人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高速道路を建設するときに、1回壊してもう1度作る、ということがある、と聞いたのですが本当ですか?
詳しいところは伝え聞いた話なので良く分かりません。
どうやら、そもそもの強度を見極めるために、ということらしいのですが。

何か参考になりそうなURLで結構です。
よろしく御願いします。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:建設 高速道路
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント

知り合いが、高速道路の建設をしていましたが、普段(建設現場で)は、そんなことはしていませんでした。

色々な調査を行なって、その結果から強度計算などもし、設計をして、設計どおりに高速道路を建設していました。


壊すというのは、新しい骨組みなどを考えた(作った)ときに、その構造の強度定数を求めるために一度作って破壊してみて、(次から計算で設計できるように)強度係数を出すとか、そういうことでは無いでしょうか?


強度を設計段階で計算で出しますので、その計算に使われる定数は、しっかりとした実証に基づいていないといけませんので。


http://soil1.civil.tohoku.ac.jp/~uzuoka/jgs_soilstruct/doc/20051...

◎質問者からの返答

なるほど。大変参考になります。ありがとうございます。

新しい骨組みを作った際の、強度係数を出すための破壊なのですかね、、

実証にもとづいておかなければ、というのは、常に破壊はある、ということですよね??

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ