人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

行政書士の資格を目指しています。

現在、サラリーマンですが、いずれ行政書士の資格を取得し登録をしたいと思っています。
先走りにも程があるのですが、
この件を勤め先に確認したところ、もしも無事に合格ができ、会社の業務をする上で
プラスになるのであれば、登録をしても差し支えないとの回答を得ました。
また事務所としての登録をしたいのであれば、会社の所在地を事務所所在地として、
登録してもよいとのことです。

実際にこのような形で、行政書士の資格登録をする事は可能なのでしょうか。
また。出来るとした場合、注意すべき点等がございましたら、
何卒ご教授の程、お願い申し上げます。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:サラリーマン プラス 会社 合格 差し支え
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● karigura
●60ポイント

はじめまして。私は実務経験がまったくないペーパー行政書士(試験に合格しただけ。未登録)なので、あくまでも参考程度に聞いてくだされば助かります。


もし、kamo-kamoさんが現在勤めておられる職場が、行政書士をはじめとした法律関係以外の職種でしたら、勤め先の所在地を事務所所在地にするのは、少し危険な気がします。


確か行政書士法では、雇用されている企業の名で行政書士業務を行うことを禁止しているはずです。kamo-kamoさん個人の名で行政書士業務を行うのであれば、現在の職場で働きながらでも行政書士業務を行うことはできます。すなわち、雇用されている企業の名で行政書士業務を行わないのであれば違法ではありません。


でも、雇用先の所在地を事務所所在地にすると、どうしても「名義貸し」をしているのではないかと疑われたり、行政書士としての「中立性」を損なう、と登録審査時に受け取られる可能性があるかもしれません。


kamo-kamoさんが、「雇用先とはまったく関係ありません、ただ間借りさせてもらっているだけです」と立証できれば問題ないとは思うのですが、自宅で開業なされた方が無難かもしれません。


後、行政書士事務所を開設するには表札を掲げ、事務所内には料金表を掲示しなければなりません。そこら辺り会社の方は大丈夫ですか?


参考


副業・行政書士開業マニュアル 行政書士資格を256倍活用してプラス256万円収入アップしようよ!

副業・行政書士開業マニュアル 行政書士資格を256倍活用してプラス256万円収入アップしようよ!

  • 作者: 川口 弘行
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

◎質問者からの返答

ご回答、誠にありがとうございます。

とても参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ