人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

有機合成化学的なアプローチを利用してタンパク質間の相互作用を解析する方法が知りたいです。載っているホームページ、論文(英語、日本語)などを教えてください。酵母ツーハイブリッド法や表面プラズモン共鳴、共免疫沈降法などのようによく知られたものでないほうがよいです。

●質問者: aljabaganna
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アプローチ タンパク質 ハイブリッド プラ ホームページ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Rec
●50ポイント

http://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/4/119_241/_article/-...

↑この解説記事なんかどうでしょう? 概説って感じですが。。。

◎質問者からの返答

タンパク質相互作用解析の基礎が簡潔に書かれていて参考になりました。ただできればもう少し有名でない方法かつ有機化学的な方法が知りたいです。

リアルタイムPCRで用いられる蛍光試薬(DNAが二重らせん状態のときにのみ結合する蛍光試薬)の様に、タンパク質が相互作用しているときにのみ結合する試薬があったりするとうれしいです。説明が悪くてすみません。


2 ● archaea
●50ポイント ベストアンサー

新規相互作用因子のスクリーニング法をお探しですか?それとも既知の因子同士の詳細な解析でしょうか?

有名な方法ではありますが、蛍光といえばFRETを使った方法があります。

例えば

The use of FRET imaging microscopy to detect protein?protein interactions and protein conformational changes in vivo

Kevin Truong and Mitsuhiko Ikura

Current Opinion in Structural Biology Volume 11, Issue 5, 1 September 2001, Pages 573-578

http://dx.doi.org/10.1016/S0959-440X(00)00249-9

◎質問者からの返答

おお!素晴らしい回答です。ありがとうございます。このような手法をもっと知りたいです。スクリーニング法、詳細解析問わず広くタンパク質間相互作用解析法を知ることができればよいなと思っています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ