人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「排出権ビジネス」が注目されてきています。
欧州ではすでに排出権に価格がついている、と聞きました。
一般人がこの「排出権」の売買に参加できる方法はありますでしょうか?
今後、必ず値上がりする有望商品だと思っているんですが・

●質問者: turkey3621
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ビジネス 一般人 価格 欧州
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tenida
●27ポイント

「排出権取引」とは

各国や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠を定め、排出枠に対する温室効果ガスの削減量に応じて発行される炭素クレジットを、排出枠を越えて排出してしまった国や企業と取引する制度(ウィキペディア)

ですから、個人には排出権の枠が割り当てられていません。その意味で、もともと持っていない「権利」を売買できません。但し、個人で当該ビジネスに参加する可能性が皆無かといえば、必ずしもそうではない。

・例えば、何らかのCO2排出削減技術を開発して特許をとる。

・そのような技術を開発して、企業に売る。

・或いは、そのような削減技術を後進諸国に販売する仲介をする。

などでしょうか?

あるいは、各個人や家庭レベルにまで排出権を割り当ててもらって、売買する手もありますかね?

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。

個人では当然無理だと思うのですが、間接的に、たとえばファンドとか先物取引的な手段がないか、と考えた次第です。

(日本には存在しないのは知っています。欧米のファンドならやっていないだろうか、と考えました)

引き続き、それについて何かご存じでしたら、よろしくお願いします。


2 ● speed-0
●27ポイント

日本カーボンオフセット、個人向けにCO2排出権販売

http://eco.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=2007092007438n1

日本カーボンオフセット(東京・港)は20日、個人向けの2酸化炭素(CO2)排出権の販売を12月上旬から開始すると発表した。ホームページを通じて1トンから購入できる。価格は欧州の排出権の相場などを参考に決めるが、1トンあたり数千円になる見込み。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、イオンなど16社が協賛、排出権調達の支援や、排出権付き商品の販売などを進める。

日本カーボンオフセットは7月に設立された有限責任中間法人。

日本カーボンオフセット

https://www.co-j.jp/auth_mng.php?page=member/index.php&action=/i...

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。

こちらは排出権を個人の利益にしようとするものではなく、自らの排出を減らす手段としての、良心的な取り組み(笑)ですね?

すみませんが、少々違うような気がします。

こんな動きが広がるなかで「儲かるネタ」として排出権を調べている自分が、かなりお恥ずかしいのですが。。。


3 ● tenida
●26ポイント

参考に、それはそうですね。つい見当違いなことを書いて失礼しました。

ヨーロッパ、北米と、ちょっと徘徊してみましたが、まだ「始まったばかり」

という感じで、ずばりというのが見つかりません。

多少、参考になるかなというのが

イ.このブログ、目的を

「The purpose of this site is to display information for the newcomer about emissions trading in Europe. 」と書いてます。

http://www.carbontrading.blogspot.com/

ロ.もう少し広範囲の排出権取引関係を扱っている組織に

http://www.ieta.org/ieta/www/pages/index.php?IdSitePage=882

ハ.北米関係に

http://usfe.org/trading-greenhouse-gases.asp

これまた、多少、ずれているかな?

◎質問者からの返答

再々、ありがとうございました。

こうしたサイトを知るだけでも、入口として参考になります。

英語だと検索するだけでもなかなかハードルが高いので。。

でも、少なくとも現段階では、個人が利潤目的にこれらの売買に参加する方法はまだないようですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ