人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築中の高層ビルで、よく5階刻みに階数表示の大きな紙(縦1mくらい?)が窓に貼り付けてありますよね。

よく見たら工事現場のクレーンや、外壁付けエレベーターからは到底確認しづらい(できない)位置に張ってありますが、あれは何のために表示してるのでしょう?。

●質問者: ken_wood
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:エレベーター クレーン 工事 建築 現場
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kimudon
●60ポイント

http://building-pc.cocolog-nifty.com/map/2007/07/post_7994.html

近隣住民の方や、通行人、マンションであれば購入前のお客様や居住予定者の方の為に「工事進捗」を

知らせる目的があると思われます。

また、工事に携わる方々も同様の目的で見ています。


外壁付けエレベーター(ロングスパンエレベーター)や階段などでは、A3位の紙でフロア表示をしています。

◎質問者からの返答

ふうむ、工事現場の人からは明らかに見えにくい(ほぼ見えない)位置ですので、

やはり工程上必要である理由は少ないですかねえ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ