人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【風力発電】

確か「はてな」のサーバーって風力発電で賄われた電気で動いていると思いますが、「はてな」以外の会社(や家庭)にも風力発電の電気を使ってもらう可能性を高めるには、どうしたら良いでしょうか?

原子力だと放射性廃棄物が問題だし水力だとダムが問題になるので、風力に普及して貰いたいと思っているのですが。

☆URLを必須とはしませんが、在るほうがベターです☆

●質問者: DK4R
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:URL はてな サーバー ダム ベター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● tenida
●50ポイント

風力発電の良さは、「潜在的には資源が広範に賦存し、無尽蔵な純国産のエネルギー」、

また「風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換できる比較的効率の良い」などの点にあります。

問題は、「風向・風速の変動」により安定したエネルギーを供給する難しさ。

一例ですが、平成19年度 東伊豆町風力発電所 運転状況をみると、

発電量・稼働率にムラがある。発電量で見れば最大/最小で2倍の差がある。

他にトラブルとして

http://homepage3.nifty.com/carib7/eng/wind/trouble.htm

に、

1.バードストライク

2.希少動物の生息地の破壊

3.騒音問題

4.景観問題

5.故障、などが指摘されています。しかし必ずしも「風力発電」に特有の問題とは云えません。

これから普及する上での問題点は、一般的には、効率的な蓄電・送電システムや

他の小規模発電との併用・切り替えを効率的に実現するシステムの開発。

立地条件としては、人里離れた海岸付近、高原地帯が適していますが、農業・牧畜

或いは漁業施設などでの利用促進のための国または自治体の財政支援。

何よりもまず、風力発電についての認識を広く国民の皆さんに持ってもらうことが重要でしょうか。


2 ● retorin
●1ポイント

風力発電はスペック値の2/3程度の発電しかできず、稼働率も50%以下と世間で期待されているほどの発電はできません。

上記のtenidaさんが指摘している問題もありますが、一番の問題はその値段です。

1基当たり数億円かかるうえ、大型の台風が来るたび毎年何十本も故障や倒壊しています。現在、各地で風車が建設・運用できるのは国や地方自治体から補助金をもらえのが一つの要因です。

価格を現在の1/10以下に抑えて補助金なしでも気軽に設置できるようにすること、もしくは、価格をそのままに発電効率と寿命を2倍以上にすることが重要です。

余談ですが、はてなで使われている風力発電の年間30万kWhは家庭で使われる量の1/10です。

◎質問者からの返答

「はてなの年間30万kwhは約70世帯分の年間消費電力量に相当します。」って、bakutoさんは言ってますよ?


3 ● どんジレ、どんさん
●50ポイント

こんにちは。


ご契約について|日本自然エネルギー株式会社

上記を見る限り、個人向けというよりは大口の会社が利用しやすいサービスかなと考えました。イメージアップに繋がるということに結びつけられるといいですね。

Yahoo! JAPAN - 皆さまへのお約束(企業行動憲章)

例えば、上記のようなページを用意する企業も増えたかと思います。その際、風力で動いてますアイコンを表示できると、より説得力が増すのであれば、企業は利用するようになるのではないでしょうか。


JCCCA Web::全国地球温暖化防止活動推進センターWebサイト - 家庭の電気ダイエット・コンクール

個人向けという点では、上記のような取り組みが行われておりますので、意識の高い方はいらっしゃると思います。ただ、現時点では、下記のように、間接的に参加する方法の方が手近なのかもしれません。

https://www.hatena.ne.jp/info/greenpower 左記より引用

はてなサーバーのグリーン電力化にあたり、「風車」をモチーフにしたオリジナルTシャツの販売を開始しました。Tシャツは一着2,500円。お買い上げいただいた一枚あたりの売上のうち、1,000円分をグリーン電力化費用に充当させていただき、「ユーザーの皆さんと共に動かす風車」を目指します。Tシャツの販売は、年間エネルギー費用に達した時点で販売を終了します。

※啓蒙活動としては上記のような取り組みも優れているのではないかと考えています。


主な電気料金メニュー [関西電力]

将来的には、例えば上記のような電力会社の契約プランの段階で「少し割高になりますが、風力発電を使いますか?」という選択肢を増やすことが、最も効果的ではないだろうかと考えました。


以上、参考になれば幸いです。


4 ● tenida
●20ポイント

最近では、

「出力1kWで17.5kgと軽量,風速2.5?50m/秒で発電可能,47万2500円(税込国内価格)と安価」

http://venturewatch.jp/nedo/20060306.html

も実用段階に達しているようですから、もう少し、気軽に・小規模に利用できませんかね?

付帯設備・耐久性・財政補助・余った余分の電力の買取システムなど充実してくれば、

将来性は有望じゃないでしょうか。


5 ● KUROX
●1ポイント

風力圧電所をとりあえず立てることじゃないですかね。

http://www.dbj.go.jp/hokkaido/localdata/local/0501-greenfund.htm...

こういう感じでちゃんとペイできるのなら、何基もたつと思いますが・・。

電力会社が、半強制的に1kW25円?ぐらいで買い取ってくれることが条件ですが。

電力会社としては、電気を買うほど赤字になります(苦笑)

-----------

http://trust.watsystems.net/trust.html

家庭に、小型風力発電と太陽光発電をつけるという方法もあります。

しかしながら、小型風力発電はあまり効率的でないので、太陽光だけで

十分という話もあります。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ