人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の給与では専門職と一般職では違うのでしょうか?
一般職より専門職のが安いとなると、腹立たしいのですが。
給与について詳しい人、日本の給与の現実について教えてください。

>IBMのような非組合企業でも、米連邦厚生労働基準法では、時給制の従業員に、週40時間を超えた分は5割増しの時給を払うよう義務付けている。だが多くのIT企業は、ほとんどの社員を残業の対象外となる専門職として扱っている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/24/news093.html

●質問者: Kyuzo
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:IBM ほと 一般職 企業 労働基準法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●53ポイント

日本の場合は、70%以上の企業は職種による差はないということです。

賃金体系で、研究者の給与が低くなっているのは1.2%、研究者の給与が高くなっているのは2.8%、日本ではほとんど横並びのようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbb200301/hpbb200301_...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

日本とアメリカでは専門職の位置付けは異なりそうですね。


2 ● tenida
●17ポイント

イ.必ずしも総括的分析とはいえませんが、管理職に比較して「専門職」が企業内でどのような扱いを受けているか、という点について

専門職」と「管理職」はどちらの給与が高い?

ロ.昔の年功給与制度が崩れてきて以降、最近の職種別賃金体系が、どのように変わってきているかについて、

職種別賃金の提案

ハ.専門職・一般職の分類とは異なりますが、ある程度、職階別の賃金格差を反映した統計として、「日本の統計」の中の16-28の

職階・職種別の従業員数,平均年齢と平均給与額のエクセル・グラフを参照してください。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ