人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事で、ミツバチや蜜蜂作り、ロイヤルゼリーやプロポリスに関する歴史やエピソードを集めて
います。成分や効能というよりは、人との関わりの中でのいろいろなストーリーがあれば。
そんな話を集めた文献でもいいのですが。


●質問者: fatfat
●カテゴリ:医療・健康 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ストーリー プロポリス ミツバチ ロイヤルゼリー 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●30ポイント

息子に幽閉され、食事も与えられず餓死を待つのみとなったビンビサーラ(ビンバサラ)王を、妻のイダイケは自分の体に塗って持ち込んだ蜂蜜をなめさせることで救おうとした(お経に出てくる話です。手塚治虫の「ブッダ」にもありました)。

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/sogenji/hitokuchihouwa/kangyou-jyobun...


イエスに洗礼をあたえたバプテスマのヨハネは非常にストイックな修行をしていた人で、町には暮らさず、常に荒野で寝起きしていた。食事は荒野で得られるイナゴと蜂蜜だけだったと言われている。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/2431/holyspirit.html



ひとり一回なんですねー、少し時間をかければもっと思い出せそうな気はするんですが。これにて失礼しますー。

◎質問者からの返答

いやはや、こんなお話があったんですね、ありがとう。


2 ● masanobuyo
●30ポイント

ハネムーンとは結婚したばかりの夫婦二人だけで旅行に出かけることであり、新婚旅行ないし蜜月(みつげつ)といいますが、ハネムーンの語源は蜂蜜酒に関連する。古代から中世にかけてのヨーロッパでは、新婚家庭で花婿に精力増強効果が期待され、またはミツバチの多産にあやかって蜂蜜酒が飲まされた。この約1ヶ月の間、新郎新婦は家から出ずに子作りに励んだというエピソードがあります。

http://blog.livedoor.jp/wikizatu/archives/50728905.html




はちみつと人間のかかわりは古く、スペイン東部、バレンシア地方にある洞窟には、紀元前600O年頃の採蜜する女性の壁画が残されております。人類は8000年以上も前からミツバチの恩恵を受けてきました。蜂蜜酒もそのひとつだそうです。

http://happyhaiku.blogspot.com/2004_09_01_archive.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● yukiwaka
●30ポイント

8ちゃんねるにミツバチの掲示板がありました

http://honeybee-club.com/

蜜の採集、ミツバチの観察記録等、わかりやすいです

http://www.d1.dion.ne.jp/~kibus/04sub5fr-001.htm

プロポリスの疑問解決サイトです

http://209.85.175.104/search?q=cache:bvh7E0-55moJ:www.sale109.co...

ローヤルゼリーの効果等をかいてます

http://209.85.175.104/search?q=cache:yxPvJBC3wb0J:mitubati.igaju...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● felix33jp
●30ポイント

妄想でよかったら

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sangatu/jinchigaku/jintigaku-...

22号 <1999.5.1 \1,200> ・特集??『神智学』を読む・人間??底の知れない井戸<志村ふくみ> ・『神智学』を読む<高橋巖> ・【新連載】ミツバチのひみつ<ルドルフ・シュタイナー>

◎質問者からの返答

ほぅ、シュタイナーですか。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ