人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

訳もなく落ち込んだりしないので、<累積疲労>という診断なのですが、体調にも睡眠にも<波>があります。
薬を使用するにしても、普段、心がけておくことはないでしょうか?
克服された方が「一番の特効薬は自分を誉めてあげること」とおっしゃっていましたが、なるほどな?!と思いました。

カウンセリング、ホットミルク、お風呂、リラックスストレッチ、刺激物は避ける、くよくよしない、柔軟に物事を考える、散歩、疲れすぎない・・・
根本的には無理な面もあると思うのですが、少しでもよくなれば・・・と、思っています。ご助言下さい。


●質問者: きめ
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:カウンセリング ストレッチ ホットミルク リラックス 散歩
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●15ポイント

「累積疲労」といっても原因は様々なので、医者の指示通り過ごすのが一番だと思います。

薬で改善されない場合は、正直に医師に告げることだと思います。

生活リズム日記を付けるぐらいででしょうか?

起床時間、睡眠時間をつけて、どの程度リズムが崩れているか?

体調も日中変化があるのなら、朝昼夜くらいで区別して記録。

日単位なら、日単位ぐらいで記録。

で、傾向をみて、対策を考える。

傾向をみて、薬が効果を示してるかどうかを判断する。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

そうか、そのような地道な努力も必要ですね。

ご助言、ありがとうございます。


2 ● pooh_san
●17ポイント

私は嫌なことがあったり、仕事が忙しいことが続いて、疲れてるな

と感じたら、自分にご褒美をあげます。

ストレスの度合いによって、褒美の程度は様々です。

ささやかでも、「特別」を演出します。

普段よりちょっとだけ贅沢な食べ物とか、買うのをためらっていた

バッグだとか、特別なケーキ屋さんだとか。


とにかくストレスをこまめに発散して、溜めないようにしています。

そのご褒美を満喫しながらにんまり笑い、「まあ、いいか、何とかなる♪」

と声に出して言ったりします。声に出すと不思議と自分を納得させられ

ますよ。


http://www.hatena.ne.jp/(ダミーです)

◎質問者からの返答

「まぁ、いいか、何とかなる」は、魔法の言葉ですね(^^♪

勇気付けられました!!ご助言、ありがとうございます。


3 ● sougetsu
●17ポイント

ヒマを上手に生きると、疲れにくいです。

疲労を溜め込みやすいヒトは、ヒマがあっても、さらにがんばってしまいがち。

自己投資とか、自己研鑽とか、、、

元気なときは、それは大変いいことなのですが、

たまには、ヒマをヒマとして、ヒマ人になってみるのも、また新たな展開を生んだりします。

ヒマから生まれた発見・発明・名作も多いのは、歴史が語るヒマの重要性と思います。

http://d.hatena.ne.jp/naozick/20071229#p1

◎質問者からの返答

暇を愉しめる様になる心の余裕が出てくるといいですよね(^^♪

ご助言、ありがとうございます。


4 ● peach-i
●15ポイント

腹式呼吸。

これってバカに出来ないんです。

とても効果あります

沢山体に酸素を取り入れてあげてください。

大事なことですhttp://q.hatena.ne.jp/1203200075

◎質問者からの返答

そうですね、続けてみます。

ご助言、ありがとうございます。


5 ● どんジレ、どんさん
●17ポイント

こんにちは。


累積疲労だと感じたら、まず何をやめるべきか 左記より引用

問題なのは、多くの人が、疲れは、時間がたてば自然に消えていくものという幻想を抱いていることである。しかし、疲労というのは、いうなれば、“借金”と同じ。放っておけば利子が利子を呼んで、雪だるま式に膨らんでいき、積極的に返済をしない限り、自然に減ることはありえない。体に自己破産をきたす前に、たまってしまった疲労は、意識して解消することだ。

疲労の管理って難しいですね。基本的には、医師に診ていただいているとのことなので、主治医の方に、疲労や睡眠について相談するのが一番かと思います。


http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000870.html

10分程度のウォーキングやストレッチなどで血流がアップすると、筋肉付近の毛細血管にたまった乳酸が再び心臓に向かって送り出されるからだ。このように、運動後、軽い運動をして疲労回復を図る方法を積極的休養(アクティブレスト)という。

「累積疲労」の方の場合、初期であれば、運動が効果的だけど、中期になると逆効果であるという説明が http://www.president.co.jp/pre/20040112/004.html にありました。ですので、質問者さんの体調と医師と相談して行って欲しいのですが、質問文にあげられていた「散歩」は、上記積極的休養の考え方からも効果を裏付けられると思います。


「ほどほど」に頑張ったり、「ほどほど」に運動することなど、無理しすぎないことが一番難しいように思います。ストレス対策の魔法の言葉としては、「だからどうした/それがどうした」という言葉はいかがでしょうか。面と向かって相手に言わずに、心の中でつぶやくおまじないみたいなものです。あまり多様しすぎると人の話を聞くのが苦手になってしまう欠点があるのですが、「同じ条件で、同じ立場で、あなたは私と同じことをできますか?」的な意味をこめつつ、つらい時期を心穏やかに過ごす工夫としては、意味があるかなと考えています。


あ、それと、ストレス対策の参考に↓

脳のクセを知ってストレス対策(1) - goo ヘルスケア


以上、参考になれば幸いです。おだいじになさってください。

◎質問者からの返答

私は累積疲労の末期で、完全に治るのは無理だと主治医から言われています。

「だからどうした、それがどうした」は、自分に対してだけ、「同じ条件で、同じ立場で、第三者的に

自分を見てみて、どう?」と問いかける時には、とても有効なような気がします。

色々とご親切に、ありがとうございますm(__)m


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ