人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

為替レートについての質問です。
財務省令による「税関長公示の為替レート」と市中銀行が発表する為替レートが異なるのはなぜでしょうか?
双方の計算方法について知りたいです。
よろしくお願いします。

●質問者: tetoo7733
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:公示 市中銀行 税関 計算 財務省
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tenida
●60ポイント ベストアンサー

「税関公示換算率について」で、

税関の公示換算率は、毎週火曜日に公表され、次の日曜日から土曜日まで適用されます。この換算レートは、当該輸入貨物に係る輸入申告日における財務省令で定める外国為替相場とされ、それは「輸入申告日の属する週の前々週の実勢外国為替相場の当該週間の平均値」に基づき税関長が公示する相場です。

と説明しています。

一方、市中銀行の為替レートは、文字通りの市中取引相場で時々刻々変動します。

貿易統計の公表、関税額の計算には税関長公示レートが基準値として使われます。言い換えれば、市中相場は絶えず変動するので、貿易額・関税額の円換算の基準値を示すのが税関長公示レートです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

違いがよく分かりました!

本当に助かりました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ