人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

杉山正明氏がマルコポーロは存在しなかった。という説を唱えていますが、これは世界の学会でどの程度認識されていますか?

●質問者: string_buffer
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:マルコポーロ 存在 学会 杉山正明 認識
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tenida
●60ポイント

この質問は、モンゴル研究の専門外の者には、答えるには難しい問題ですね。Masaaki Sugiyama+Marco Polo等で海外サイトや学術論文などを検索すると、二三件ヒットしますが、日本の外国語サイトのようです。

それで、マルコ・ポーロについての伝記を調べてみると、その議論の中心は

イ.マルコ・ポーロの生地はどこか

ロ.実際に旅をして、実地見聞としての記録はどこまでか

という点にあり、マルコ・ポーロが実在したかどうかという議論は見受けません。

杉山氏の否定説にしても、読み直してみましたが、根拠のある否定説というより既定の事実と見なされているが、そもそも実在したかどうかも含めて基本から再考する必要があるという問題提起と受け取りました。

以下は参考サイです。

・実際に旅をしたか

http://en.wikipedia.org/wiki/Marco_Polo#Controversies

・生地はどこか

http://en.wikipedia.org/wiki/Birth_Place_of_Marco_Polo

・伝記的

http://www.1911encyclopedia.org/Marco_Polo

http://historymedren.about.com/gi/dynamic/offsite.htm?zi=1/XJ/Ya...

◎質問者からの返答

どうもマルコポーロは蒙古へ行ってないようですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ