人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

野外教育、野外保育を行うのに保育士等の資格は役に立ちますか?法的な問題じゃなくて、実質的に幼児や児童に接するのに、資格取得のための勉強に意味があるか?という質問です。
自分が保育園のやってることを見る限り、あまり役立つとは思いません。お遊戯会等で親に見せるためだけに演技や踊りを指導したりとか、大人の都合に合わせるためとしか思えない指導がかなり多いからです。そりゃある程度そのためのしつけが必要なのはわかりますが、それは後でも身につけられることで、子供は子供らしく、たくさん遊ばせて、そして遊びの中でコミュニケーションや社会や理科的な興味などを学んでいくものだと、自分は考えています。
保育士や野外教育等に携わった方の回答を歓迎します。

●質問者: naoday
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:けが なのは のし コミュニケーション 保育園
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● りくっち
●60ポイント

教員、幼稚園教諭の資格と、保育士資格・実務経験があります。


http://www.hoikushi-navi.com/menu/examination.html



尚、

子供は子供らしく、たくさん遊ばせて、そして遊びの中でコミュニケーションや社会や理科的な興味などを学んでいくもの

とありますが、これは自由保育目的の一つであり、これも児童心理学や教育学の基礎として学びます。

http://magokoro.hoikuen.to/cgi/dic/log/eid2517.html

http://www.keiai.ac.jp/mamatopapanotameni/omoi/jiyuuhoiku.htm

自由保育は「子どもらしく」とは何か、「遊び」とは何かといったことを保育者が理解して行われる場合は非常に有効だと思いますが、

質問者さんが言われているような「大人の都合のお遊戯など」ばかりしているイメージの設定保育との連携性や、

処遇自体に非常に高いスキルが必要であり、

質問者さんが望まれるような実践にはそれこそキチンとした基礎とそれに伴う実践の積み重ねが必要だと思います。

そういう意味でも資格のための勉強は意味があることだと思います。


以上私見を述べさせていただきました。

ご参考まで。

◎質問者からの返答

丁寧な御説明ありがとうございました。

土台としての知識が必要なのはわかります。しかし現代社会における子供、青少年、若者たちを見ると、一般の教育理論や方法に疑問を抱かずにはいられません。


2 ● peach-i
●10ポイント

子供のときにしか出来ないしつけもあるでしょう。

今しか出来ないこともあるのです。

◎質問者からの返答

そうかもしれませんが、具体的に何のことでしょうか?

だからと言って親に見せるための演技活動にそれほど意味があるとは思えませんが…。


3 ● ffmpeg
●10ポイント

適性の方が大きいでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ