人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知的財産,知的所有権 "intellectual property" という言葉はいつから使われるようになったのか教えてください。どの国の誰が最初に主張しはじめたのでしょうか?

●質問者: neco
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:知的所有権 知的財産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●23ポイント

知的財産権の始まり

知的財産の戦略とは、ごく最近の考え方なのではなく、本質的には遙か昔から形成されていた考え方である。つまり、製造方法の秘密と言えば分かりやすい。(これは、現在の日本で言うところの不正競争防止法で規定される「営業秘密」に相当する。)

例えば、紀元前2000?1200年頃に存在した、ヒッタイト帝国という古代帝国では、当時全く知られていなかった鉄の製法を知る唯一の国であった。ヒッタイトの鉄は極めて高価(金以上の価値)で交換されたと言われており、これらの取引が、ヒッタイト帝国に大きな富をもたらした。

同様な例として、古代から中国では、磁器や絹の製法が知られていた唯一の地域であった。これらの製法は、長い間秘密とされていたため、これらの産品を他の地域で産出することができなかった。当時の貿易においては、磁器や絹が、極めて高価で取り引きされ、この地域に大きな富をもたらした。

これは、古代ヒッタイト帝国の鉄の製造方法も、古代中国の磁器や絹の製法も、原始的な形ではあるが、国家戦略上、きわめて重要な知的財産であったことを意味している。このように、知的財産とは、本質的に「合理的な独占形態」を実現するための一手法である。

近代的な知的財産権の制度としては、ルネッサンス期のヴェネツィア共和国で誕生した特許制度が世界で最初の知的財産権制度と言われている。ガリレオがヴェネツィア公に懇願をし、その結果としてヴェネツィア共和国で、世界で最初の特許制度が公布されたと言われている。[1]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E7%9A%84%E8%B2%A1%E7%94%A...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。知的財産,知的所有権 "intellectual propertyという言葉がいつから始まったか、教えていただけますと幸いです


2 ● ゆうぷぺ
●23ポイント

ローレンスレッシグ曰く、ウォルト・ディズニーが言い始めた?というかコピーライトを主張し始めたらしいです。

http://ittousai.org/lessig/lessig_%5Bfree_culture%5D_japanese_1....

◎質問者からの返答

このリンク先はすばらしいです。ありがとうございます。レッシグ教授がこんなにすばらしい人だとは知りませんでした。


3 ● kanan5100
●22ポイント

http://en.wikipedia.org/wiki/Intellectual_property#History

The earliest use of the term "intellectual property" appears to be an October 1845 Massachusetts Circuit Court ruling in the patent case Davoll et al. v. Brown. in which Justice Charles L. Woodbury wrote that "only in this way can we protect intellectual property, the labors of the mind, productions and interests as much a man's own...as the wheat he cultivates, or the flocks he rears." (1 Woodb. & M. 53, 3 West.L.J. 151, 7 F.Cas. 197, No. 3662, 2 Robb.Pat.Cas. 303, Merw.Pat.Inv. 414). The statement that "discoveries are...property" goes back earlier. Section 1 of the French law of 1791 stated "All new discoveries are the property of the author; to assure the inventor the property and temporary enjoyment of his discovery, there shall be delivered to him a patent for five, ten or fifteen years". [4]

In Europe, French author A. Nion mentioned "propri?t? intellectuelle" in his Droits civils des auteurs, artistes et inventeurs, published in 1846.

1845年10月にマサチューセッツ控訴裁判所のCharles L. Woodbury判事が判決文の中で使った。

1846年にフランスのA.Nionが著書の中で使った。

このあたりが最初のようですね。


4 ● pukada
●22ポイント

"intellectual property"の語が初めて使われたのは、1845年10月の米国マサチューセッツ州巡回裁判所での判決文だそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Intellectual_property#History

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ