人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

外資系企業に勤める『メリット』『デメリット』って何でしょうか…?
平均年俸や、休暇の日数などの情報による理由と共に教えていただけると嬉しいです。


●質問者: tooh22
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:デメリット メリット 企業 外資系 年俸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● BAZZ
●27ポイント

私の勤める外資系IT系企業での体験です。

http://www.mu-kara-yumei.com/

メリット○かデメリット×かはその人の判断ですが、以下は私の主観と考えてください。

○実績主義 評価は数字が基本ですから明確です。売上、稼働率 など。

×しかし人情は無く厳しいものです。

○福利厚生 会社の業績によって毎年変わります。みんなが、がんばれば良くなる。

ただし一企業ががんばってもどうしようもないことはあります。

苦汁をなめて糧にするということでしょうか。

○ロイヤリティー 本社は外国ですからロイヤリティーが上乗せされます。

営業面では、国産企業に比べて不利です。

×これも、糧にして戦う必要があります。コスト削減が声高な時代では、楽なことはありません。

良いものを深く追求する精神が宿ります。

○平等 上司部下の組織はありますが、人間的に平等です。誰にも奢りはありません。

○勤務時間 基本的に実力主義なので、勤務時間に制限はありません。

お客様の成功につながるのであれば、何時に働こうと構いません。

○革新性 常にブレイクスルーを求められています。

誰も止める人はいませんので、やりがいがあります。いくら時間を使っても構いません。

○信頼性 常に正確な報告が義務付けられています。お客様にとっては安心できる企業です。

×正確でない場合には懲戒免職になりますので、常に辞職覚悟で働いています。

○将来性 グローバルを目指しているので、グローバルな活躍が可能ですし、求められます。

これは、リスクヘッジ、成長へのオプションですから、将来性があると位置づけられます。

外資系はたいてい大企業であるので、劇的な買収があります。

不要な事業部門は、国産企業に買収されることがあり得ます。


2 ● yukiwaka
●27ポイント

メリットと言うのかわかりませんが、外資は職位に依存しないで、

専門職でも業績がよければ給料もらえるのが外資の特徴ですね。

またデメリットは、出世できないケースがある事ですね。

上位職は本社のある国から出向してくる人で占められるので、

何年働いても管理職にはなれないらしいからです。

給与ですが、同レベル日系企業よりも基本的には2割程度高いと言われてます。

ですが、残業代が出ない(裁量制というのでしょうか)、退職金が出ない

などがあり、実際に得られる金銭は同じ職域なら殆ど同じくらいらしいです。


http://www.tenshoku-gyoukai.com/contents/00004.html


3 ● takahakz007
●26ポイント

昔読んだ本にあった情報です。

見かけの給料の多い少ないに惑わされて、見えない福利厚生、収入などに注意しないといけません。

例:

給料20万円だけど3万円で済める独身寮がある日本の企業

給料25万円だけど同じ広さだと10万円のアパートしかない場所の外資系企業

収入的にどっちが得なのでしょう?税金は給与分しっかり取られます。

休日が5日多くても、本当に取れるのかどうかは入ってみないと分かりません。

英語力は外資系企業の方が多くを望まれるでしょう。

URLはダミーです。

http://www.yahoo.co.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ