人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

当社は未公開会社です。名義書換代理人も未設置です。株式は原則発行で不所持申出があれば受理して対応してます。さて1カ月ほど前ある株主(A社とします。A社には株式の現物を発行)からB社への譲渡承認請求があったので当社取締役会はこれを認めました。その後B社はA社に代金を支払いA社はB社へ株式を譲り渡し取引は成立しました。問題はここからです。当社は株式実務を自社内で行っている訳ですがB社から「名義書換を行うので○月○日に、てめえらは挨拶も兼ねて(B社へ)来い!」と言ってきました。これを聞いた当社社長は烈火の如く怒り「まだ会いもしない相手(当社のこと)に、自分らの手元にある株式を取りに来いと?寝言は寝て云え」と。B社も負けじと「こんな失礼な出資先は初めてだ。来いと言ったら来い」とまぁ双方大人げない訳ですが当社がB社をギャフンと言わせるにはどうしたらいいですか?ちなみに当社は普段名義書換を希望する現物株式保有株主に対しては来てもらうか郵送で送ってもらい名義書換に対応しています。

●質問者: adog
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ギャフン 公開会社 出資 取締役会 寝言
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● felix33jp
●60ポイント

株券を電子化すればいいのではないですか?現在非上場会社は発行するか、不発行(電子化)かをえらべるようです。電子化して、B社にその株券はゴミになったから、捨ててくれと言ったらいいと思います。多少コストはかかりますが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ