人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サラリーマン起業の各種手続きについてご教授願います。
私は、会社に勤めながら、去年の5月に株式会社を興しました。
代表取締役が私で、もう一人、取締役がおります。他に従業員はおりません。
起業の為の手続きは、すべて専門家に頼みました。その時、市役所や税務署等への届け出をしていただきました。

会社として、各種税金を納めないといけないのでしょうが、いったい何をすればよいのか全然わかりません。。。

今年は、かかった経費の方が多く、赤字なのですが、確定申告は必要なのでしょうか。
ちなみにこの会社としての給料はでていません。

また、4月に決算なのですが、決算とは何をすればよいのでしょうか。。。
法人税はこの時支払うのでしょうか。

何も知らずに起業するなとお思いかもしれませんが、ご教授くださいませ。

よろしくお願いいたします。

●質問者: atoly
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:4月 5月 サラリーマン 代表取締役 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● dotsuki
●60ポイント

法人税(国)、法人事業税(県)、法人県民税(県)、法人市民税(市)の申告が必要です。

赤字ならば、「税金ゼロ」と書いて出さなければなりません。

その期限は決算日から2ヶ月以内であり、4月30日決算なら6月30日が期限です。

開業届けを税務署、県財務事務所、市役所に提出してあるなら、決算日から1ヶ月くらい

(5月の終わりごろ)に税務署から白紙の申告書用紙が届くので、これに記入します。

なお、上記のうち法人税と事業税は利益に対してかかる税なので、赤字ならゼロですが、

県民税と市民税は利益があってもなくても払わなくてはならない「均等割り」というのがあります。

これは資本金の額によって決まるのですが、1000万円以下なら市と県合わせて7万円です。

http://www.nta.go.jp/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

用紙が届くのですね。

まずは、届くのを待ってみます。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ