人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

極上のミステリを教えてください

1988-2008年の、過去20年分のミステリーの集大成を、別冊宝島「もっとすごい!このミステリーがすごい!」でやっています。そこで、マイベストを選びました。

■ 国内
1 火車
2 ホワイトアウト
3 半落ち
4 屍鬼
5 煙か土か食い物
6 不夜城
7 ハサミ男
8 白夜行
9 黒い家
10 アラビアの夜の種族

■ 海外
1 極大射程
2 推定無罪
3 ポップ1280
4 ダ・ヴィンチ・コード
5 北壁の死闘
6 薔薇の名前
7 フリッカー、あるいは映画の魔
8 ミザリー
9 シンプル・プラン
10 Mr.クイン

そこで質問です。これを超えるような極上ミステリを、教えてください。ただし、新本格や叙述形式はおなか一杯なのでご勘弁ください。それから、これらを一冊も読んでいないような方は、比較しようがないため、回答をご遠慮ください。

この20冊の評価は、以下にまとめてあります↓
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/03/20_bea3.html


●質問者: Dain
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:2008年 MR このミステリーがすごい! それから アラビア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●200ポイント

リストアップされているミステリが、展開が派手なものが多いので、紹介しようかどうか迷ったのですが、私がお勧めするのは海堂尊の作品――。

「半落ち」の病院版といった感じ。

著者は現役医師だけあって、病院を舞台とする設定は超リアル。一方、登場人物はコミカルな人間ばかり。まったく冴えない主人公の中年医師と変人官僚の掛け合いが笑えます(映画版で美男美女の組み合わせになってしまったのは残念!)。アニメネタも盛り込まれていたりして、エンターテイメントの要素もたっぷり。

ミステリーの体裁をしていますが、各々で異なる医療問題を扱っている点がユニーク。体裁のカラーリングを替えているのも象徴的ですね。

小説中の登場人物に医療問題を語らせたノンフィクション本が下記。あのブルーバックスの1冊です。

あえて映画やコミックスへ展開したのは、おそらく医療問題に対する国民の認知度を高めるためではないか‥‥と、うがった見方をしてみたりして。


海外作品では、ちょっと古いところですが、SFの大家・アイザク・アシモフの「黒後家蜘蛛の会」シリーズ(邦訳版は東京創元社から)。1972年から2003年(没後)にわたる長期連作ですが、範囲に入れてよいですか?

こちらは、失せものを探したりする地味な話ばかりで、「現場」すら出てこない。でも、登場人物が面白く、水戸黄門のように“決め”のパターンが定まっており、これはこれで楽しめる。

私も、無給でいいので、ニューヨークのミラノ・レストランで毎月開催されるという「黒後家蜘蛛の会」の給仕をしてみたい。

◎質問者からの返答

了解です!

読む前から「チーム・バチスタの栄光」はピカイチだと決めています。問題は、「いつ読むか」ですね。明日の予定を気にしない完全フリーな夜のためにとっておきます。

「黒後家蜘蛛の会」は未読ですが、海外編ベスト10のどれと比べて極上なのか気になるところ。


2 ● marimari25
●200ポイント

こんにちは。

私もミステリーが大好きです!

でも私の場合、少し偏っていまして

・作者は日本人の男性

・密室

でなければ読まないんです。

本当は綾辻さんがお薦めなのですが質問者さんのブログ?に既に名前が挙がってますし、

知っていたらすみません。

そんな私のイチオシわぁ!ズバリ!

森博嗣

「すべてがFになる」

と、

東野圭吾「容疑者Xの献身」

かな?まー有名なんでもう読まれているかな?

それと少しズレますが過去の別冊宝島で紹介された

http://tkj.jp/book/book_01441601.html

めちゃくちゃ面白かったです。

なぁーんて言うんでしょうか。。。これもお薦めします!

私は大阪に住んでいるんですがこの作者に会いに行き、握手をしてもらいました(笑)

作者のプロフィールがまた面白いんですけどね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、「日本人の男性作家」+「密室」ですか…

ストライクゾーンが小さいと色々大変なような気が。「すべてがF」は評判があまりにも高く、期待MAXで読むと裏切られる率が極めて高いため、封印してます。「容疑者X」は嫁さんが「読まんでよろしい」と断罪しているので手を出してません。


3 ● どんジレ、どんさん
●200ポイント

こんにちは。


魅力的な20冊のリストですね。「新本格や叙述形式はおなか一杯なのでご勘弁ください。」と仰られていたので、私なりに注意しながら国内作家でリストに名前が登場していない方を選びました。

ミステリ・SF・エンタメ。どのジャンルにも含まれそうな点と、「謎を解く」ことが単に犯人を見つけること動機を解明することよりも、「作中の設定の謎を追究すること」に主眼がおかれているので、ミステリ読みの方に賛否両論があるかもしれないのですが、この20年をふり返るのであれば、私なら外したくない一冊なので紹介させていただきました。

単行本版

オルファクトグラム

オルファクトグラム

  • 作者: 井上 夢人
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • メディア: 単行本


文庫版

オルファクトグラム〈上〉 (講談社文庫)

オルファクトグラム〈上〉 (講談社文庫)

  • 作者: 井上 夢人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

オルファクトグラム〈下〉 (講談社文庫)

オルファクトグラム〈下〉 (講談社文庫)

  • 作者: 井上 夢人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫


少しでも参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

岡嶋二人時代に書いた「クラインの壺」でお腹一杯ッすー

「ダレカガナカニイル…」が傑作だという噂をきくのですが、どうなんでしょうね?


4 ● Gay_Yahng
●200ポイント

「リング」 鈴木光司

度重なる映画化で手垢がつきまくりの感はあるけど、リングは好き。

「バトル・ロワイアル」 高見広春

設定の異常さとそこに登場する少年少女の普通な感覚、そしてその中にいる異端。

「青の炎」、「クリムゾンの迷宮」 貴志祐介

この辺も面白かった。

ハサミ男、私も好きです。ひっくり返りました。

なんか映像化作品が多くなってしまった。本格推理から遠いし。

◎質問者からの返答

「リング」は予備知識ゼロで読んで、いったい何の話なのか見えないところまでは満点でしたねー(分かってからは予定調和ということで)。「バトルロワ」「クリムゾン」も良い良いという話は聞くのですが、20年分のベスト・オブ・ベストに乗っかってくるか微妙ですね。


5 ● rutus1228
●200ポイント

私もハサミ男にはかなりやられました。。

・貴志祐介「13番目の人格」

・貴志祐介「青の炎」

・岡島二人「99%の誘拐」

・雫井脩介「火の粉」

・東野圭吾「容疑者Xの献身」

海外ものはあまり読まないのですみません。。

◎質問者からの返答

「ハサミ男」からたぐると、確かにこんなラインナップになりますね。オススメいただいたリストは全て未読なのですが、20年分のベストにこれらが入るのかというと…


1-5件表示/22件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ