人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今、日本の皇室、大揺れです。
皇太子夫妻、雅子様の「公務問題」でも大きな論議が起きています。
ところで、ヨーロッパには新世代の皇太子妃が6人います。ベルギーのマチルド妃、ノルウェイのメッテ・マリット妃、オランダのマキシマ妃、デンマークのメアリー妃、スペインのレティシア妃、リヒテンシュタインのソフィア妃、この6人です。日本には、この6人がどのような「公務」をやっておられるか、全然情報が入ってきません。
この6人の「公務」は、ただ握手し、あいさつをかわすような「受身の公務」なのか、それとも、自分で財団のようなものを創り、それを積極的に慈善活動に使う、そういった形での「公務」なのか、全然わかりません。
日本の皇太子夫妻の「公務問題」を考える意味で、ヨーロッパの皇太子妃の「公務」も参考にしたいので、誰か、この6人の皇太子妃の公務の内容を知って折られる方がいたら教えていただけないでしょうか?私は英語ができないので、URLを表示するなら、日本語のサイトでお願いします。

●質問者: victoria_elizabeth
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:あい オランダ サイト スペイン ソフィア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●35ポイント

ノブレス・オブリージュが浸透しているヨーロッパでは、慈善・福祉活動を行っている皇太子妃が多いですね。特に、国連関係の仕事をしている方が多いようです。

http://asajp.at.webry.info/200606/article_4.html

マチルド皇太子妃とメッテ・マリット皇太子妃は、国連合同エイズ計画(UNAIDS)特別代表に任命されており、マチルド妃はタンザニアを訪問するなどしています。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2026460/329150

特に、ヨルダンのラニア王妃は、その美貌とともに福祉活動や国際会議での積極的な活動で有名です。

http://www.afpbb.com/article/1489288

http://blog.livedoor.jp/queenrania70/archives/51951829.html

http://blog.livedoor.jp/jordan_cafe/archives/50164730.html

http://mphot.exblog.jp/d2007-01-03

ラニア王妃は「わたしにとって王妃とは、王妃であることではなく、王妃として行動することです」と語っているそうです。かっこいいですね。

◎質問者からの返答

kanan5100さん、調べてくださってありがとうございました。

実をいうと、雅子様問題、特に、皇太子殿下の「公務の見直し発言」がああって以来のマスコミの報道に疑問を持っていました。「公務問題」を日本国内だけの狭い範囲だけの視野でしか捉えられず、本当に視野の狭さを痛感していました。

しかし、貴方の回答で謎は解けました。ヨーロッパの王室の皇太子妃は、本当に活発に活動されているんですね。そんな「公務」を、雅子様もおややりになりたいのではないでしょうか?

両陛下のおやりになっている「祈りの公務」は、陛下の時代までだったらそれはそれで時代に即したものだったかもしれません。

しかし、今は「インターネットの時代」です。皇室も世界にアピールしていかなければいけない時代なのではないでしょうか?

私、雅子様が外交官だったことに注目しているのです。つまり、佐藤優さんではないですけど、「情報の取り方のプロ」だったということです。マ雅子様によって、皇太子様は「情報の取り方」のイロハを教えてもらい、それで、日本の皇室のあまりの非近代性に気づかれたのではないでしょうか?それで、「公務の見直し」ということを言われたのかもしれません。

それに、マスコミは、「インターネット時代の皇室」ということを議論することを避けているような気がするのです。今は、皇族が、宮内庁・東宮御所・外務省を通さずに、ネットで直接、情報を得ることができる時代です。それで、皇太子夫妻は、ご自分の元にいろいろな情報を得ているのだと想像されます。

両陛下・秋篠宮ご夫妻は、インターネットをしていることを想像できないのです。

そういうわけだから、案外、皇太子ご夫妻の方が、世情に通じているかましれませんよ。


2 ● saitoh1983
●35ポイント

公務と言っても公務員のサボりじゃないんだから、国民生活に何ら影響なし。


ヨーロッパ王室はお金を自由に使えるが、皇室は戦後から質素倹約を心掛けてきた。

http://plaza.rakuten.co.jp/kazenotabibito/?func=diary&targetdate...



子供を連れて国民の前に出ることが公務のようなことも書いてあります。

http://yaplog.jp/theworldroyals/

このブログがご参考になりそうです。



「女王陛下の影法師」君塚 直隆 著

上の本にも詳しいようです。



以上のサイトを総合すると、下のような結論になります。

日本の雅子様の行状は、ヨーロッパではささいなことでしかない。

子供を連れて国民の前に出ることが公務のような・・・かも知れません。

ダイアナ妃のような、それが公務に励む方とされているようです。

◎質問者からの返答

私、雅子様の「公務」に故ダイアナ妃のような「公務」もあっていいのではないかと思っているのです。ダイアナ妃は、精神障害の一種、摂食障害を患っていました。しかし、それをきっかけにして、「公務」も治療の意一環とされたのです。他人を癒しつつ、自分を癒し、満足感が得られるというものでした。そんな「公務」のおかげで、ダイアナ妃の表情は見違えるようによくなり、自身がみなぎり始めました。

だから、雅子様もご自分の得意な分野、・・・国際関係、あるいは働く女性向けの公務・・・、から始められると宜しいかと思うのです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ