人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

こんばんは。
最近凄い気になっていることがあるんですが、
『見てみぬ振り』って不法行為なんですか?
『黙認』とはどういう意味でしょう?

特別な責任を課される状況下(業務中)、特別な責任を課される者(保護者、後見人)ではない、私的な場合。
(1)線路で寝ている人を発見。無視→死亡。
(2)教室で自殺しようとしている。無視→死亡。
(3)リンチされているのを発見。近くに行った。見てみぬ振り→死亡。
(4)アパートの隣に監禁されている人がいる。見てみぬ振り→死亡。
(5)友人がナイフを持って「殺してやるぜ!!!」と言っている。実際に殺そうとした。見てみぬ振り→被害者死亡。
(6)友人が店で高価な品を窃盗(万引き)している。見てみぬ振り→友人が逮捕される。
(7)2人で酒屋に行き、互いに勧めることなく酒を飲む。Xは車で来た。帰りにXが車に乗る。Yは歩いて帰る。YはXの行動を見てみぬ振り→Xは事故を起し5人死亡。

この中で、民事責任を負うのはどれでしょうか。
また、それはなぜでしょうか?

●質問者: hermione1218
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:アパート ナイフ リンチ 万引き 不法行為
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●20ポイント

責任があるとすれば民事責任では無く、刑事だと思うのですが、責任を負うものは無いのでは?

全てにおいて、助けようとした(止めようとした)場合に本人に危険が及ぶ可能性があるといわれれば、罪は問えないでしょう。

道徳的な問題だと思います。道徳的な人であれば、後でものすごい後悔するでしょう。

罪に問われるからとか、そういう問題ではなく、見てみぬ振りをしないことが一般的な日本になって欲しいですね。


2 ● KUROX
●20ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010288...

刑事責任に関しては、このあたりが詳しいと思います。


3 ● yazuya
●20ポイント

特別な地位にいないのであれば、この中で民事責任を負わされるケースは一つもありません。

強いて挙げるなら、(3)(4)で被害者が児童だった場合に児童虐待防止法の通告義務に反した結果、被害者が死に至ったとして責任を追求される可能性が僅かにある程度でしょうか。


4 ● oumumaru
●20ポイント

民事責任とはいえ、上記のケースで刑事責任に問われないものに対して民事責任を問うことは非常に困難です。

1?4のケースは刑事責任に問われることはありえないので問題なし。

5?7の場合は刑事責任を問われる場において、あなたが従犯でないことを証明できるかどうかが問題だと思います。たとえば7において互いに酒を勧めていない事やあなたが友人に飲酒を強要出来る関係にないことを証明することができるかということです。

それが問題ないというのであれば、一般に言う道義的責任とか倫理的責任を理由に民事責任を問われることは通常ありえないので、全ての例において民事責任は無いといえます。

◎質問者からの返答

>あなたが従犯でないことを証明できるかどうかが問題

>互いに酒を勧めていない事やあなたが友人に飲酒を強要出来る関係にないこと

え・・・?私が証明するのですか?

酷すぎる・・・不法行為で賠償請求されているのに・・・

相手が私の共犯を証明するのが優先義務じゃないのですか?

無実を証明できないから有罪や!!!なんてむごいです!

たとえ私が上司でも、相手が『私が飲酒を強要した』と証明できなければ、

賠償責任は無いのでは・・???


5 ● dakarasa3
●20ポイント

http://www.jclu.org/katsudou/bills/criminal_record/index.shtml


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ