人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福祉系社会学を勉強しようと言う場合、どんな書籍や雑誌、サイトをチェックすればいいでしょうか?
基礎から他分野、社会学全般からでも構いません。

これから、基礎から社会批評や研究までのプロとしてやって行けるような基礎的な力となるテキスト類を、教えて下さい。

●質問者: ねじまきゼット
●カテゴリ:政治・社会 書籍・音楽・映画
✍キーワード:サイト テキスト プロ 勉強 批評
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

[1]ミネルヴァ書房 yokote

社会福祉ならミネルヴァ書房の書籍が定評があると思います。

とりあえず『よくわかる社会福祉』、『社会福祉概論』、『社会福祉基本用語集』あたりから入ってみてはいかがでしょう。


[2]>1 Re: ngmkz

ありがとうございます!

引き続き、募集します。

他分野でもあれば、是非教えて下さい。


[3]社会学がわかる。 toukadatteba

rakuten:book:11237898:detail

社会学がわかる。というタイトルでアエラムックからでているものです。紹介したのは新しくでたもので、以前出ていた同タイトルの再販版です。最新のものなのでよいとも思うのですが、旧版でよければ、アマゾンで一円で一点のみあったのをみかけたので、そちらでもいいかと思います。内容的にはどちらもまったく遜色ありません。

多種な分野のその道の第一人者が興味深いコラムを書いていらっしゃるので、様々な分野が見れるという点でも、大家の意見を読めるという点でもかなり興味深いです。

それから、こちらも同じくアエラムックで、在庫が残っているかちょっとわからないのですが、「家族学のみかた」という本も面白いですよ。家族学といいながら、密接に社会学にかかわっていて、社会と家族が社会学に大きく影響しているのがうかがえます。

心理学や女性学、また文化面でのアプローチなどもあり、興味深い点、また、社会学がわかると同じく、多種多様な意見や分野が見られるというのも面白いです。

福祉を抑えるなら、家族という点も抑えるといいかもしれません。

福祉と家族は、密接に関わっているものですし。

それから、アエラムックの類似した社会学系統のものは、入門書としてはかなり参考になりますので、一通りチェックしてみるのも手かと思います。

がんばってくださいね?!


[4]>3 Re: ngmkz

ありがとうございます。

家族支援については、ぼく自身仕事で嫌と言う程(笑)、いろいろ現場で勉強させてもらっています。

学問としてもとても興味深そうですね。


[5]>4 もう現場にいらっしゃる方だったのですね! toukadatteba

実体験を持っている点、尊敬もあり、大変だなぁというのもあり、また、ある意味でうらやましくもあります。

がんばってください!

基礎から社会批評や研究までのプロとしてやって行けるような基礎的な力となるテキスト類ということなのですが、アエラ系は基礎を抑えつつ、広く深く発展も押えているので、専門分野の入門としては非常に完成度が高く、お勧めです。

ただ、どちらかというと私が紹介したものは、福祉学よりは社会学よりなので、福祉系のものがでていればそっちのほうがいいかもしれません。


[6]>5 Re: ngmkz

ありがとうございます!

id:toukadattebaさんは、研究者の方ですか?

もしそうでしたら、是非社会学よりのテキストなんかも教えて頂けたらと思います。

現場で働いていて思うのは、どうしても支援の技術や知識が先行してしまって、じゃあその背景にある/あった社会思想やデータは何だったのか、っていう概念には弱いなと反省も含めて勉強し直そうという部分もあります。

それに福祉もやっぱり社会の一分でしかない(と言うと、語弊もありますが、公平に言えばそうなる)ので、是非是非教えて下さい!


[7]>6 研究者ではないんですが toukadatteba

一応社会学の研究はしていました。

ngmkzさんとは、ちょっと多分分野が離れているので、できるだけ、参考になりそうなものを紹介しますね。

データ的な面だと、山田昌弘(格差うんぬんというのを最初に言い出した人で、パラサイトシングルという言葉の生みの親です。ただし、格差うんぬんの本は、その後、山田が使ってから類似したあまりよくない本がたくさん出てしまったので、手垢がついてしまった感もありますが)という社会学者の書いている本が、データによる理論を展開している上に、社会学の専門書としては読みやすいかと思います。

社会福祉というのが、どの分野の福祉なのかちょっとわからないのですが、社会的な弱者などについてでしたら、「希望格差社会」や、「パラサイトシングルの時代」などが読みやすいかもしれません。データも他の本に比べると信憑性があります。

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫 や 32-1)

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫 や 32-1)

パラサイト・シングルの時代 (ちくま新書)

パラサイト・シングルの時代 (ちくま新書)


[8]>6 すみません! toukadatteba

テキストについて、だったのに、本について返信してしまいました。

申し訳ないです・・・。

テキスト、何かよいものがあればと思ったのですが、自分が知っているもので、テキストになりそうなものが、先日紹介したアエラ以外に思い浮かばず、お役に立てず本当に申し訳ないです。

もしご迷惑でなければ、主に勉強したい分野が、特にどういう分野なのか教えていただければ、別の専攻の友人などもいますので、調べられるかもしれません^^

よかったら教えてください。


[9]>7 Re: ngmkz

おお!

ありがとうございます。

アエラムックはいくつか古本を探して購入しました。

ぼくは障害者支援を仕事にしています。

家族支援は、老人介護や障害者支援、ひきこもりやカウンセリングと横断的な視野を得られるんじゃないかって、最近、勉強したいなと思っていました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ