人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

唐突ではありますが、
タイムマシーンは作れるのでしょうか??(現在or近い将来)

?タイムマシーンに関する論文・記事

?タイムマシーンを研究することでなりたっている機関

?タイムマシーンが作れない理由

???の中から
1点でもいいので教えて頂きたいです。

怪しい宗教系ではなくて、
科学系でお願いします。

●質問者: tai2006
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:タイムマシーン 唐突 宗教 機関 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●15ポイント

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/040620.html

タイムマシンは作れるか

>量子力学では 1粒子自体の位置を100%決定することすらできないため、

2粒子の世界の時点でタイムマシンがほとんど不可能であることがわかる。

ただ、今の話でタイムマシンの製作が不可能というわけではなく、

非常に可能性の低いというだけで、もしかしたら製作可能であるかもしれない。


http://www.hit-press.jp/backnumber/1104/07.html

東京大学の佐藤勝彦・大学院理学系研究科教授

>「私はタイムマシンはできないし、できては困ると思うが、

まだ証明されていない以上『思う』としか言えないですよね。

◎質問者からの返答

佐藤教授の話はとても興味深いですね!

過去はムリでも未来なら!

妄想が膨らみます。


2 ● KUROX
●15ポイント

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2407756

この話では、

タイムマシンが発明された以降は、タイムトラベルが可能となってます。

タイムマシンが発明されてない昔には、タイムトラベルできないと言うロジックです。

◎質問者からの返答

タイムマシンが発明されれば、

それ以降の世界ではトラベルが可能なんですね!


3 ● HowAreYou
●14ポイント

3) タイムマシーンが作れない理由

そもそも時間の移動とはなんなのかということです。

アインシュタインの相対性理論によって速度が光速に近づくほど時間はゆっくり流れ、光速では時間の流れは止まり、光速を超えると時間の進み方は逆になる……とされています。

これによって、光速を超えることによって過去に行ける、と言われていますが、光速を出さなくても止まっている人からみれば動いている人の時間はゆっくり進んでいます。

時速 100km で走っている自動車から 時速 90km で走っている自動車を見れば 時速 10km で後退して見えるように、止まっている人から 1時間、光速の 99% の速度で動いている人を見れば、30分 過去に向かっているように見えるはずです。

しかし彼は我々の前からは消えることは泣く、ただ時計が遅れているという事象が観測されているのみです。

たとえ光速を超えても時計の針が逆回転して見えるだけで過去の世界に行ったりはしないでしょう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%8...

◎質問者からの返答

時速?の話は何度か聞いたことがありますが、

過去に向かっているようにみえるとは

視覚的なことのみなのでしょうか…

それとも、

“そこに居る”という大きな感覚まで得られるのでしょうか…。

相対性理論の本は、肝心な箇所が

訳語だからかあまりピンとこないです。


4 ● NON_NON
●14ポイント

本で読めるのはブルーバックスの「新装版 タイムマシンの話」(都筑 卓司)でしょうか。

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E3%82%BF%E3...

あと、ネットでは見ることが出来ない紀要ですが、下の論文があります。

過去への旅(雨宮民雄,1981)奈良教育大学紀要,第30巻第1号,23-47

ちなみに、タイムマシンの困難は過去への旅が難しいということです。逆に言えば、理論上は未来へのタイムマシンは可能です。

(相対性理論によると、時間はどんな場合でも同じように流れるのではなく、「相対的」つまり条件が変わると流れる速度に差が生じます。

つまり、タイムマシン内と外で時間の流れ方が変わることも理論上は起こりえるわけで、未来へのタイムマシンと同じ状態になります)

しかし、もし、光より早い粒子(タキオン)があるなら過去へ時間を流すことが可能になるのでは考えられ、タイムマシンが可能になるのです。

◎質問者からの返答

やはり過去へは光をベースに考えると

行けないんですね…。

どちらかというと、

みなさん過去へ行きたいんじゃないでしょうかね…

残念であります。


5 ● type4
●14ポイント

タイムマシンは、その機械ができた時をその起点として、時間旅行の時代がはじまり、

従ってタイムマシンがまだ、存在しなかった過去に遡ることはできない。

というのが一般的な通説のようです。



記事からの引用

------

タイムトラベルが今後可能になるなら、すでに私たち自身が未来人と遭遇しているはず、というのはよく批判される点ですが、アインシュタインの物理法則ではタイムトラベルで遡れる時間は最初にタイムマシンが発明された時までと提唱されているので、将来タイムマシンができる可能性はゼロではないのかもしれません。

------

タイムマシンはあと3ヶ月以内に完成するとロシアの数学者が主張






時間旅行の理論ですが、一般的に知られているのはこちらでしょうか。。


ローレンツ変換 による引用

------

「大きな速度で動く座標系では、2点間の距離(物体の長さ)は縮む」

------

ローレンツ変換 - Wikipedia

------

非常に高速に移動しているものの中の時間は、移動していないものの時間に比べて遅くなるので(ローレンツの法則)、ロケットなどで長時間移動して帰って来た場合に宇宙飛行士が経験した時間経過と地上で待っていた人が経験した時間経過がずれる。

これはうらしま効果と呼ばれるが、一種のタイムマシンと解釈することもできる。

-----

タイムマシーンは本当にできないの?




アインシュタインの一般相対性理論の論理からの引用ですが、、

------

相対論によれば空間は時空連続体であり、一般相対性理論では、その時空連続体が均質でなく歪んだものになる。つまり、質量が時空間を歪ませることによって、重力が生じると考える。そうだとすれば、大質量の周囲の時空間は歪んでいるために、光は直進せず、また時間の流れも影響を受ける。これが重力レンズや時間の遅れといった現象となって観測されることになる。

-----

一般相対性理論 - Wikipedia



特殊相対性理論と一般相対性理論の2つの理論をあわせて相対性理論と呼ばれているそうです。

こちらは、特殊相対性理論からの引用で時空というものの定義です。


------

時間と空間がひとつになった4次元の空間のことを時空と呼ぶ。

右図は時空図、もしくは相対性理論が幾何学で考えられることを発見した

ヘルマン・ミンコフスキーの名をとってミンコフスキー空間と呼ばれる。

------

特殊相対性理論 - Wikipedia


ミンコフスキー空間について

ミンコフスキー空間 - Wikipedia




正直、まだ不完全要素が多いですね。。こう見てみると。

時間と質量、速度、エネルギー、この因果関係を解きほぐす時代が、自分らが生きている間に来ると面白いと思います。


最後に総括

未来には、時間移動ができる時代が来るかもしれません。今現在すぐには難しいと思います。

タイムマシンは簡単だ!

タイムマシン - Wikipedia



質量という束縛を逃れ、自らの意思のみの存在となる方法があれば、

ひょっとすると、時間を超えることは可能かも知れません。これはちょっと宗教的かも、、。



それと、これは個人的な意見ですが。。

人の頭の中ではいつでも、過去に遡れるわけで、一種

脳は記憶という時空を超えるタイムマシンを使っているのかも知れませんね。

タイムマシンと言えるほど記憶の再現性の性能は良くないし、、。

未来が見れないのは珠に傷、、

◎質問者からの返答

丁寧に有難うございます。

熟読してみます!


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ