人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

購入したい建売一戸建ての前面道路(東京都区道)に拡幅計画があります。(計画のみで事業決定はされていません。)

敷地前面2.8mが計画にかかってます。
建物は、玄関と2階リビングの一部が計画にかかってしまってます。

事業決定された場合、2.8m下がって建物の建て替えをしても、すごく狭くなってしまいます。
引越しをしなくてはならなくなるのですが、都から土地・建物など、十分に保障されるのでしょうか?

過去の事例・一般判例など教えてください。

●質問者: hello_tac
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:リビング 一戸建て 判例 土地 建物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●60ポイント

基本的には削られる土地部分のみの補償となります。

30数年前(オイ)我が家もそうでしたが、引っ越しまでの補償はないです。

もっともヤクザでも雇って役人を脅せばいくらでも出るでしょう。

ホラ、大阪の生活保護みたいに・・・w(ま、取れた金はヤクザに取られる事になるんだが、、)

冗談は別にして、建て替えが必須となれば多少、その費用も可能性はありますが、でもあくまで被害部分に限っての事なので、1軒分出させるのは容易な事ではないと思います。

その上、すでに計画ができているので、その後に来た人に対しては承知の上という事で、極めて厳しい判断になるはずです。

実際の所は、削られる土地代だけのような気がします。

放置された都市計画はホントに迷惑なんですね。

http://q.hatena.ne.jp/1202742425だみ?

長く住めないし、道路ができる時には住宅としては売れなくなりますからやめておいた方がいいです。

道路の形によっては店舗として活用する事もできなくなりますね。

安いには当然理由がある訳ですな。

もちろん、計画倒れで道路はできないという方向へ賭けてもいいですが、それだけのリスクを負うならリターンとしてかなり安くなければ割が合わないでしょ。

◎質問者からの返答

うーーん。やっぱりリスク高いですかね。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ