人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【平和希求の撞着】
下記命題がすべて正しいものとして、意見をお聞かせ下さい。

・イギリスは原油を安定して入手するために、イラクの一部族を傀儡に近い形で独立させた。
・日本もまた原油の安定供給というメリットのためにその国家を承認した。
・その国からの日本の原油輸入比率は7%を占めている(これは少なくない割合である)。
・イラクはその国を認めず、自国の領土であると主張したが、対外的には認められなかった。
・イラクは武力を行使し、その国を再度自国に編入しようと試みた。

あなたは、イラクの主張(および武力侵攻)に対して、どのような立場を取りますか。

(参考URL http://q.hatena.ne.jp/1201889891)

●前の回答に影響されないように、まとめてからオープンします。
●質問終了は、24時間以上前に予告します。
○前述の質問に回答、あるいはコメントされた方、質問主さん(BLOG15さん)の意見を特に歓迎します。

1202104146
●拡大する


●質問者: notapachi
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:24 URL あなた イギリス イラク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●30ポイント

「諸君!

あ?、え?、ゴホン、、、w

我が国は永世中立国であるからにして(今、ワシが決めた Ww)

他国の紛争には関与しないぞよ。

帝国主義者どもがごちゃごちゃやっておるようだが、

ワシはしらん。

自国の紛争は自国で対処してもらわねばならん。

イラク国民には気の毒だが、それもあっらーの思し召しではないのかぞよ。

石油?

う?む、

それは確かに問題じゃが、そもそも石油依存体質が根本的に間違っておるのであり、

良い機会だからさらに脱石油国家を推進すべきじゃの。

ガソリン税をさらに上げ、その財源を代替エネルギー開発とその補助に当てるのじゃ。

当面はバイオアルコール燃料と天ぷら油ディーゼルかのう?

おっと、イラクじゃったな、、

我が国に直接の攻撃がない限り、一切関与せん。

我が国のタンカーは我が国が独自に防衛する。

我が国が攻撃された場合は、攻撃したものが二度とそんな気を起こさないように徹底的に反撃するがな。

もっとも、紛争地域への民間人の立ち入りは一切禁止するな。

石油は別の所から買おう。

◎質問者からの返答

●なるほど、武装中立ですな。

非常におもしろいと思います。


2 ● streakeagle
●17ポイント

日本の国益の為に、日本政府はその国に対して国益を上回らない範囲内で援助をすべきである。


3 ● streakeagle
●17ポイント

上記回答が分かりづらいかもしれないので補足します。

「同様に他国政府もその国の国益の為に行動すればよい。」

◎質問者からの返答

●関せず、援助を行う。

これもまた興味深いご意見です。


4 ● KUROX
●30ポイント

■立場

国連軍による武力介入まではOK。

日本は憲法で武力によって紛争を解決しないと宣言してると私は解釈するので

自衛隊とかの派遣はNG。

イラクの主張は、別にして、問題解決に武力を使っている点で非難に値する

■以下ひとりごと

---------------

・過去、1度も正式な国連軍は存在しない点

・国際連盟時代の「満州国」の扱い

・経済制裁とかはこの段階では効果がないと思う

上記考察から、圧倒的な武力介入以外での解決は難しいという結論には至る。

---------------

結局、立場は簡単に示せますけど、問題解決に至らないという矛盾を含んでいます。

経済的混乱と武力介入の2つを選ぶのなら、経済混乱しても武力介入はなるべくしない。

--------

「いかなる理由であれ戦争には断固反対」と言う立場は、結局問題を解決できないので

意味のない立場だという風にとらえられるのは事実だけど、

そういう風に考えて欲しくないなと思ったので、回答してみましたが、

かなり少数派なんでしょうね。

人権や平等だって、昔(大昔)は机上の空論であったわけだが、現代においてはかなり

実現されていると思う。

問題解決に武力介入をして、良い結果が出たからといって、武力介入の正当性と有効性を

示すものではないとしかいえない。問題解決に武力を使うと、イラクが武力を使って

解決しようとする行為を非難できないとは思う。

◎質問者からの返答

>いかなる理由であれ戦争には断固反対」と言う立場は、結局問題を解決できないので

>意味のない立場だという風にとらえられるのは事実だけど、

●実際、「戦争絶対反対」の対極は「戦争賛成」ではないし、「戦争の否定」=「武力の放棄(およびあらゆる軍事条約の否定)」ではありませんよね。KUROX さん自身、自衛隊の存続を否定しておられるわけではないようですし。

>人権や平等だって、昔(大昔)は机上の空論であったわけだが、現代においてはかなり

>実現されていると思う。

●ううむ、なるほど。


5 ● totsuan
●30ポイント

参考URL:http://q.hatena.ne.jp/1201889891で発言したものです。

おそらく予備知識のなさでは他の回答者の方々と比較して群を抜いているでしょうから、逆にその点を生かした意見が述べられれば、と。

あくまで”一個人の思い付きによる意見”なので、厳しい突っ込みは御勘弁を。

>イギリスは原油を安定して入手するために、イラクの一部族を傀儡に近い形で独立させた。

某国が他の強大国の後押しを受けて半ば強制的に独立させられる事は、戦争によって属国として占領するという手法がとれなくなった現代において、必要な代替手段といえるものでありましょう。一方、某独立国においては一民族から一国としての扱いに変わるわけで、これが周囲における影響力の拡大につながる可能性を十分に秘めていることを考えると、他国の管理下にあるとはいえ、決して悪い話とは思っていないでしょう。

>日本もまた原油の安定供給というメリットのためにその国家を承認した。

>その国からの日本の原油輸入比率は7%を占めている(これは少なくない割合である)。

某独立国にとっては商売相手が増えるのは嬉しいことであり、日本にとっても自国では産出できない原油の安定供給先の一つが、その国家の承認ひとつ(※しかも、この時点で独立に関する責任は殆どないと言っていい)で成立するのであれば安いものです。お互いの利害が単純に一致したという事実がそこにあるように思われます。ただ、厳密には某独立国の向こう側に控えていたイギリスや他の欧米諸国にいい顔をしていたかった、というゴマすりがあったことも否定できないように思います。”所詮遠い中東地域のお家事情など、日本には関係ないや”と高見の見物を決め込んでいたのでしょうか?

>イラクはその国を認めず、自国の領土であると主張したが、対外的には認められなかった。

当然、リーダーであったイラク国は元は自分の子分だった一部族が勝手に独立することを良しとは思わないでしょう。ただ、世界全体から見て大きな勢力とは言いがたい一国の主張を簡単に受け入れるほど、問題が小さくなかったのが不幸の始まり。特に認めなかった国々の殆どは当初のイギリスの目的を知っていたと同時にその恩恵に浴していた所ばかりだったでしょうから、当然の結果といえます。

>イラクは武力を行使し、その国を再度自国に編入しようと試みた。

>あなたは、イラクの主張(および武力侵攻)に対して、どのような立場を取りますか。

イラク側の視点で考えれば、ごく当然の成り行きでしょうね。言葉よりも剣が先に出る”対話(?)方式”なのかも。残念ながら日本は(一応)多民族国家ではないため、複数の民族集団をまとめて国を治めていくという概念やその難しさが我々には理解できません。そもそもイラク国の統治についても基本は武力制圧であったろう事を想像すると、いつかは別の民族が現イラク政府の転覆を狙っていても不思議ではありません。そういった自国と背景の異なる国々の情勢には積極的に首を突っ込むのは避けるべきと考えます。即ち、「静観」を決め込みます。

もし、イラクから”お前らにも責任はあるんだぞ!”と詰め寄られた場合に全否定は出来ないでしょうが、日本が首謀者ではないことや中東国家の興亡の歴史も踏まえた上での”仕方なさ”を主張をすべきでしょう(※”なら、最初っから首を突っ込むなよ!”という意見に対しては、”だって原油が欲しかっただけで、独立そのものに興味は無かったんだもん!”としらを切るしかないのでしょうねぇ)。そこで武力沙汰になった場合はイラクの八つ当たりとも取れるわけで、その時はアメリカに助けを求める事になるのでしょうかねぇ・・・(ドラえもぉーん!)

ただ、これが日本国内の問題になると、皆安穏とした意見は殆ど出なくなるんでしょうねぇ(竹島に北方領土、おぉ!くわばらくわばら)。

以上、政治経済にとっても疎い人の意見でした。おそまつ!

◎質問者からの返答

●なるほど、「一般的な日本人の極めて素直な意見」だと感じました(素直に、感心しています)。

>某国が他の強大国の後押しを受けて半ば強制的に独立させられる事は、戦争によって属国として

>占領するという手法がとれなくなった現代において、必要な代替手段といえるものでありましょう。

●このご意見についてはどうでしょう。「謀略」ですよね?


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ