人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「捨象」の意味、使い方がいまいちわかりません。「抽象」との違いもわかったようでいまひとつわからないです。どなたかわかりやすく教えてください。例文などつけていただけると助かります。


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いまいち ひとつ 抽象
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●60ポイント

根本的な意味は一緒だと思いますが、捨象はその名の通り捨てていくこと。対して抽象は抽出することだと思います。

例えば

「1つの大きな赤い美味しそうなリンゴがある。」

という文章をリンゴに対して捨象しても抽象しても

「1つの赤いリンゴがある。」

という文書になるとします。

この場合、捨象する際に行っている行為は

「大きな」「美味しそうな」

を捨てて文章化しています。

抽象の場合は

「1つの」「赤い」

を抽出して文章化しています。

至った結論が一緒になったとしてもそこに至る過程を捨てながらたどり着くか拾いながらたどり着くかの違いだと解釈していますがどうでしょう。


抽象

事物または表象からある要素・側面・性質をぬきだして把握すること。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%8A%BD%E8%B1%A1&dt...

捨象

事物または表象からある要素・側面・性質を抽象するとき、他の要素・側面・性質を度外視すること。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%8A%BD%E8%B1%A1&dt...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

そうかなーと思ってたんですが、やっぱりそういうことでいいんですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ