲んで

います。このように、現代では教義と実生活の大きなギャップが

生まれているのです)。

ともあれ、あなたは安心して治療を受け、早く病気を治してください。

排卵のサイクルを正常にし、将来的に赤ちゃんを産める丈夫な

身体になることは、神様の望みにもかなったことだと思います。


[19]>17 うわ・・・誤解されとる haruki_tatibana

ちょ、ちょっとまって!!!!!!

>内診・・・テレビで見たことはあります、妊娠検査でしたかね。

って書いてるのが見えませんか?!?!?!

失礼ですよあなた!!!!!!


[20]>19 誤解 ? umi_no_shizuku

内診を受けた>妊娠の心当たりがあったのだろう(>性交したんですね)

と、いう一部の方の「連想の流れ」が失礼なのだと思います。

それで病院に行かなくてはならない人が行きにくくなるという問題も含めて。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ