人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語の言語の壁の中にどのような価値ある情報を集積したらいいかについての真面目な議論さがしています。この質問をのきっかけは、2チャンネル管理人 ひろゆきの日記のからです。
日本のIT会社の海外進出が失敗する理由(http://www.asks.jp/users/hiro/38003.html)にあるように言語の問題の指摘があります。
「言葉の壁ってのは、悪い例で使われることがよくありますけど、
日本人の雇用を守るためには、重要な役割を果たしてたりするわけです。」
ただ、その言語に価値ある情報の流通がないと言語の壁があっても守れないでしょう。
そこで、どのような価値ある情報を日本語で蓄積するかが大切なはずです。
価値ある情報の中にはすぐれた技能を持つ日本人がいるというのも入ります。少し広い意味づけになりますが、回答よろしくお願いします。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:ひろゆき チャンネル 会社 価値 技能
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● AZUY
●60ポイント

こんにちは

私が知っている日本のITの現状を。

アメリカがインドに外注に出すように

日本は中国に外注を出しています。

インドにしても言語の壁はなくても、文化の壁があります。

そういうノウハウをためて旨くやれるようにインドも頑張ったはずです。

仕様書を渡したとしても細かいところまで指定するのは無理です。

同様に中国とは言語の壁と文化の壁がありますが、なぜかうまくいきつつ

あります。中国はノウハウをためていると思います。

初期の頃は、結構トラブル続きで中国の外注は非難を浴びてたようですが

最近はマシになっています。人月単価が日本の1/5ぐらいなのも皮肉にも

同じですね。日本から発注する場合は、すべて日本語でOKですし、

仕様書もすべて日本語です。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

質問の趣旨なんですが、日本語の壁の中にどんな情報を蓄積したらいいのかということなんです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ