人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律相談になります。
以前、祖母からお金をもらいました。
そのお金は一緒に郵便局に行って下ろしたお金と、入院後私が下ろしに行ってもってきたお金です。(祖母の貯金から)
祖母の体調がわるかったこともあり、気が弱くなっていたのでくれたのだと思います。
今になって、気が変わったのか??
そんな覚えが無い!!返せ! と言います。
返さなければいけないものでしょうか?

お金のこと以外にも、私がお金をもらった前後の期間 一部記憶がないようです。

●質問者: rarataitai
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:いもの お金 入院 前後 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● harumi2
●20ポイント

お金は返したほうがいいと思います。また記憶がなくなるようなお年寄りからお金はもらわないことです。証拠がなくて口約束になると思いますので返したほうがいいと思います。

口約束・・・

口約束は契約としては有効ですが、もし紛争が起こっても、証拠不充分で法的保護が難しいことから、履行を強制することはできません。


英米法では Statue of Fraud (詐欺防止法) というのがありまして、500USドル以上の物品売買や1年超に渡る(と契約時点で見込まれる)契約などは書面にしなさい、と明確に謳われています。


裏を返せば、書面にしなければ保護しないよということです。

◎質問者からの返答

後で大きくもめるのもいやなので 、、、

よく考えます。


2 ● hanatomi
●20ポイント

法律相談にならなかったら、ポイントは結構です。



結論から言うと、返してあげたら駄目でしょうか。または、お金は基本的に返す、またはどっちでもイイという方向で、祖母さんの、お話しを聞いてあげたらどうでしょうか。

年を取った方は、今後お金が入る予定もなく、だけど、病気や何かでお金がかかるかも知れません。

若い人よりは、お金の流れが滞っているというか、出入りがそんなに無い状態だと思います。


お金がないと心細いでしょうし、お金も必要だけど、人とのかかわりも欲しいと思っていると思います。

お金を渡して、自分を認めて欲しい、大切にして欲しいという気持ちや、昔の元気なときのように人に何かをしてあげたいという気持ちのなごりからの行動かも知れません。

だけど、あとで不安がやってきたのかも知れません。

もしくは、全く衝動的に、渡してしまったのかも知れません。



私も祖母と住んでいましたが、私が勝手に祖母のものを使っただろうと、いきなり言い出すこともありました。

だけど、数日後に誤解が勝手に解けていたりしました。

年を取ると、気持ちのハンドルさばきがうまく行かないようです。

発言内容は、すこしずつだんだんメチャクチャになってきたように思います。

それから、こだわりやガンコな部分は大きくなるようです。

でも、愛には飢えていると思います。

文句が多くなるかも知れないですし、気分が落ち込んだりすることも多いと思います。

見まもってあげて欲しいなあという気がします。

年を取ると、心の中に、受け入れきれない哀しさや喪失感がたくさん集まるものだと思います。

お祖母さんは順番から言うと、rarataitaiさんよりずっと速く、短く、この世の中からいなくなります。

最後に近い時間に、やっぱりたくさんやさしさを与えてもらえたらいいのになと思います。


痴呆が始まっているのかも知れないですが、

軽いものでしたら、だれでもそうなる、通常の老化現象とも言えると思います。

病院の先生や、お母さんなどと相談してもいいかもしれません。

お金のことよりも、そちらの方が気になります。そちらの方が大切です。

あなたの大切なおかあさん(またはお父さん)の、そのまた大切なお母さんですから、いい思い出を持って、最後の老年期を過ごされたらいいのになと思います。

いい老年期を祖母さんが過ごされるように協力することは、rarataitaiさんもとても望んでいることではないかなと思います。

◎質問者からの返答

両親に相談してみます。ありがとうございます。


3 ● haruyo_koi
●20ポイント

おばあさんは痴呆症の疑いがあるのでしょうか?

その兆候がみられていれば、返さなくてはなりません。

一時期でもみられる、いわゆるまだらボケの状態だったとしてもです。

ですが、そういう兆候が一切見られず普段の記憶はキチントしていたなら

もったいなくなったから・・・

としか思えません。

金額はいくらでしょう?

額によりますが、通帳からおろして誰かにあげるのは贈与になり、税金がかかってきますので、トラブルをあまり大きくすると困る点も・・・。

そういう自分で判断できない人を

治産者といい、法律で保護されています。

完全に、ではなければ、準禁治産者として保佐人をたてますが

そういう手続きはしていらっしゃるのでしょうか?

後見人のようなものです。

そういう人がいれば、その行為は取消し可能です。

よって、返金しなければなりません。

http://jns.ixla.jp/users/hao87750885/myweb5_008.htm

◎質問者からの返答

今のところ痴呆症の疑いはありません。

何事もきちんとわかります。


4 ● nanairokamen
●20ポイント

○返すべきかな?

高齢者ですので弱者優先です。(弱い者の有利にが原則です。)

◎質問者からの返答

そうなんですね。


5 ● KUROX
●20ポイント

「現物贈与は常に履行が終わったとみて良い。」という考えで返す必要はないとも

考えられますが、

http://www.xdelta.net/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95/%E5%82%B5%E6%A8%A9...

>【履行が終わっても取消せる場合】

>・受贈者に著しい忘恩行為があって信義則に反する場合(最判昭57.4.30)。

>・親族間の贈与で情宜関係の変化があって信義則に反する場合(最判昭53.2.17)。

>・贈与者が貧困に陥り、信義則に反する場合。

こういう場合は、取り消せることにはなってます。

>祖母の体調がわるかったこともあり、気が弱くなっていたのでくれたのだと思います。

>お金のこと以外にも、私がお金をもらった前後の期間 一部記憶がないようです。

(1)冷静な判断が出来なかった可能性がある

(2)記憶がないのは理由が不明だが、事実だとすると通常の状態でなかったと考えられる

(3)金額が妥当かどうか

信義則に従うのなら、返したほうが無難ということになります。

信義則が法律かどうかは微妙ですけど。

>そのお金は一緒に郵便局に行って下ろしたお金と、入院後私が下ろしに行ってもってきた

>お金です。(祖母の貯金から)

この辺も微妙かと思います。

------------

贈与税

>1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。とてもわかりやすく参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ