人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「道路整備特別措置法」に、「高速道路は通行料金で路線ごとの借金が返済できれば、その路線は無料にする」という主旨の条文があったと聞いたのですが、それがいつの法律の第何条のものだったのか、ご存じな方教えてください!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:借金 法律 無料 通行料 道路整備特別措置法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● speedster
●60ポイント

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO007.html

道路整備特別措置法(昭和三十一年三月十四日法律第七号)最終改正:平成一九年三月三一日法律第一九号

第一章 総則(第一条・第二条)

第二章 会社による高速道路の整備等(第三条―第九条)

第三章 地方道路公社及び有料道路管理者による道路の整備等(第十条―第二十条)

第四章 雑則(第二十一条―第五十六条)

第五章 罰則(第五十七条―第五十九条)

附則


第四章 雑則

(料金の額等の基準)

第二十三条 料金の額は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。

一 会社が第三条第一項の許可を受けて新設し、若しくは改築し、又は第四条の規定により維持、修繕及び災害復旧を行う高速道路(以下「会社管理高速道路」という。)にあつては、協定の対象となる高速道路(当該高速道路について二以上の会社が協定を締結した場合には、当該協定に対応する高速道路の各部分)ごとに、当該高速道路に係る道路資産(機構法第二条第二項 に規定する道路資産をいう。以下同じ。)の貸付料及び会社が行う当該高速道路の維持、修繕その他の管理に要する費用で政令で定めるものを、料金の徴収期間内に償うものであること。

二 第十五条第一項の許可に係る道路にあつては、当該道路の維持、修繕その他の管理に要する費用で政令で定めるものを、料金の徴収期間内に償うものであること。

三 前二号の道路以外の道路にあつては、当該道路の新設、改築、維持、修繕その他の管理に要する費用で政令で定めるものを、料金の徴収期間内に償うものであること。

四 会社管理高速道路(機構法第十三条第二項 に規定する全国路線網に属する高速道路及び同条第三項 に規定する地域路線網に属する高速道路に限る。)又は指定都市高速道路にあつては、公正妥当なものであること。

五 前号の高速道路以外の道路にあつては、当該道路の通行又は利用により通常受ける利益の限度を超えないものであること。

2 前項に規定するもののほか、料金の額の基準は、政令で定める。

3 会社管理高速道路に係る料金の徴収期間の満了の日は、当該会社管理高速道路に係る道路資産の貸付期間の満了の日と同一でなければならない。この場合において、当該満了の日は、会社の成立の日から起算して四十五年を超えてはならない。

4 前項に規定するもののほか、料金の徴収期間の基準は、政令で定める。

↑↑↑

下から2行目にある『四十五年』というこの部分のことでしょうか?

◎質問者からの返答

うーん、よく分かりませんが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ