人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

SEO対策についてです。
外部HPにバナーを張っていただくことになっているのですが、
IMGファイルかSWFファイル(フラッシュバナー)かで、
SEO的に違いがあるのか知りたいです。

できればフラッシュバナーを使いたいのですが、
以下の点からIMGのほうが有利なのか?と疑問がわきました。

・IMGならば<A>タグにアドレスと、<img>タグにAltに説明を入れる。
・SWFならばアドレスはflaファイルの中に隠れ、<object>タグのTitleに説明を入れる。

<object>タグのTitleというのがなんとなく弱そうな気がしたので色々検索してみましたが、「フラッシュバナーは不利」という情報はひとつも出てきません。
どちらもSEO的には変わらない、と安心できる情報もしくは、
違う点がある、という情報お待ちしております。

なお、一般的にフラッシュサイトが不利な点などは知っております。
外部の当HPリンクに埋め込むキーワードとして、
SEO的違いがあるかをお願いいたします。

●質問者: abichikubo
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:object ひとつ アドレス キーワード サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● s1n1
●20ポイント

SEOの外部リンク対策に於いての評価ですが、

基本的には不自然なリンクの貼り方をマイナスとする傾向にあります。

つまり、前者のimgのaltにテキストを入れる場合は、

altの性質的には「imgの説明文」といったものなので問題はありません。

ただしaltにはなるべく対策ワードのみ挿入したほうが効果的です。


しかし、後者の場合は隠しタグとなってしまいますので、

スパム認定もしくはリンクとして評価されなくなる可能性があります。

※また、隠しタグとして数本のリンクを掲載いただく場合にはあまり影響はないかと思われますが、大量にリンクを掲載してもらう場合にはスパム認定で一気に順位を下げてしまう可能性はあります。


SEO効果の順位としては

アンカーテキストでリンク>imgでリンク>その他の手法

となるかと思われます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

有難うございます。

objectのtitleは、swfを読み込むときに、

「オブジェクトのアクセシビリティ属性」とダイアログボックスが出てきて入力するようになっているのですが、

隠しタグになってしまうのでしょうか?


2 ● hatettyo
●20ポイント

flash自体にactionscriptを組み込んでそこからリンク先へ飛ばすとSEO的価値は無くなります。

flashをアンカータグで囲みリンク先へ飛ばすやり方だと検索エンジンはリンク先を認知してくれるのでさほど問題はありません。

altが埋め込めない分、不利という意見もあると思いますが、バナーのクリック率を上げる方がトータル的に有効かと思われます。

◎質問者からの返答

有難うございます。

flashを(swfを)アンカータグで囲めるのですか?

swfを読み込んでいるobjectタグを、タグで囲んでみたのですが、

ダメなようです。

やり方がありましたら是非教えてください。


3 ● onigirin
●20ポイント

title要素より、alt要素の方が効果的です。

また、flashでのリンクは、バックリンクとして認められていない傾向が強くあります。

また、そのflashでのtitleの使い方は、あまり適切な使い方とはいえないため、

控えておいたほうが良さそうです。

実験として使ってみるのは面白いかもしれませんが、

バックリンクとして認められない可能性が非常に高いです。

◎質問者からの返答

有難うございます。

titleに入れるものは、社名と業種

(例えば「証明・記念写真の○○スタジオ」)くらいのものでも良い、

と思っているのですが、本来の使い方と違っていますか?

バックリンクとして認められない可能性について、

もしも参考URL等ありましたら是非教えてください。

(できればflashにしたい上への報告材料にできれば…と思います。)


4 ● Lady_Cinnamon
●20ポイント

経験談で明確な資料を提示できませんが、コメントさせていただきます。


私もサイト作成につき、フラッシュ(バナーも)を用いたサイトと、意図的にフラッシュ・ゼロにしたもの(画像中心・文字中心の2例)を作りました。


質問者さんのように外部サイトへのバックリンク依頼時にも、フラッシュバナー・イメージバナー・アンカーテキストの3タイプでテストしました。

3サイトとも情報内容や言語や構造は、ほぼ同様の作りです。

ドメイン年齢は2年になります(自己保有サイトでないためサンプル提示はご容赦ください)。


その3例で、Yahoo!・Googleでのビックキーワードのみで検索。

150,000,000?200,000,000 件中で30位以内に3サイト共入っています。

結果はアンカーテキスト・バックリンクの方が順位は安定的に上位維持。

画像系は5?8位下がりますが両者大差はありません。


ただ、IMGタグを生かした方には別の『お得』な効果が最近現れています。

Googleイメージ検索が強化されてから、イメージ検索由来のビジターが増加しました。

これは文字中心サイトやアンカーテキスト・バックリンクのサイトでは見られない傾向です。

なお、msnの画像検索もGoogleと似た結果です。

Yahoo!の画像検索は、キーワードにより効果はマチマチ。

百度はまだ不安定で、普通のもイメージのも検索順位が時々刻々と変わる。


最近は、イメージ検索由来という新たなビジター狙いで、魅力的な画像を用いる事をSEOに取り入れています。(試しにターゲットキーワードで各エンジンのイメージ検索してみてください。例:「SEO対策」「ホームページ制作」「サプリメント」)


なお、イメージ検索はJPG・GIF・PNG・BMPしか対応していません。

アニメーションGIFも検索結果時には静止画像になります。

フラッシュは未対応。


■結論■

フラッシュは、普通検索でも他画像と大差がなかった。

イメージ検索効果も現在は期待できない。

よって画像バナーを使うならIMG。


■SEO効果を上げるのための画像バナー・バックリンク■

IMGタグ内のaltに、狙っているキーワード入り短文を必ず入れてもらう。

できればバナー周辺に、キーワードを含んだ説明を付けてもらう。


可能なら・・・

バックリンクを確実にするため、バナー周辺の説明文内に、

キーワード入りサイト名をアンカーテキストで付けてもらう。


こちらの経験談ではありますが、参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

有難うございます。

イメージ検索の件大変参考になりました。


5 ● KUROX
●20ポイント

アニメーションGIFで実現が不可能なら、flashを使うべきだと思います。

あと、周りの流行もflashなら、flashを使っていて間違いはないです。

>flash自体にactionscriptを組み込んでそこからリンク先へ飛ばすとSEO的価値は無くなります。

これさえしなければ、それなりに効果あると思いますが・・。

altがあるないは、これに比べれば、些細な差だと思います。

-----

objectタグもaltを埋め込むことは出来ます。どう評価されるかは不明です。

http://www.tohoho-web.com/html/object.htm

そもそもaltってキーワードを埋め込むためのものでないですし(^^;

◎質問者からの返答

有難うございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ