人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Webが専門ですが映像素材の制作をすることになりました。
大小2サイズで、利用者による加工・再利用を想定しています。全てWin上で製作します(CG等で音声なし)。

Webやデスクトップ、テレビ(DVD±R、ビデオ、PCと接続等)等の用途への利用が考えられる場合、どんな規格で製作するのがよいですか?

1.小サイズは320x240で問題ない?
2.大サイズは? 640x480? 720x480? 720x486?
3.フレームレートは? 29.97fpsがいい? 30fpsでも問題ない?
4.ピクセル縦横比は1:1で問題ない? 1:0.9にして映像サイズも調整が必要?
5.インターレースを考える必要は? ノンインターレース映像で問題ない?
6.ファイルはAVI+MPEG等でいい?(Macも考えるとQuickTime?)

最適なファイル形式に変える必要があれば、ファイル数は増えてもかまいません。

●質問者: wizemperor
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:CG DVD MAC MPEG pc
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ffmpeg
●5ポイント

コンテストとかの実例を参考にされてはどうですか?ここの嘘つきどもの言うことはあてにはなりません。

◎質問者からの返答

そうですねえ。

期待はしていないですがなにか、調査のきっかけになることがあればと思いまして。


2 ● 牛乳先生(tukihatu)
●15ポイント

アドバイス的なことなら…

基本的に素人の知識レベルなので、上の人が言っているように鵜呑みにしないで映像制作にくわしいところや他の意見を確認したほうがいいと思います。

はてなで良回答が得られるかどうかは微妙なところかと。

>1.小サイズは320x240で問題ない?

WEB系ならそれで十分かと。

>2.大サイズは? 640x480? 720x480? 720x486?

DVDの標準規格が720×480なので、これにあわせたほうがいいと思います。

>3.フレームレートは? 29.97fpsがいい? 30fpsでも問題ない?

日本はNTSCなので30fpsで。

>5.インターレースを考える必要は? ノンインターレース映像で問題ない?

考えても対処のしようがないのでは?

半分程度の画質になるみたいです。

>6.ファイルはAVI+MPEG等でいい?(Macも考えるとQuickTime?)

大体AVI、mpeg(というかDVD形式)、QuickTimeで出回ってるのを見たことあります。

品質はd-1、d-2あたり?

参考になりそうなサイト

http://archiveworks.net/photopara/tsukurikata/data.html

http://www.nikonet.or.jp/spring/sanae/inf_box/tv/tv.htm

http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Business_to_Business...


実際にCM会社にブライダルビデオでも頼んでみて確認するとか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。サイトも参考にさせていただきます。

Webではそこまで考える必要がないのですが、映像は難しいですね。


3 ● elemia
●60ポイント ベストアンサー

CM / バイラル(WEB) / 企業VP の映像制作業の者です。


>1.小サイズは320x240で問題ない?

現状(2008年初頭)のYouTube レベルを想定するのであれば問題ないでしょう。


>2.大サイズは? 640x480? 720x480? 720x486?

720x486 は、昨今では CM や本編(TVドラマなど)に使われることの多い規格です。具体的に言えば、納品形態が βCAM や Digital-βCAM の場合は 720x486 で制作されます。

今回はおそらく 720x486 は必要ないでしょう。


DVDを想定する場合は、720x480 が適当です。


PC上でのファイル再生を想定する場合は 640x480 にした方が安全です。

クライアントによりますが、Media Player Classic などの高性能ビデオプレーヤでは、720x480(720x486)のファイルを再生する際に、AVI(MPEG)ファイルのピクセルアスペクト情報を参照して再生時にアスペクト補正してくれるのですが、Windows Media Player 9 などのちょっと古い標準プレーヤーでは、ピクセルアスペクトを参照してくれません。Windows Media Player をバージョンアップするようなリテラシーのあるクライアントは稀かと思いますので、PC 上での再生を考えるなら 640x480 にリサイズしてあげたほうがより親切です。


そのため、作業段階では 720x480 で作業を行い、DVD には 720x480 をそのまま使う。PC 再生用ファイル納品があるようであれば、640x480 に別途リサイズするのが最も顧客の立場に立った対応と思います。


>3.フレームレートは? 29.97fpsがいい? 30fpsでも問題ない?

日本のTVで使用される NTSC は 29.97fps です。

PCは 29.97 と 30fps 両方とも大丈夫なので、TV に映すことが想定されているなら、29.97fps の方が無難でしょう。


>4.ピクセル縦横比は1:1で問題ない? 1:0.9にして映像サイズも調整が必要?

ピクセル縦横比=ピクセルアスペクトとしてご説明します。

これは規格に沿う限り、解像度によって自動的に決まってきます。


先の「PC上でのファイル再生を想定する場合は……」の部分でご説明したように、PC 上で再生するファイルはピクセルアスペクト「1」の方が安全です。

DVDの場合、規格上ピクセルアスペクトが「0.9」になりますので、必ず 720x480 にする必要があります。


ここについてはあまり深く考えずに、解像度を決めたらピクセルアスペクトは自動的に決まってしまうものと覚えても、問題にはならないでしょう。


>5.インターレースを考える必要は? ノンインターレース映像で問題ない?

今回は全て PC 内で制作される CG ということで宜しいでしょうか?

もしビデオカメラによる撮影画像が全くないのであれば、明示的にノンインターレース(プログレッシブ)を選ぶべきです。

編集ソフト、エンコードソフトなど、複数のソフトを使用される場合は、必ず一貫して同じ設定を利用してください。

ここで編集ソフトでインターレース、エンコード時にノンインターレース、などの設定違いをすると非常に画質が劣化します。


インターレースの概念の詳細は以下のサイトにに詳しいです。

http://www.ayatoweb.com/tv_design/tvd02.html


>6.ファイルはAVI+MPEG等でいい?(Macも考えるとQuickTime?)

クライアントが再加工を行う素材として考えるなら QuickTime が安全です。

AVI は、Codec をどうするのかが複雑になりがちですし、MPEG は再編集には向きません。

今回 Codec の話題が出ていませんが、CM 品質を狙わないのであれば QuickTime の NTSC DV が良いかと思います。


まとめますと、


お役に立てましたら幸いです。

◎質問者からの返答

大変参考になりました、詳細なご回答をありがとうございます。

アスペクト比等の情報が再生環境に依存するとのことで、サイズは数種類用意することに、映像は全編CGになるためノンインターレースの29.97fpsを採用することにしました。

(DVD-Video規格でも29.97fpsが標準らしいので)


これで質問の回答としては満足なのですが、よろしければ後学のために以下のアドバイスをいただけるとありがたいです。

(ポイントは追加させていただきます)


アルファチャンネルの情報が必要な映像が一部ありまして、マスターファイルのコーデックをAVI+無圧縮か可逆圧縮でも考えていたのですが、

色々と見た感じでは、QuickTimeを採用しているところが多いみたいですね。

QuickTimeでもアルファチャンネルの情報を持たせることは可能なのでしょうか? QuickTimeが好まれているのはどういった理由なのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ