人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

横須賀が発祥だと言われるスカジャンですが、
その発祥、何時、誰が、どうして作ったのかなどを教えてください。
そして、横須賀からどのように広まったのか教えてください。

●質問者: kai11
●カテゴリ:生活 美容・ファッション
✍キーワード:スカジャン 横須賀
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sougetsu
●27ポイント

先ずは、このあたりからどうぞ。


<スカジャンの歴史>

終戦直後、銀座界隈の露店で売られていた「鷲虎龍の刺繍ジャンパー」

米兵のお土産用として米軍基地の売店で販売

米軍に納品していたのが、東洋エンタープライズの前身である「港商商会」

以下、下記URL参照

http://skajean.com/

http://www.jah-haze.co.jp/hpgen/HPB/entries/36.html


2 ● リョウヂ
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A...

いわゆるスタジアムジャンパー(MLBの選手や観客などがよく着ているタイプのもの)に和風の刺繍をしたものですが、横須賀の「どぶ板通り」で発祥したことは間違いないようです。

http://www.narumi-co.jp/hatikko/bunbun/burari/yokosuka.html

また、スタジアムジャンパータイプのいわゆる「スカジャン」はベトナム戦争(1960年代後半?70年代前半)のころに多くの米国兵に(竜などの)刺繍や部隊のワッペンなどを施されたお土産として生産され、それが(不良の?)ファッションとして(地元の横須賀や横浜・神奈川で)注目され広がって定番になったようです。


3 ● akr-x
●26ポイント

スカジャンとは光沢のある化繊のキルティング地で作られ、背中に大型で派手な刺繍が施されているスタジャンに似た形状のジャケット。リバーシブルになっていることが多い。

日本駐留の米兵達が自分のジャケットに和風の刺繍を入れてもらったのが始まりで、日本発祥の洋服といわれることもある。

ファッションの象徴のひとつとして、現在ではファッションとして幅広い年代に愛用されている。

スカジャンは正式には「横須賀ジャンパー」の略であるが本項では略称の「スカジャン」で表記する。

現在では、ミリタリーウェアのレプリカを扱っているメーカー(avirex・ダルチザンなど)が現代に蘇らせています。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ