人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本のプロ野球やメジャーリーグ、アメリカのスポーツ(NBA、NFL)等ではドラフト●位なんていう情報を聞くのですが、プロサッカーの世界では聞いた事が無い気がします…サッカーの世界ではドラフト制度って存在していないのでしょうか…?
その他のプロスポーツとの比較も出来たらと思っています。
(ドラフト=野球というイメージは日本人ならではなのでしょうか…???)

●質問者: tooh22
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:アメリカ イメージ サッカー スポーツ ドラフト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● navy_fia
●27ポイント

ドラフト会議は日本ではプロ野球だけですが、確かに海外では色々なスポーツで導入されておりますね。

これは戦力均衡を目指す上での配慮なのですが、逆に行きたい球団にいけないという選手側の不満も出てくることがあるようで。


で、サッカーですが、これは完全自由競争です。

日本だとJ2・J3、他国でも下位リーグがあり、入れ替えなどもあるので戦力均衡を新人の配分で決めるようなドラフト会議は逆効果だったりします。

その分勝ち組負け組が生まれやすいですが、それも面白さともいえるでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110876...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%8...


2 ● kuni11
●27ポイント

韓国のプロサッカーリーグにはドラフト制度があります。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92887&servcode...


3 ● slendermongoose
●26ポイント

ドラフト制度は、下部リーグの存在しない水平構造のリーグに多く見受けられます。

まず、同じリーグ内のチームの戦力差が極端に大きいと、興行的にも競技レベルの向上という面からも弊害があります。そこで、リーグ内である程度戦力の均衡を図る必要が生じます。

サッカーのように下部リーグの存在する多重構造のリーグでは、弱いチームは下位リーグへ降格し、強いチームは上位リーグへ昇格することによって淘汰されます。選手レベルでも、強い選手はより強いチームへ、弱い選手はより弱いチームへ移動することによって、淘汰されます。このような競争原理がチーム・選手に働くため、各階層のリーグ内で戦力の均衡が図られる仕組みになっています。

一方、水平構造のリーグではこの競争原理が働きません。

そこで、チーム間の戦力均衡を図る一手段としてドラフト制度が考案されました。成績の悪いチームが優先的に競技レベルの高い新人選手を獲得することによって、チーム間の戦力を均衡にする力学が働くような仕組みになっています。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ