人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【児童への英語教育】

日本だと、小学生への英語教育は年齢が早過ぎる、まずは自国語を習得してから外国語を学ぶ必要があるから小学生に英語教育するの駄目だ、といった見解が、けっこう広く受け入れられてますよね?

でも日本と同様に非?印欧語を母語とする、フィンランドでは9歳から英語をはじめとする印欧語の教育が始まり、韓国では小学3年生から英語の教育が始まります。
そして、この二カ国で、子供たちが自国語をきちんと習得できなくなったなどという話は聞いたことがありません。

別に、小学校での英語教育をやったところで、自国語が変になるなどと云うことは無いのではないでしょうか?
それから、早期英語教育は自国語の習得を妨げると考えている人々は、フィンランドや韓国の事情を、どのように受け止めているのでしょうか?
「フィンランドとか韓国とか、そんな遠くの国のことは知ったこっちゃねえ!」って事でしょうか?

●質問者: DK4R
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:それから フィンランド 事情 児童 国語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 47/47件

▽最新の回答へ

[1]自国語なんていらないよ Deno0922

自分としては、英語をメイン語にしたほうが合理的でいいと思うんですが

文化を愛する者たちは黙ってないだろうなあ。

いつか日本語が古代言語として残されるくらいになればいいと思います。

英語習得も現地で必要に迫られて覚えるのと、小学校の授業で学ぶのとではだいぶ効果が違うような。

それを実感しています。


[2]ひとつにはディスカッションの文化がないから Kumappus

まず日本語からってことになるんでしょうが…だからと言って日本語でのディスカッションやらディベートやらを勉強に取り入れるでもないわけでね。

よく「まず日本語をしっかり」って主張をする人たちは「たとえ英語が喋れても(喋れないんだけどさ)、中身がなければ意味がない、だから日本語が先」とか言うんだけどこりゃ詭弁だよね。その日本語を勉強させる話が続かないんだから。言葉遣いとか敬語とかそういうレベルで止まっている。そんなものはほんの100年もたてばコロッと変わっちゃうんだから意味ないっての。

個人的意見だけど、英語を習うことと日本語でどうたらすることはまったく独立にできると思います。もちろん、バイリンガルを目指すとか、そういうところまで行くと思考法にまで影響が出るだろうから多少問題はあるんだろうけど、日常会話レベルならそういうことは気にする必要がないし。

あと、英語を使う必然性があんまりないってのもあると思う、日本の場合。ヨーロッパだとお互い言葉が通じないから何となく共通語として英語を使わないとちょっとした身近な買い物も不便だったりするんじゃないかな。

ただ、真面目な話、中国あたりの大学生(上澄みなんだろうけど)は日本人の上澄み、例えば東大生なんかより遥かにハイレベルな英会話力があるよ。彼らが日本に入ってきたらいろんな意味で負けちゃうよ、ほんとに(幸いにも?日本はスルーしてアメリカ行っちゃう人が多くなってるけどね(笑))。


[3]まるで道路を作ったら余計寂れる田舎のよう todo_todo

大学プロデューサーズ・ノート 【アーカイブス】:早期の英語教育:韓国の様子から - livedoor Blog(ブログ)

国際人を作るには早期からの英語教育が必要であると小学校に英語を導入すれば、幼稚園から英語を教えて他の人より少しでも前に出ようとする人間が現れ、挙句の果ては、丁度野球会に見られるように、優秀な人材はすべて外国の大学に流出するという状況を招くでしょう。

人材が流出した日本に、海外で教育を受けた元日本人が戻り、経済も政治もを牛耳るようになるでしょう。

瀬戸大橋ができれば、利便性の向上で地元に留まる人間が増え、観光客も増えて経済も発展すると考えた四国が実際に経験したのは、人口流出の激化と、中央経済による地元経済の破壊でした。英語教育の推進や公用語化の果てには、日本が日本でなくなる日があります。

韓国では、結局TOEICの点数を上げるためだけの授業が行われ、実用性がないという問題も発生しているようです。


[4]フィンランドはもともと多言語の国 tadatarai

歴史的に占領されていましたから、そもそもフィンランド語のほかに、スウェーデン語が公用語ですし、ロシア語の話せる人も少なくありません。

その流れでは、英語も早くから…というのはわかるような気がします。


[5]>2 いや、「幸い」でもないんですよ。結局は競争相手である事には変わりが無いんで。 DK4R

中国のエリート層は、本当に優秀みたいですね。

語学面も語学以外の面でも。

東大は入学時に英語難関校では無いし、また、進級するにも、倍率の高い人気学科に進むのでなければ、語学の点は低くても大丈夫ですからね。

アベレージは低いみたいですね(ごくごく一部のトップ層は語学堪能のようですが)。

中国のほうが本当のエリート層が、分厚く居るみたいですね。(人口大国であるせいでしょうか)


で、アメリカ行きの話なんですが。

結局、中国人エリートはアメリカ行ってアメリカの要人(に将来なる若者)とコネを作ってきちゃうんですよねー。

で、米中関係を強化すると。

そして、日本は蚊帳の外に置かれると。

これが困るんですよねぇ・・

日本が商売する際に、アメリカと中国で仲良くつるんじゃって、「おまえの出る幕は無いね」って両国から思われちゃうと、物を売る先が狭くなっちゃう。


[6]小学校による英語教育と考えると懐疑的 Beirii

小学校による英語教育と考えると疑問を抱かざるを得ないかなぁ。

私は英語は全然ダメなんですけど、だからと言って小学校から英語を学んでいたらもっとマシになってたのに、なんてひとつも思えないんですよね。

小学生未満の子供への早期英語教育には懐疑的ですけど、小学生くらいなら英語を学び始めてもいいのかなと最近は思っています。

でも義務教育にその一部でも期待する気にはなれないかなぁ。


[7]>4 日本も歴史的に占領されていましたよ DK4R

1945年から数年間、アメリカ合衆国という国家に占領されてたんですよ。

この事実は、なぜか、右の人も左の人も無視したがるんですが。


[8]>6 「学校教育」には、ヤバい面がありますね DK4R

「小学生」に英語を教えるのは問題なくても、

「小学校」で英語を教えるのはヤバい可能性が大ですね。

中学・高校的な英語教育が、そのまんま前倒しで行われたら悲惨です。

「とにかく辞書引けぇー」とかバカの一つ覚えで教師に指導されたら、タマランです。


[9]>7 なるほど。 tadatarai

でも、占領されていた年数に違いがあるように思います。

さすがに、100年単位となると、言語、教育、文化に大きな影響を残したのでは…と思います。


[10]言語教育は早ければ早いほど習得しやすい pingpong8214

子供の成長過程を考えれば言語は早期教育が効率的です。

母国語がしっかりしてからというなら、成人してもしっかりしていないのが現状なわけですので、これは無理がある理論だと思います。

言葉は成長するものですから、カタカナ英語などのように日本語に取り込まれていくと思います。


[11]>3 前倒しの連鎖反応は、親がトンマヌケだから起こるんですよ DK4R

ここは、韓国の親よりも日本の親のほうが冷静で判断力があって理知的であることを見せ付けてやる絶好のチャンスです。

早期教育の前倒しの連鎖反応を起こさなきゃ良いんですよ。

そしたら日韓以外の諸外国から、「日本は大人の国だ!まっとうな理性が在る!」と高く評価されること必至。

必要も無い心配をするのは、如何なものかと思いますよ。


[12]>9 長期間占領されてたから外国語が堪能というのであれば DK4R

英語よりもスウェーデン語やロシア語の方が学習者が多い筈ですが、実際には違います。

圧倒的に英語学習者のほうが多いですよ。

フィンランドはアメリカに占領されてたワケでもイギリスに占領されてたワケでもないんですよ?

占領期間は無関係でしょう。


[13]>11 フィンランドでは投票率80% todo_todo

赤字財政、医療崩壊、年金崩壊、企業最優先、アメリカ従属外交などなど、この絶望的な政治の実態に直面しても、5割程度の人が常に政権を支持し、投票率はどんどん低下し、少しリベラルな発言をすれば2chで叩かれ、内部告発すれば首になり、体制批判をすれば世の中から抹殺される日本で、あなたの考えるような「大人」な社会は決して実現しません。

原子力発電に対する態度や、CO2排出削減の実行に向けた態度など、日本社会は完全に企業によってのっとられており、市民社会の成熟や、主体的に考える有権者の成長は、徹底的に阻害されています。

この中で英語教育を推進することは、グローバル化の呼び声の中、既にアメリカの一州であると指摘されている日本が、実質的に州以下の米国海外領土に成り下がる可能性をひめています。小泉首相が重用した竹中氏がよい例です。


[14]>4 「多言語国」かどうかというのは、大したことではないですね DK4R

スウェーデン語が公用語というのは、今でもスウェーデン系の国民が多くいるからでしょうね。

そしてスオミでスウェーデン語が英語よりも堪能という人は殆どいないと思いますよ。

学校での外国語教育の選択は98%が英語だそうですし。


スオミにとっては、英語と瑞語の重要度は全く違うと思いますよ。

だから「多言語国」かどうかというのは、大したことではないですね。


[15]>13 投票率は無関係だと思いますよ DK4R

小泉さんが注目を浴びた時期って、けっこう投票率が高かったですからね。

「若者が投票すれば、日本は良くなる!」とかなんとかマスコミの一部の人が言ってましたが、その若者が投票した結果が小泉自民党の圧勝ですからね。

「少しリベラルな発言をすれば2chで叩かれ」と言いますが、その叩いてる人たちも有権者か将来の有権者であるわけでして、投票率が上がればソイツらも投票しちゃうわけですよね。

そこんとこ理解できてますか?


[16]>1 現代の志賀直哉ですね DK4R

志賀直哉の場合はフランス語でしたが


[17]>13 英語は米国だけの言語ではなく世界言語です DK4R

アメリカへの従属がさらに酷くなることを心配されてるようですが、英語=USA語ではないです。

心配ご無用。

英語はインド人の国内共通語でもあるしEUの域内共通語でもあります。

また、東アジアのエリート層の共通語でもあります。

訛りの問題さえ乗り越えれば、世界共通語になる言語です。

英語が出来ればこそ、米国以外との国交を深めることが可能になるのです。


[18]日本語だけは特別な気がする・・・・。 nyankochan

英語などのアルファベット系の言葉は単語と単語を繋げて意味を成す文章にするし、

中国や韓国などの漢字・ハングルも漢字1文字が単語にもなるし、繋げて新しい意味を成す単語にもなる。

けれど、日本語の場合は「漢字仮名交じり文」という「漢字」と「ひらがな」という既に2種語から成り立っています。

また、同じ単語や同じ読みでもその場の雰囲気や用途次第でまったく違った意味を持ったりと他の国の言葉に比べても

のすごい複雑なものになっています。

しかも、中学になってからしか習わないとは思いますが・・・もうひとつの日本語である古文なんてのもあります。

これだけ、いろいろありながら英語の教育まで入れてしまうと、確かに覚えの早い幼少の時期でも日本語を覚える際に

歪みが出てくる心配があります。

Deno0922さんが言うとおり、英語をメインとしてしまっても良いのかなとは思いますが、国まるごと切り替わるまで

には数百年とかかるんじゃないでしょうか。

だんだん、日本語を教える習慣もなくなり、古文や日本語が象形文字のように解読しないといけなくなっちゃったりと

かして・・・・・。


そういえば、英語って本国ではやっぱり意味がそのままでは伝わりづらいのかジェスチャーを組み入れる人って多いで

すよね。日本語と違って単語そのものの言葉力や応用性が乏しいからなんじゃないでしょうか。

いっそのこと、日本語を世界標準語にしちゃえばいいのにとか思ってみたりw


[19]>18 喋る場合は、英語の単語そのものの言葉力が乏しいというのは無関係だと思います DK4R

喋る場合は、文字が見えないので無関係だと思います。

ジェスチャーを組み入れる人が多いのは、たんに派手好きだからではないでしょうか。


ラジオ放送という音声のみのメディアがあります。

英語の喋り言葉が意味がそのままでは伝わりづらいってのであれば、アメリカではラジオ放送は日本よりも衰退してる筈ですよね?

でも日本と米国とを比べた場合、ラジオ放送好きな人間の比率は、同じかアメリカのほうが高いぐらいなんですよ。

日本語の単語そのものの言葉力が強く出るのは、文字の場合ですね。

漢字とカナが混じってるから、文章が区切りやすい。

情報サーチがとてもし易い言語だと思います。

12歳からアメリカに移住して大学もアメリカで卒業した日本人で、「英語は速読には向かない」って言ってた人が居ましたよ。


[20]子供を自分の下に置いておきたい hujikojp

日本の場合、教育は管理の道具なので、生徒に使える英語を学ばせるモチベーションが(教師側に) すくないのかも。生徒の方が英語ペラペラになっちゃったら先生は示しがつきませんから。

韓国も同じメンタリティをもっていそうですが、小学校から英語ってのは頑張ってますね。でも、話をきくと韓国の、英語も含めた教育熱は異常に思えます。海外留学しないと大企業には就職できないとか。その箔の為だけに無理に留学しているような話も聞きます。

非コミュ派の自分としては、英語なんて勉強しないですめばそれにこしたことはないと思うんですが、きっとできた方が幸せになれる人も多いんでしょうねえ。


[21]>17 日本で英語教育を進めようとしている人々の意図を読み取る必要があります todo_todo

なぜ、英語を公用語にしようとか、英語を早期から覚えさせようとする人々がいるのでしょう。

そのような人々の意図を考えないことが、投票率の低さや、政治的発言をできない社会へとつながっていることを認識しなければなりません。英語推進者は、経済発展のみを重視して、美しかった日本を破壊してきた経済人たちであることを理解しなくてはいけません。

シンガポール、韓国などの状況を見ると、私は「豊かな生活」が奪われ、経済に飲み込まれた社会を避けるためにも、英語教育は現状程度で十分であると思います。早期開始よりも、かなり改善されたとはいえ、いまだに受験のための英語の側面が強く、実用英語を学ぶ阻害要因になっている側面の強い学校英語の教え方を徹底的に変えて、生徒の貴重な時間が浪費されないようにすることのほうがずっと大切であるように思います。


[22]>1 ヒドイ・・・ cymneve

自国語なんか要らない!= 国家なんかいらない。ということですね。

国家内の言語が一つであることだけでもありがたいことです。

まして日本語という他国では使われない言語であることが、ドレほどありがたいことか。

日本語を棄てるということは日本文化を棄てることと等しいことです。日本人の感受性等は

英語では説明できません。

文化と言語は密接に関係しているいので、切り離した議論にはまったく意味はありません。


[23]>7 過去形ではありません。現在も実質的には占領下にあります。 cymneve

進駐軍が在日米軍という名称に変ったくらいです。


[24]>8 そうです。 cymneve

既にそこそこの教養があり、思考能力がある段階で外国語を勉強する場合

辞書ひけ!は有効ですし基本です。

教養なんかまるで無い段階では辞書引いてもそれをどうすることもできません。

子供の内の外国語教育は幼児教育にほかなりません。

日本語を覚えたように外国語を覚えることになります。子供にとっては2重の負担です。

早晩どっちかがメインに(子供同士で過す際の言葉)なると思います。メインになった方が定着しかかった時に

別の方の環境へ戻ると言語能力が破壊されるように思います。

帰国子女と呼ばれるタレントさんやスポーツ選手に「天然さん」が多い理由であると考えます。


[25]英語を母国語とする人がうらやましい... JULY

デフォルト言語=母国語、というのはアドバンテージだよなぁ。技術書の翻訳を待っている必要も無いし、苦労して原書を読む必要もないし。

IT 業界は英語の資料が多いので...


[26]>10 発音やリスニングに有利 heathy

私は小さい頃から比較的英語に親しんでいました。結局話せるようにはなっていませんが、発音やリスニング、英語感覚の面ではやはり有利だっと思います。例えば、RとLの区別にも複数系の概念にも苦労していません。

しかし、大人になってから学ぼうとした言語は、カタカナ上で同じ発音を区別するのが非常に難しいです(中国語の四声や、韓国語の激音濃音など)。フランス語等の名詞に性があるという感覚も全く理解できません。

ただ、何事にも不向きな子はいるわけで、二言語をいっぺんに処理するのが苦手な子には無理せずまず国語をがんばってほしいです。


[27]日本語の文法を学ぶのも大事 heathy

英語だけでなく、いずれ他の言語を学ぶときがくるかもしれません。その時に、やはり外国語を外国語として学ぶ土壌ができている必要はあると思います。おそらく一般的には重視されていないと思いますが、私は、日本語の文法を習ったことが外国語の習得に非常に役にたちました。「形容詞」「副詞」や「代名詞」なんて、最初に新しい言語で学んだら意味不明ですが、母語なら理解は容易なので、ぜひ国語の口語文法もおろそかにせず授業で取り入れて欲しいものです。


[28]>24 学習時期を早める前に Nigitama

教えるほうがちゃんとしないと話にならない。中学校から英語を教え始めてある程度モノになるような教育体系ができてから時期を早めるべきでしょう。教える人材・能力が足りない上に、それにそぐわないカリキュラムを組まれて教師はかわいそう。生徒はもっとかわいそう。


[29]>2 型を習うのが日本文化 Nigitama

その型を自ら発展させるのが日本文化ではないでしょうか。

明治維新の文明開化はおおむね成功だったと思うのですが、欲を言えば、もっと「日本に合うように」輸入できればベストでしたね。ま、当時はそれどころではなかったと思いますが。

型を教えて発展させるという古来からの教え方を内面を伴って守り続けるのか、すべてをぶち壊して西洋風のディスカッション教育を根底から取り入れるのか、どちらかはっきりできないのですね。

手段や方法、数値化というモノサシばかりに終始目が行ってしまい、その本質・内面をどうにかしないと話が始まりません。

何語を習うにもこれはいえると思います。


[30]小学3年生からやっても、遅いのでは(苦笑) KUROX

http://www.dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=ed04-1&RG=&FL=

韓国語の発音は日本人にとって難しくない(らしい)ので、

発音の幅は同じぐらいだと思われる。

>韓国では小学3年生から英語の教育が始まります

韓国の受験者数も多いようなので統計的には信頼できそうですけど

私の意見としては、小学校3年からやってる割には順位が低いのでは?

フィンランドは順位高いですけど。

実際、韓国では英語をしゃべれるように子供を教育するあまり、

母国語を十分話せない人もいますけどね。

小さいときから海外留学をさせるからですけど。

>自国語が変になるなどと云うことは無いのではないでしょうか?

シングリッシュみたいなのがあるので、

自国語にどういう影響を与えて変化するかは予想できないと思います。

カタカナ交じり日本語じゃなくて

英語と日本語が混在したような日本語ができるかもしれません。


[31]小学校からというより・・・ jane

3歳から始めないと遅いというのが持論です!(自分の子供は、胎内にいる時から始めます)


[32]>31 音素それ自体の識別能力 DK4R

たしか、音素それ自体の識別能力は、小学生に成るころには3歳児に比べて大幅に衰えてるらしいですね。

記憶曖昧ですが。

でも12歳からでも、英語のドラマを沢山見まくれば、音声面の能力もネイティブと同等(ほぼ)レベルに成るそうです。

アメリカに12,3歳の頃に移住してきた中国系移民の子らが、TVドラマで英語習得して発音面が優れてると、アメリカの大学に留学してた人の本に書かれてありました。


[33]>30 たしかに韓国は+小さいときから+シングリッシュ DK4R

フィンランドに比較して大幅に順位と点数が低いですね。

同年代から英語教え始めるのに。

小さいときから海外留学をさせると母語を十分に話せなくなる事があると。なるほど。

「Heroes」のマシ・オカさんは、6歳ごろにアメリカ移住したらしいですが、日本語が不自然な様子です。

早期教育は国内でやった方が、母語が不自然にならずにすむ確率は高いでしょうね。

シングリッシュは、影響を与える方向は母語から英語へ、という流れでは?

英語が母語へではなく。


[34]ジンバブエ DK4R

TOEFL総合点 - 世界ランキングが高いです。http://www.dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=ed04-1&RG=&FL=


英語が公用語http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%9...らしいですが、母語は非-印欧語であるハズです。

何歳から英語教育が始まるのか。

また、英語教育のせいで、母語は変になっているのか。

気になります。


[35]>29 選べれば良いんですけどね DK4R

どちらか選択可能であれば良いんですけどね。


[36]>28 中学校からの教育カリキュラムを真っ当にせよという意見には同意です。 DK4R

中学のカリキュラムの改善だけでも、かなり生徒の英語力向上は期待できるので、それはやったほうが確実に良いですね。


ただ、中学カリキュラム改変より前に小学校での英語教育導入することにも価値はあります。

それは中学入試に英語を出題できるからです。

「受験競争加熱が・・」とか心配する人が続出するでしょうが、過熱したら過熱したで構いません。

一部の受験生本人と保護者と、それから中学の問題作成・採点者が冷静であれば良いのです。

ちゃんとした、真っ当な試験問題を果たせば、その真っ当な試験に合格した生徒の英語力は上がっていますから。


要は、質の高い出題の学校を選べば良いんです。

質の低い問題を出す学校の偏差値競争なんて、無視しろ!って感じですね。


[37]>27 同意です DK4R

品詞分解できると、外国語学習は捗りますからね。

慣れの下地は重要ですね。


[38]>36 元も子もない話をしますが、 Nigitama

大学入試を変えない限り、高校入試→中学入試もその授業内容も変えられないでしょうね。

今のままだと何をやっても無駄のように思います。

そして、英語で日常生活や普通の意思疎通ができない英語教師が多すぎるというのに導入時期ばかりはやめようとするはいかがなものか。


[39]>26 中学入学以前からの英語学習の体験談をぜひ語って頂けませんか? DK4R

おお!これは貴重な情報をどうも感謝です!

中学入学後から真面目に学習し始めた英語の専門家だと、「リスニングは出来ても、発音はダメ」という人が多いようです。

例えば、東進の安河内哲也さんとか。

訛りが酷くて聞き取れないと英語母語者から指摘されてた(日本のtv番組で)ことがあるそうです。


heathyさんは、何歳から、どの程度の分数(時間)の学習をどの程度の頻度で実践されてましたか?

また、どんな内容の学習だったのでしょうか?

お答えいただければ、はてなポイントを50ポイント(謝礼として)送信いたします。


[40]>38 確かに juic

小学校で教えるか教えないかの2択だと話が苦しくなります。どのように英語を教えるかが問題となるべきでしょう。

小学校で導入するとなると、現職教員に対する綿密な研修が必要に思います。早急に導入してしまうと、指導方法がわからなくて……という教員が多く出てくる気がします。


[41]>40 現職教員には無理ですね。外部から人を入れる必要があります。 DK4R

英語力が低いですから。

新たに教員を雇い入れる必要があります。

英語の専門教員を。

でも、学校関係者はイヤがるだろうなぁ。部外者が入ってくることを。


[42]>38 ☆「読解」☆に関してだけは、大学入試も悪くないと思いますよ DK4R

旧帝大とか、上智とか慶応とか、立教青学中央の一部の学部とかの入試は、悪くない筈です。

ただ、本当に「読解だけ」に限った話ですが。


発信能力を殆ど問わないから(英作文が出るとこもありますが)、受験生間での競争が「読解」面においてのみ行われ、その結果、読解以外の勉強をしたい子も仕方なく読解至上主義の学び方に染めらてしまう。

これが受験英語の最大の悲劇でしょうね。


[43]>25 英語@IT業界 DK4R

http://it.nikkei.co.jp/trend/special/interview.aspx?n=MMITzx0000...

らしいですね。

ちゃんとしてるカリキュラムで教えるのであれば、小学校で英語教えてあげてほしい。

まぁ、「学校教育で」となると、頓珍漢なカリキュラムになってしまうんだろうけど。


[44]>21 生徒の貴重な時間が浪費されないで、実用英語を学校で学ぶ環境が整えば、経済発展のみを重視してる英語推進者も喜びますよ? DK4R

ええ、確かに生徒の貴重な時間が浪費されないようにすることは重要ですね。

そして、いまだに受験のための英語の側面が強く、実用英語を学ぶ阻害要因になっている側面の強い学校英語の教え方を徹底的に変えて、生徒たちの英語力が上達したら、どうなると思いますか?

外国との商売を展開してる、経済発展のみを重視してる英語推進者の父母も喜びますよ?


todo_todoさんは、そもそも問題を混同してるんですよ。

1.英語を早期から覚えさせようとする産業界の人々

2.役に立たない受験英語でよしとする産業界の人々

日本の産業界には2種類の人たちがいるんです。

で、2.の人々は、英語なんてどうでもイイと思ってるワケですね。

ですから、実用英語を学ぶ阻害要因になっている側面の強い学校英語を支持してるのは、この2.の人達なんです。

1.の人たちは、生徒たちに使える英語を学んでほしいと思ってるんです。

将来、入社してくる元・生徒たちが、国際業務で英語使えないと困りますからね。

ですから、役に立たん受験英語なんぞには滅んでほしいと思ってるわけです。


分別しましょう。


[45]>44 分別はしますが todo_todo

自分は、北欧の高福祉社会を理想としています。

北欧では、人々の政治意識が高く、例えば、女性の社会進出一つにしても、それにあわせて男性の有給取得を進めたり、労働者の保護を強めるたりする政策も実施されています。日本では、単に安い労働力を増やすためや、内需拡大のために女性の社会進出が進められているのが実態です。

同じように英語学習を推進するにしても、単に経済競争力を高めるためだとか、アメリカとの一体性を強めるためだけに利用されないようにするには、人々が高い政治意識を持ち、自分のルーツや、日本の文化、日本語の重要性などを認識している必要があります。

しかしながら、先に述べたように、日本では、人々が政治意識を高めないための政治が行われており、人々の政治意識向上は決して起きません。このような状況で英語教育を進めることは、先に指摘したように、日本のアイデンティティの喪失、国外勢力による政治、経済の乗っ取り、今以上に経済に奪われた人生などに結びつきます。

私がずっと主張しているのはこの点です。韓国は、漢字の追放、キリスト教の受け入れ、そして英語教育の推進と、日本よりこの点で一歩進んでいます。そして私は韓国のような国になってはいけないとしか思えないのです。

私が理想とするのは、北欧です。今の日本は北欧のような社会を決して作れない状況であり、この状況での英語推進は不幸を招くだけとしか思えません。


[46]英語はただのツール。 bushido2006

子どもの頃から英語を学ばせなきゃ!

と焦るような親御さんは、「英語至上主義者」の方が多いような気がします。

日本語はダサくてダメと思い、英語を学ぶためには家でも日本語使わない、なんてことをやるからダメなのでは?

日本語を尊び、英語は世界をひろげるためのただのツールととらえ、

英単語を覚えるのも数字を覚えて計算ができるようになるのも同じととらえれば良いと思います。

英語ができれば選択肢が増えることは確かですが、

それは何事にも共通していえることだと思います。


[47]>33 シングリッシュ KUROX

たとえばですが、口語において、語順が英語調に変化していく可能性もあります。

まあ、そういう変化が見られたら、ある意味、英語教育が有効だと。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ