人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アインシュタインの「成功の方程式」のソース元(ドイツ語?)を教えてください。
>>
If A is success in life, then A equals x plus y plus z. Work is x; y is play; and z is keeping your mouth shut. -- Albert Einstein
<<
書名もわかるとベストです。

●質問者: Kyuzo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:Einstein Life アインシュタイン ソース ドイツ語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●53ポイント

http://www.quotationspage.com/quote/24948.html

If A is success in life, then A equals x plus y plus z. Work is x; y is play; and z is keeping your mouth shut.

Albert Einstein, Observer, Jan. 15, 1950

上記の通り、1950年1月15日にイギリスの新聞オブザーバー紙に掲載されたもの。

アインシュタインは1932年にアメリカに亡命していますので、英語がオリジナルです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

ドイツ語という思い込みがあったので、目から鱗です。

日テレの番組(深イイ話)で見たのですが、覚えていた話と違っていたので誤訳かな?と思い質問した次第です。

「x=仕事、y=気晴らし、z=瞑想(頭の中での仮想実験)」の認識だったので、どちらの認識が正しいのか、xyzについて説明した資料を探しています。

番組ではアインシュタインは説明しなかったといっていましたが。:<

もしご存知でしたら教えてください。


2 ● nofrills
●17ポイント

n4oさんがごらんになったテレビ番組は私は見ていないのですが、アインシュタインのこのことばについては、「よく働き、よく遊び、口をかたくする」という意味だと聞いています。いわく、「あまり調子に乗って『今こんなことをやってるんだ』と人にしゃべると、アイディアを持っていかれるかもしれないから」とか、「他人におべんちゃらを使っているとアホ扱いされる」とかいったことだ、と。でも確かに、「しゃべってないで手を動かす」というふうにも解釈できますよね。おもしろいことばです。


単に英語としては、keep one's mouth shutは単に「何も言わない」という意味もありますが、「余計なことをぺらぺらとしゃべらない」といった感じの意味で使われることが多いのではと思います。アインシュタインはユーモアのセンスでも知られているし、これが例えば話をしている相手の笑いを取ったフレーズなら、話者の意図としては「ぺらぺらとしゃべらない」だったのではないかとも思いますが……。

http://idioms.thefreedictionary.com/keep+mouth+shut

keep your mouth shut (informal)

to keep something secret. You can trust Sarah - she knows how to keep her mouth shut.


アインシュタインのこの発言がある元記事(オブザーヴァーの1950年1月15日)が参照できれば文脈もわかりそうなのですが、オブザーヴァーのサイト(ガーディアンと同一です。http://www.guardian.co.uk/)を検索してもこの記事は歴史的記事のオンライン・アーカイヴに入っていないようだし、Oxford Referenceでもこの部分しか出ていないので、行き詰ってしまいました。何か文脈のわかるようなものを見つけたら、コメント欄に投稿しますね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

1.文字通り「余計なことを話さないこと」。「雄弁は銀、沈黙は金」に対する反論として。

2.沈思黙考(瞑想だとおかしいですね。今更気がつきました)。

普通に考えると1ですが、2もあり得ると考えています。

沈思黙考は普段から行っていたそうで(将棋やチェスの先を読む感じ?)、どこかで読んだ覚えがあります。

見つけたら是非教えてください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ