人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の地下鉄の技術が海外で役立っている例を教えて下さい。

例:日本の○○の技術を用いて、ニューヨークでは△△の地下鉄が走っている

みたいな感じで・・・。

宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:ニューヨーク 地下鉄 技術 海外
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●30ポイント

ベトナムで生かされているようです。

http://www.kobe-np.co.jp/knews/0000845550.shtml

>車両や信号システムなどは日本の技術が導入される見通し。

◎質問者からの返答

うわ、これ約2時間半前の記事を見つけてくださったんですね(笑)

旬だなぁ!

ありがとうございます!


2 ● kanan5100
●40ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9C%B...

よど号ハイジャック事件の余波によって日本の技術を韓国側に提供する事が政治的に決定し、1974年8月15日にソウルメトロ1号線が開業した。

http://www.geocities.jp/ganmodoki_koreatour/subway.html

韓国の地下鉄車両の多くは日本製モーター、もしくは日本の技術供与品であるため、乗っていると日本と似たようなモーター音を発する車両が多い。特に3号線の国鉄車両は、都営三田線の6300系(初期型)とまったく同じモーター音である。

◎質問者からの返答

ほー、とっても役立つ情報ありがとうございます!

文句なしです!!


3 ● 敷守ほむら
●40ポイント

有名なので知っているかもしれませんが、昔の丸の内線の車両がアルゼンチンで走っています。

@nifty:デイリーポータルZ:地球の裏側で丸の内線車両と再会。

他にも日本から海外に行った地下鉄車両はいくつかあるみたいですね。

日本から国外に譲渡された中古鉄道車両 - Wikipedia

◎質問者からの返答

あぁ、こういうのより“技術”が役立ってるものですね。

確かにこういうのがでてきても仕方ないですね、この質問だと。

ありがとうございます。


4 ● kappagold
●40ポイント

インドでも

“デリー・メトロ”には、 日本の地下鉄技術の粋が結集されている.

ということです。

http://www.jbic.go.jp/japanese/base/publish/pdf/odaloans_indeia0...


また。NYのテロのときに、日本の技術で作られた車両(土台?)だけが、1/100mmの精度で作られていたため、歪みを生じなかったという事をTVで見たのですが、その関連の記事をみつけることが出来ませんでした。

ごめんなさい。

◎質問者からの返答

うんうん、ありがとうございます。


あと地下鉄技術じゃなくてもいいので、日本の何かの技術が海外の地下鉄にいかされている例ってありませんかねー。


5 ● kanan5100
●70ポイント

タイ・バンコク地下鉄

http://www.nsc.co.jp/saiyou/news/ns_box.html

今回ご紹介する鋼製連壁部材[NS-BOX]を使った[鋼製地中連続壁工法]はその代表例。これまで国内で34件(壁面積10万2)の実績を誇り、今年4月には海外での初採用となったタイ・バンコク地下鉄SILOM駅の鋼製連壁工事を無事完工した。

今年とは99年のことです。

http://www.kajima.co.jp/news/press/200202/5c1fo-j.htm

鹿島(社長:梅田貞夫)を代表者とする鹿島・間組・前田建設工業・サイアムシンテック・三井物産・T.S.B.の共同企業体は、タイ国初の地下鉄“チャルーム・ラチャモンコン線”の操車場(車両基地)建設工事を国際競争入札による設計施工の一括請負契約形態で受注し、施工にあたってまいりましたが、いよいよ本年2月7日に竣工式を迎えます。

イギリス ロンドン地下鉄

川崎重工ニュースリリースより

http://www.khi.co.jp/khi_news/2001data/c3010917-1.htm

当社は1994年にはロンドン地下鉄工事向けのシールド掘進機を受注するなど、欧州向けTBM・シールド掘進機の実績を持つとともに、国内外で1,300基以上のTBM・シールド掘進機の豊富な納入実績を持ちます。

http://www.coda21.net/sachi_monolog/040113rog/greenwich.htm

グリニッジからは、テムズ川の下を通って帰る。ドックランズ・ライト・レイルウェイ Docklands Light Railway (DLR)に乗るのだ。(中略)高度な掘削技術を要したテムズ川底のトンネル工事は、日本の企業が請け負ったそうだ。

◎質問者からの返答

非常に役立つ情報ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ