人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

営業先について、皆様のお知恵を是非おかしください。
★世界初、視野角180度、歪みを発生させない、室内写真ツール★

このたび、下記技術を開発致しました今後営業先を開拓していきますが、
具体的にどんなお客様であれば、課金できると思われますでしょうか?

※自由なアイディアでかまいませんので、皆様のお知恵をお教え下さい。


★世界初、視野角180度、歪みを発生させない、室内写真ツール★

(質問者の要請を受け、はてなにより削除しました。)


室内撮影する際、以下の従来技術での限界を超えました。

※魚眼レンズ(180度)の歪みを補正した場合は視野角110度に。
※広角レンズの場合は、歪みは発生しないが、視野角は110度に。

●180度の視野角で歪みを発生させないのは、当技術の強みです。
●デジカメでお客様に3方向の3写真を撮影頂き、弊社にメール送信、
写真合成後、お客様にメール納品というスタイルです。

(質問者の要請を受け、はてなにより削除しました。)

1203162139
●拡大する

●質問者: i024809
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:お客様 はてなにより削除しました アイディア スタイル デジカメ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

[1]警備ぐらいかな taknt

監視カメラとかに用いれば少ない台数のカメラで警備できそうです。


[2]そうですねー marimari25

結婚式場とかはどうでしょうか?

私がもし結婚できるならこれで友達とか参加者全員を

撮って欲しいかな?でも一枚でいいかも。

あと私は不動産会社に勤めているのですが

マンションから見える景色とか(よく広告なんかでこういう景色が見ええますよー)

もいいかもー

逆にコメントが欲しいのですが、ワイド写真とこの歪みの無い写真、

はっきりと分からないんです素人の私には・・・

変換曲率 40、20と言われても・・・

あと、テレビで確かこういった横長のテレビを使ってバーチャルな

歩行訓練(森の中を歩くみたいな)をすると景色を見せないで

単に機械だけで訓練するよりも効果があったというのを見たことがあります!

よりリアルに遠近感が出せるならこういう医療機関もいいのではないでしょうか?


[3]観光地で ululun

修学旅行とか団体ツアー向けとか?


[4]ホテルの室内写真 tadatarai

いろんなホテルに泊まりますが、よい方向しかとってなくて、よくあの部屋であの画像になるよな?なんてことがしばしば。

ホテル側ももちろんそれを了解済みでそういう写真を撮っているんでしょうけど、いい部屋ならこういう写真もいいかも。


[5]都内戸建て住宅・ワンルーム・土地・駐車場・居酒屋・宴会場・家電量販店・朝のラッシュ iijiman

都内ですと、狭い土地をうまく利用した3階建ての戸建て住宅がよく売り出されます。

どうしても狭く見えてしまうので、内観も外観も広角レンズを使って工夫して撮影したりするのですが、こういう風にワイドに写ると印象が良くなりそうです。室内の設備が一枚の写真で伝わるという良さもあります。

同様の理由で、ワンルームマンションの内観写真にもよさそうです。これを使いますと、たった2枚の写真で室内の全てが見渡せることになるので、便利だと思います。

土地の写真にも有用で、特に都内の狭い場所など、土地全体を見渡せるアングルを探すのに苦労します(というか結局無理で複数枚の写真を使うか、部分的な写真で済ませるしかなかったりします)。

駐車場の写真など、区画がたくさん見せられるので、脚立に登って写真を撮ってこの技術を使うと、よい写真が撮れそうです。

不動産以外では、居酒屋・宴会場の広告にはどうでしょう。エキストラがたくさん必要ですが、大人数と沢山の料理がいっぺんに写るので、とても「賑わっている」感じが出せます。大皿料理をたくさん並べて貰うとよいです。

ヨドバシカメラやビックカメラなどの「家電製品量販店」のポスターやチラシなんかも、品揃えの多さを強調するには、1つの画面になるだけ広い範囲が写った方がよいので、この技術が使えます。1つの店舗で好評を得れば、他の店舗でも採用される可能性が高いので、営業先としては魅力的です。同様の理由でスーパーマーケット、アウトレット、ショッピングモールなど、「品揃え」を強調したいお店の内観をチラシ等でドーンと見せたい時に、インパクトが出せます。

あと、営業的には意味が薄いかもしれませんが、多分面白いだろうなと思うのが、朝の通勤ラッシュの新宿駅とか、東京駅とか、そういう場所でこの技術を使うと、面白い「作品」になると思います。この技術のインパクトを知らしめる材料としてサンプルを作ってみてはどうでしょう。


[6]>5 そうですね・・・ to-ching

全部上の方が語ってくれました・・・


[7]>2 ワイド写真とこの歪みの無い写真に関しまして。 i024809

通常のワイド(パノラマ)写真の場合、遠い風景などの写真をとる場合に効力を発揮するのですが、近い対象物(近景)を広がりを持たせて、撮影する場合、写真の両サイドに極度の歪みが発生してしまいます。当技術は、近景を撮影した場合に、歪みを極度に抑えて、ワイド写真を表示することが可能になります。


[8]>5 iijimanさんはじめ、他皆様へ追加で質問です。 i024809

不動産や飲食店、他多方面にて適用可能という話なのですが、具体的に営業展開としては、以下の手法が考えられると思います。どの手法がもっとも妥当性が高いと思われますでしょうか?


1/ ホームページを有効活用して、不特定多数の個人・法人から受注

(SEOやインターネット広告を有効活用)

2/ 不動産領域などをはじめ、法人(広告代理店など)への営業

(営業マンによる、対面営業)

3/ 他、よい手法があればお教えください。


[9]>6 2/が有効だと思います。 iijiman

私は、最も有効なのは、コネクションのある所に直接営業を掛けることだと考えます。

よって、2/法人(広告代理店)への営業、が、最も有効であると思います。

1/は、あまり効果が期待出来ないと考えます。なぜなら、全く新しいサービスを紹介するホームページのアクセスを伸ばすことは容易ではなく、SEOを施そうにも、そもそも「そういった新しいサービスの名前」を知っている人は少ない訳ですから、検索ニーズが少ない。インターネット広告も、限られたスペースで新サービスの魅力を十分に伝えることは難しいのではないでしょうか。

まず要点をまとめたパンフレットを作り、次に、そのパンフレットを持って広告代理店に行くことが最も有効ではないでしょうか。

あとは、不動産会社、ホテル、レストラン等をこまめに回るのが有効ではないかと思います。この場合、具体的なイメージを見せてあげないとなかなか良さを実感して貰えません。デジカメを持っていって実際に撮影して(撮影が簡単であることを見せる)、その写真を元に無料サンプルを作ってあげるなどの営業はどうでしょう。

3/他、としては、ホテル・不動産関係の専門雑誌に広告を出稿する(サンプル写真付きで)はどうでしょう。

多少なりともご参考になれば幸いです。


[10]>7 なるほどー marimari25

何となく分かりました。

じゃー逆に、この技術を「開発するぞぉ!」

に至った経緯は何でしょうか?

パノラマ画像では不満を抱えておられたからこそ、開発に至ったわけですよね?

ってことは・・・その経緯を再度、確認して営業に生かせば良いのではないでしょうか?

(開発の議題に挙がった際に、こういうところに生かせれるのでは?も出たのでは?)

それと、思うのですが、パノラマとの違いがイマイチ実感できないんです?

すみません。。。辛口で

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ