人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国土交通省が、先日、『公的不動産の合理的な所有・利用に関する研究会(PRE研究会)』を開催しました。

その中で、現在、国、地方公共団体等が所有する土地・不動産(公的不動産)は、金額規模で454兆円、・・・と発表しました。(HPにもあります。)

この454兆円という数字は、『国民経済計算』を根拠にしたとのことですが、国民経済計算のどの項目より算出したものでしょうか。該当URLがわかるとありがたいのですが。

●質問者: toshihiko0312
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:不動産 国土交通省 国民 土地 地方公共団体
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● AZUY

こんにちは

「非金融資産」を基にしてるのではと思います。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h18-kaku/18ss3_jp.xls

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/toukei.html

データが18年度しかないですね。


2 ● tenida

平成17年度国民経済計算の第二部ストック編の

2?3、一般政府をみますと、

excelファイルで、期末貸借勘定表が出てきます。

その第11、12項目が固定資産及び土地に該当します。

その両者、すなわち土地及び建物(これが固定資産に該当)で、

468兆円になります。これを基礎に計算したものと

思われますが、14兆円が何に該当するかは不明。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ