人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

食品の産地偽装問題がしばしば起こります。産地ブランドの問題なので、中国、台湾、インドネシアetcなどの産地がブランド化すれば解決するともいえます。それらの国で自国の食品の産地を日本においてブランド化しようという動きはないのでしょうか? そこまでいかなくても積極的に自国の食品のよさをアピールするような動きはないでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:ETC インドネシア ブランド 中国 台湾
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●27ポイント

国家レベルではなく、企業レベルでなら、そのような努力を見たことはあります。(健康食品業界)


現地農場の様子、どのように品質を管理しているか、その植物を育てるのにどうしてその気候が必要なのか、食の安全をどのように守っていくのか(農薬使用の管理)、日本で生産したとしても現地で生産したものより栄養も味も落ちてしまうこと、その国の中でもその地域で取れるものが一番品質が良いなど、国よりももっと限定したある地域で生産されたものをブランドとして宣伝していました。政府の協力を得ているような話も交えて、その製品は割と売れ始めました。(割と成功したと思います。)


しかし、売れ始めると、やはり目をつける人がいます。

どのように差別化するか。

そこで日本国内での栽培を始めて、安心安全を謳って海外品より高い値段で販売してもやはりこちらの方が売れました。


一度築いた海外産のブランドも、国内産が出てくると簡単に崩されてしまいます。

基本的に、国内産が安心安全だということを謳うのに、書類も証明も必要ないのです。科学的に何も証明されない状態で、国内産が安心安全と言うことは簡単に受け入れられてしまいます。(国産が安心だと謳うことは、同時に暗に外国産は安全ではないといっていることになります。)


中国、台湾、インドネシアetcなどの産地のブランド化が中々難しい背景には、国内産が安全安心であるという神話があるところにあるのではないかと思います。

http://q.hatena.ne.jp


2 ● hayate_007
●27ポイント

とどのつまり食品の産地偽装の根本はそのブランドを不当に騙ることで本来の価値よりも

高い価値を得る(高く売れる)ということではないのでしょうか?


これはブランド偽装は食品に限らず物に限らず人に限らずあります.


仮に,中国,台湾,インドネシアなどの産地がブランド化して国内産地よりも高い価値を

得る(高く売れる)ということになれば今度は逆のパターンで産地偽装が起こるのではな

いのでしょうか?


こう考えてしまうと解決方法は無いように思えてしまいます.


個人的には偽装する側の質が本家にせまれば消費者としては実質的な被害がないようにも

感じますがこれでは偽ブランド側を助長させるのですかね.

http://q.hatena.ne.jp/1204068843 ダミー

◎質問者からの返答

そういったレベルではなく少しは自国の産地のアピールとかしないのかなという素朴な疑問です。


3 ● Gay_Yahng
●26ポイント

ブランド化というほどではないけど、

年に一度代々木でタイ・フェスティバルというのが開催されるのですが、タイ大使館肝いりでドリアン、マンゴーなどのフルーツや香り米など、即売、アピールをしています。

http://www.thaiembassy.jp/thaifestival/index.htm

(ここを見ると 東京だけじゃなかったんだ。知らなかったな。)

香り米はブランドかもしれない。カレーに良くあいます。うまいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ