人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【TOEIC】

「TOEICで高得点取得してるクセに、こいつは英語を殆ど喋れない!」といった驚きor憤怒の声が、その高得点取得者を雇用した企業の幹部から発せられるという話をよく聞きます。

喋れないことに不満があるのなら、GTEC等のスピーキング試験のあるテストを要件にすりゃイイじゃねえか、と私は思います。

なぜ、日本企業の上層部(おやぢ)の人たちは、「喋る能力」がある人材が必要な場合でも、toeicで英語力を測ろうとするんですか?

●質問者: DK4R
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:TOEIC スピーキング テスト 上層部 人材
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]それは virtual

TOEICが読み聞きのテストで喋りと書きの能力も充分な相関性を持って測れると宣伝して日本企業は皆信じてしまったからです。

特に日本にある外資系で採用されていたというのも横並びで都合がよかったのだと思います。


[2]>1 日本の会社って・・ DK4R

騙されやすい会社が多いんですね・・

大人なんだから少しぐらいは「疑う」というコトがあっても良さそうに思うんですが。

「受験料収入を得るために宣伝はハッタリかましてんのかもしれんぞ?」とか。


[3]toeicは相手会社への報告の際に使いやすい navy_fia

自社内ならいいが、例えば他社と協力して事業を行う際に出す人員のプロフィールとしたらやはり共通の認識がもてる試験の結果がわかりやすいです。○○という試験で何点という人材を用意してますと言っても相手がそのすごさをわからなければ競合他社に持っていかれる可能性もありますしね。


[4]企業が、 jane

TOEICが、英語ができるかどうかの判断基準だと信じ込んでしまったため。その割りに「TOEIC」の中身すらわかっていないオジサンたち多いですよね。。。汗


[5]>3 なるほど DK4R

説得のための材料ですか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ