人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

再度チンギスハーンの系譜について質問します。以下の分はどの程度正しいでしょうか。『現存資料での記述がおのおの異なっているため諸説あって厳密に確定しがたいだけで、チンギス・カン自身の家系は諸資料ではっきりとした記載があり判明している。昔の家系図は書き換えることも多く確実に断言は出来ないともいわれるが、中央ユーラシアの遊牧民は個々の遊牧集団の指導者層の家系に関してはうるさく、匈奴に於いては中核氏族である攣?氏が単于および主要な地位を独占し、それ以外の氏族はこの地位につけなかったことが知られている。祖先からの遊牧貴族に属することを保障する家系伝承と、子飼いの牧民集団を持たない者が、徒手空拳で政治的指導者に納まることはきわめて困難であることが知られている。」なお、補足文は下に示します。


●質問者: string_buffer
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:チンギス・カン ユーラシア 伝承 匈奴 単于
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nanairokamen
●60ポイント

○チンギス統原理(チンギスとうげんり、Chingisid principle)とは、主に14世紀以降の中央ユーラシアのモンゴル・テュルク系遊牧民の社会において広くみられた王権の正統性に関する思想で、民衆の支配者たるハーンの地位は、ボルジギン氏であるチンギス・ハーンとその男系子孫によってのみ継承されるべきとする血統原理のことである。

チンギス統原理;http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B...

◎質問者からの返答

そんなことを聞いてません

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ