人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【我慢】をテーマに、【我慢】にまつわる歴史上のエピソード、興味深い学説等々の情報を調べています。

●質問者: tooh22
●カテゴリ:医療・健康 芸術・文化・歴史
✍キーワード:テーマ 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● BAZZ
●35ポイント

メジャーなところでは、

忠臣蔵: http://www.the-hidaka.net/semi/semi058.html

臥薪嘗胆: http://www.mizz.jp/word/word_7.html

我慢 + 歴史 => となると、いづれも あだ討ちでした。

ヨーロッパ系では、旧約聖書:ヨブ の忍耐について書かれています。

http://www.ogaki-ch.com/preaching/Jam/Jam-05-02.htm

聖書は歴史といえませんかねぇ。


2 ● Lovelove-i
●35ポイント

ゲシュタルト療法という心理療法があります

我慢することと、許容することの違いとは何でしょうか。我慢することとは あくまでも相手の問題に自分が関って責任を取らないのであり、許容することとは 自分自身が自分に責任を取ることです。許容する為には自分の過去における 未解決の問題と人格の穴に気づき、自律性の達成と、自己責任 (自分の考えかた、感情、行動は全て自分が責任を負っている)が出来なければなりません。 しかし、私達の自我は、うのみ、投影、 反転行動、融合等を勝手気ままに使い、自分の責任を 回避しがちで中々自己成長をしたがらないのです。 そして苦しい、困った、悩みが深刻である、といってインパスの中でもがいているのです。 その結果として、心身症や神経症、それが昂じるとうつ病にまで発展し、 場合によっては自殺を実行したりします。

私たちは、この社会に生きていく時、 許すことができないと感じる様々な経験をします。また、まだその「こだわり」を 現在まで引きずって精神生活を送っておられる人々もおられることでしょう。 けれども、人は恨みや怒りで心を満たしていては、平和な気持ちで生きていくことが できません。


我慢は何時かは爆発致します。


私たちは何よりも自分自身のためにも 人を許す作業を!今!しなくてはなりません。

このようなことから、心理療法で治す必要が出てきます。

これがゲシュタルト療法です。

http://www1.coralnet.or.jp/hdys-hos/contents/ryouhou/geshutaruto...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ