人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【全国地球温暖化防止活動推進センター】が発表・・・地球温暖化の影響で北海道に発生するといわれている”ゴキブリ”ですが、実際に何年後に出現すると言われているのでしょうか?
また、学術的に日本に生存していないのは、北海道だけなのでしょうか・・・?(例えば、青森は?)



●質問者: tooh22
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:ゴキブリ センター 北海道 地球温暖化 青森
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kodamaj
●60ポイント

北海道と高標高地には生息していなかったようですが、近年では残念ながら既に北海道に生息しているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%A...

これらは寒さには弱く、日本での生息地は北海道と高標高地を除く場所である。しかし近年では人家生のコスモポリタン種は北海道にも進出して一年中暖かいビル内などで繁殖・定着している。


こちらのサイトによると北海道には3種類のゴキブリが生息しているようです。

各種のゴキブリの活動限界温度も載っていますので、この温度以下の地域の野外には生息できないものと思われます。

http://www.nakai-pco.com/goki.html

現在日本では、9科5属52種7亜種が記録されております。縦長の国土を持つ日本の分布状況は、南西諸島が45種類とやはり圧倒的に多く、ついで九州23種類・四国11種類・本州17種類・北海道3種類・小笠原8種類の記録があります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ