人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

賃貸物件で「子供不可」という条件の物件をよく見かけます。
しかし判例によれば不自然な契約条項らしい。(ググッてみました。)

にもかかわらず、大家が「子供不可」にする理由が、子供はうるさく近所迷惑になるからとか家を汚すとかいう理由にならない理由で「子供不可」にしているような記述ばかりでまともな理由がありません。
賃貸物件を子供不可にしたい合理的な理由が「騒音」以外にあるのか知りたいです。

例えば:
- 子持ちの世帯は家賃の滞納率が高いのは不動産業界の常識
- 子持ち世帯は子供の騒音以外にも近隣トラブルが多いのは不動産業界の常識
- 子持ち世帯がいるだけで不動産価値が下がるのは不動産業界の常識
- 80年代の不動産バブル時には単身者向け賃貸物件が売れに売れた。その際の付加価値として「子供不可」物件がもてはやされた。その名残りである。
- 「子供不可」というよりは「子供嫌い不可」にしたいのだがそういう人間は粘着なので逆に付きまとわれてしまうからいっそ迎合したほうが賃貸物件管理が楽になる。

などなど、実際に不動産管理会社や賃貸住宅オーナーの本当のねらいを知りたい。

●質問者: kuli
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:オーナー トラブル バブル 不動産 不動産業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● zalop
●5ポイント

本当の狙いも何も、質問に書かれてある理由がそのものズバリの

純粋な回答だと思います。

・煩いから

・汚すから


そもそもマンション住まいで、自分に子どもがいないのに、住環境に

子どもがいることを歓迎する人は元々ごくわずかなので、

マンションの部屋を選択する際に間取りなど同じ条件のものを現地見学して、

上下左右が子供アリ世帯のA号室と

上下左右ともに単身者のB号室なら、必ずB号室から入居者が決まります。


ペット可、不可、のマンションがありますが、それと同様の理由と

考えてもらったら近いかと思います。

ペットと子どもをいっしょにするなんて!と憤慨される方も

おられると思いますが、貸す側や近隣住民からすればうるさかったり

よごされたりするのは同じ。


成人した大人二人(共働き)が暮らし、昼間は無人の部屋と、

子ども二人で、両親どちらかが、常に一人家にいる場合を考えたら

痛みの度合はかなり違います。子ども世帯は「めちゃくちゃ汚くなる」

もちろん敷金礼金を活用すればいいですが、壁に穴があいたとか

フローリングを焦がした…とかいうのであれば請求できますが、

経年劣化については何とも言えませんから…。

これは学生用マンションでも女性と男性なら女性のほうが歓迎傾向に

あるのと同様です。


物凄い深遠な理由ではなく、多くの人が「キレイな家で静かに暮したい」と思い、

不動産屋や大家は「住環境をキレイに静かに保ちたい」と考える。

それを脅かす存在なのが「子ども」や「ペット」(その他24時間営業の

ディスカウントショップや、暴走族、細い道を爆走するトラックetc)なので、

できるだけ排除したいと考えるのでは。

しかし子どもがいる世帯もマンションを借りたい、と考え、不動産屋や大家も、

その需要を満たしたいと考えるので「ファミリー向けマンション」を

提供しているのでは。

要は住み分けを行いたいがために「子ども不可」にしているのだと思います。

◎質問者からの返答

分かっていることを回答するってどういう意味?

ポイント稼ぎと判断しちゃうぞ。

知りたいのは

「お前が妄想しているようなことが不動産業界で存在したりはしませんよ。いまどき子供不可とかいう大家のせいで物件を紹介しにくくて面倒なんですよ。エイブルとかチンタイとかメディアの露出を増..」

というような不動産管理会社や賃貸オーナーの声であり事実なのであって、憶測や妄想ではありません。

でも、面白い憶測や、説得力のある妄想なら大歓迎ですよ。


2 ● どんぺい
●5ポイント

騒音もですが、やはり子供を不可にするのは子供が汚すことが最大ですね

壁や床に落書きしたり、物を投げつけて傷をつけたりと

勿論その為に敷金は取っているわけですが、先般のさまざまな判決で全額が使えない(返却しなければならない)場合がでてきます

また、金を掛けても修理できない場合もあります

そうなると、汚さない(補修代があまり必要でない)入居者を入れようとするのがありがちな考え方

つまり、子供不可が手っ取り早いわけです

◎質問者からの返答

そうなんですかねぇ。それだけの理由(本当は理由にならない理由)なのでしょうか。

大家業をするというのは、そういうリスクも込みで社会インフラを供給するということでしょうから、あらかじめ分かっているリスクを不自然に回避しようとするのは問題のある行動だと思います。

わざわざ多くの大家や不動産管理者が、是正されるべきと思われるような条件を付けるには、それ相応のリスクが隠れていると思われます。

家屋の損害が甚大だと予測されるような入居者であるならば、その分だけ敷金を上乗せしたり、実費請求するなどの方法で解決できる問題だと思います。(裁判になることも契約を交わす時点で当然負うべきリスクといえます。)

そうしたことを踏まえてもなお、世の中とはそういうものだぜ。

ということになると、サービスするものとされるものという構成からなる、非常にしょっぱい社会だなあ、と個人的に嘆くわけです。


3 ● yasuda214
●3ポイント ベストアンサー

言葉を慎むべきではありませんか?>分かっていることを回答するってどういう意味?ポイント稼ぎと判断しちゃうぞ。

期待している答えでなかったとしても、一生懸命時間を割いてボリュームある回答をしてくれたのですよ。

◎質問者からの返答

そうなんですか?コメント欄もあるのに?

でもこういった忠告は貴重なことだと思います。

今後、気をつけます。

yasuda214さんのおっしゃるように、zalopさんの「答える」という行為には感謝しないといけないなと感じました。

すみませんでした。ありがとうございます。


4 ● yo-net
●10ポイント

別に子供が部屋の中だけで騒いだり汚したりするわけではありません。

アパートの廊下、アパートの近場で遊びだしたりします。

また、友達と一緒に遊んだりします。

そんな場合は独身者が多い場合はやはり煙たがられるでししよう。

また、安全面などを見た場合、交通事故や転落事故、不審者からの誘拐などをかんがえた場合、大家さんは敬遠したがるのではないでしようか。

またアパートの設計にもよると思いますが、独身者が多く住むアパートの場合は騒音がウェイトとして高く、新婚または老夫婦での入居可の場合は安全を心配している可能性があります。

汚れは敷金をちゃんと取るなどしてそんなに問題にならないと思います。

◎質問者からの返答

そういったリスク回避なんでしょうか。

そのような事故・事件で不動産管理者や大家が訴えられたケースがあったのでしょうか。

ちょっと調べてみたくなりました。

> 別に子供が部屋の中だけで騒いだり汚したりするわけではありません。

> アパートの廊下、アパートの近場で遊びだしたりします。

> また、友達と一緒に遊んだりします。

これに関しては、個人的経験であると断った上でですが。

近所に保育園と公園、小学校、図書館等が隣接している地区がありますが、そうした環境であるにもかかわらず「子供不可」とする物件があります。

けして単身者向けの1room物件というわけでもありません。夫婦で住むような間取りと考えられるような物件です。にも係わらず子供不可だったりします。

そこに、どういう合理性があるのか理解できなかったのが、この質問のきっかけだったりもするわけです。


5 ● k-amanocchy
●25ポイント

仕事で賃貸管理業をしています。

合理的な理由というのはないと思います。大家さんのわがままと言えるでしょう。

また、入居後、子供が生まれ大家さんが退去を求めたとしてもそれは認められません。

きっと以前大家さんが子供の騒音が原因で、トラブルを経験した事がありもう嫌だと

いうことなんじゃないかと思います。

◎質問者からの返答

> トラブルを経験した事がありもう嫌だということなんじゃないかと思います。

個別の案件の問題ならばなんの疑問も湧きません。

そうした事案が多く目に付いたので疑問がわきました。

もし、不合理な理由であるならば、そうした条件が平然と付いて回るというかなりおかしな市場ということになりますよね?

(即レスというか脊髄反射的な回答はなるべくコメントをしていただけるとありがたいです。)

ただ、合理的な理由はないというのは有益な意見だと思います。

要は、「なぜ合理的な理由はないと思う」かが私の知りたいところです。

何故に合理的でないと思うか、ご意見ありましたら是非聞かせてください。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ