人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トラス構造において変形法および1次元関数を用いた有限要素法において変位場を求めると両者が一致するがその理由を述べよ。また流体の速度場ポテンシャル問題などに1次元関数を用いた有限要素法を適応する場合,精度よい解を得るためにはどうすればよいかを理由も含めて述べよ。


と言うレポート課題があります。
役に立ちそうなHPなどがあれば教えてください。

そのまま解答してくれるととてもうれしいです。

●質問者: shinmu
●カテゴリ:インターネット 学習・教育
✍キーワード:HP ポテンシャル レポート 構造 次元
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ffmpeg
●60ポイント

やくにたつかどうか

http://www.morikita.co.jp/soft/91801/91801sample.pdf

http://www.civil.tohoku.ac.jp/~bear/edu/edu1/toronkai.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ