人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ニッセンのカタログなどで、高背で縦参列キャスター収納の漫画/DVD棚などがそこそこ安価で売られていますが、あのような目的のもの手元にとるまでに2アクション以上必要な収納って実際便利なのでしょうか?
使っていていて実は不便だったり、その収納量が仇になって床が落ちたとかそういう経験のある方などあったら教えてください。


●質問者: Sakon
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:DVD アクション カタログ キャスター ニッセン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]利便性より収納量 y-kawaz

数千冊とかの本があるとドアのスペースを残して壁全面を本棚にしても足りないんです…。

なので収納密度を上げる為には本棚自体にキャスターを付けて並べていくという形にならざるを得ません。


[2]床抜けは y-kawaz

そんな収納を必要とするような輩は、家を建てるときから想定して強化してるので問題ありません。

ピアノを置く為に床を丈夫にするのと同じです!


[3]収納量よりも検索し易い機能性 miharaseihyou

本棚やDVDやCDの収納棚がアレ一つか二つ程度で収まる人向けです。少なくともシロアリでも発生しない限りは欠陥住宅でなければ床抜けするほどの重量にはなりません。

普通の本棚と同じくらいの重さだし、収納量が二段に並べる場合の数割(たぶん2?3割)減ですから。高さの低い商品も多い。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ