人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ここ2、3ヶ月くらいの間に発表された「エコ」に関する最新ニュースを調べています。
『モーターショーに出展された新しいシステムのクルマ』に関する情報や、『このままだと◆年後にはこうなる!』という様な地球規模のニュース・・・是非是非、お教え下さい!!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:エコ クルマ システム ニュース 地球
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kodamaj
●35ポイント

こちらのサイトの最新ニュースに温暖化に関する最新ニュースが載っています。

例えば、2050年ごろにはサンゴ礁が消滅する可能性がある、など色々です。

http://www.team-6.jp/report/publicity/

2008年1月8日 サンゴ礁育たぬ海ばかりに 2050年、温暖化と酸性化で (産経新聞/中日新聞ほか)

地球温暖化が今のペースで進むと、日本周辺を含め、現在サンゴ礁が存在する海の98%が2050年ごろにはサンゴが生育できない海になり、今世紀末にはほとんどのサンゴ礁が消失する可能性が高いとの予測結果をオーストラリア・クイーンズランド大や米、英などの国際研究チームが5日までにまとめた。温暖化による水温上昇の影響に、大気中のCO2が溶け込んで起こる海水の「酸性化」が加わるためで、温暖化がサンゴ礁に与える影響は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の評価よりも大きいという、と掲載されました。


2 ● nofrills
●35ポイント

「ここ2,3ヶ月」ではなく「ここ数日」なのですが、回答数が少ないみたいなので、BBCのサイトで見かけたものを3つほど。


Warning on rising Med Sea levels

Saturday, 19 January 2008, 01:07 GMT

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7197379.stm

地中海の海表面の急速な上昇について、スペインの研究機関(the Spanish Oceanographic Institute)が今後50年で50センチ上昇との観測。報告書では、「1990年代以降、毎年2.5mmから10mm上昇している」とのデータをもとに、この傾向が継続したとすれば海抜の低い地域には大きな悪影響が出るとしている。


Call to abandon biofuels targets

Monday, 21 January 2008, 01:00 GMT

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7199073.stm

英国会環境監査委員会(the Environmental Audit Committee)が、バイオ燃料は温室効果ガスを効率的に減らすことはできず、費用もかさむ(温室効果ガスを減らすにはもっと安価で環境面でのリスクが低い方法がある)との見解を示し、EUにおけるバイオ燃料導入計画(2020年までに全体の10パーセントをバイオ燃料に、というもの)には賛成できないという内容の報告書。なお、バイオ燃料については、ロイヤル・ソサイアティも慎重さを示す報告書を出したばかり


Abu Dhabi plots hydrogen future

Monday, 21 January 2008, 13:48 GMT

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7200052.stm

アブダビ、政府のクリーンエネルギー開発計画(5ヵ年計画)を発表。予算150億USドル。計画の内容は、世界最大の水素発電所、温室効果ガスを出さず車を一切使わない5万人規模の街の建設、など。


それぞれ、詳細は記事をご参照ください。


BBC Newsで記事をチェックする場合は、

Science/Natureのカテゴリ:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/default.stm

The Green Room:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/sci_tech/green_room/default....

Climate Change:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/portal/climate_change/...

Energy in the UK:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/sci_tech/2006/energy/default...


あ、あと英国の周辺の海でも、日本の「エチゼンクラゲの大量発生」のような「クラゲ大量発生」の事例が確認されているそうです。昨年11月には、北アイルランドで鮭の養殖場にクラゲが入り込んで、鮭が全滅するという被害が出ました(このような例は英国史上初)。ほかにも英国周辺の海で「クラゲ」のニュースがちらほら出ています。現在専門家が調査・研究を行なっているところで、原因などは私の知る範囲では報道されていないと思います。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/7195823.stm


それと欧州での話ですが、昨年9月にイタリアで、熱帯にしかいないウイルスを蚊が運んできたのが確認されています。運ばれてきたのはchikungunya(チクンガンヤ熱)という病気を引き起こすウイルスで、ラヴェンナ地方で160人が感染、うち83歳の男性ひとりが死亡しています。この病気、致死率はめちゃくちゃ高いというわけではないようなのですが、ワクチンがないそうです。欧州はアフリカ大陸と距離的に近く、何年か前から、「熱帯の蚊」はけっこう報道されていると思います。

Mosquito virus arrives in Europe

Thursday, 6 September 2007, 10:47 GMT 11:47 UK

http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6981476.stm

◎質問者からの返答

おぉぉぉ・・・ホントの最新情報、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ