人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

芸術とは何か?ということに対して解説している本を教えてください。

こないだムンク展を見に行ったのですが、
「ただの絵が上手な人」と画家にはどういう違いがあるかわかりません。


●質問者: ricotro
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ムンク 画家 芸術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● モーリ
●23ポイント

日本を代表する画家である岡本太郎さんの著作はどうでしょう?

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_i_0?ie=UTF8&rs=&keywords=%E5...

ピカソについて語った本が面白かったです。

青春ピカソ (新潮文庫)

青春ピカソ (新潮文庫)

  • 作者: 岡本 太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫


2 ● tahoa
●23ポイント

どちらかというと「芸術とは何か?」というより「絵とは何か?」という問題だと思うので、こちらをおすすめします。

絵の言葉 (講談社学術文庫 74)

絵の言葉 (講談社学術文庫 74)

  • 作者: 小松 左京 高階 秀爾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

著者の高階さんはムンク展が開催されていた国立西洋美術館の館長も勤められていた美術史家さんです。

「言葉としての絵」という概念についての対談の記録で、私に、今日絵だと思われているものと、そもそもの西洋画(ムンクの絵もそちらの伝統の中で生まれてきたものです)の違いについて考えさせてくれた本です。


3 ● kaguya_hime
●22ポイント

分かりやすかったです。

西洋絵画の楽しみ方完全ガイド

西洋絵画の楽しみ方完全ガイド

  • 作者: 雪山 行二
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • メディア: 単行本


4 ● asagohan001
●22ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E5%8D%83%E4%BD%8F%E5%8D%9A%E3%81%AE%E7%...

千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)

千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)

  • 作者: 千住 博
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 新書

<絵を描く悦び>

画家・千住博さんの本。しろうとと、画家のメンタルな違いが良く分かります。

画家は、絵を描くことで、疲れまで癒してしまうという一文が印象的でした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ