人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

懲戒解雇されました。 再就職は不可能ですか?

●質問者: konkon-yo
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:再就職 懲戒 解雇
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●15ポイント

再就職は困難になります。(不可能では有りませんが、非常に難しい)


ただ、前質問を見ていて、これで懲戒解雇は不当だと考えます。

ここで、懲戒解雇をされましたといって、受け入れてしまっては、自分でも懲戒解雇に相当することをしたと認めることになってしまいます。

この状態で、懲戒解雇というのは、会社の不当な権利の乱用です。

戦ってください。


現段階では、懲戒解雇を受け入れずに、まずは懲戒解雇を無効にする方向で進める必要があると考えます。

http://okumura-office.dreama.jp/


頑張ってください。

◎質問者からの返答

有難うございます。会社に、どちらか選べといわれました。懲戒解雇か、一身上の都合の退職にしてあげるといわれました。後者の場合、誓約書を書き、判を押しなさいといわれました。誓約内容は、退職金放棄、情報漏えい等をしない。現勤務先と関わる営業活動等を一切行わないでした。

今日中(2008/3/20)にどちらか選べと言われ、悩んでいます。


2 ● hironov
●15ポイント

可能です。

ただし面接等、選考の段階でその事実を隠蔽することは、発覚した際あなたの不利に繋がることを留意しておいてください。

◎質問者からの返答

有難うございます。履歴書に記載することは、やぶさかではないですね。


3 ● jane
●15ポイント

結論から申し上げますと、不可能ではありません。

ただ、懲戒解雇された「理由」によって大きく変わってくると思います。

また、再就職先(応募先)は前職について質問してきたり、以前の職場に問い合わせることはよくあることです。


参考になりそうなサイトをピックアップしてみました。

頑張ってください!


http://www.syaroshi.jp/roumu_q_a/0411_1.htm

「懲戒解雇した社員の再就職先からの問合せ」

こちらは、とても参考になると思います!

>懲戒解雇した社員の再就職先から離職理由を聞かれたらどう答えるか。


http://tyoukaikaiko.269g.net/

「懲戒解雇のための再就職ガイド」

>懲戒解雇の再就職について色々な角度から検証しています。

また、 懲戒解雇で失業保険がもらえるのか、懲戒解雇の通知、懲戒解雇の手続についてや、懲戒解雇の退職金、懲戒解雇の事由にういて、さらに懲戒解雇の処分や、業務上横領での懲戒解雇、遡及懲戒解雇、労働基準法、懲戒解雇の場合の履歴書の書き方、雇用保険・失業保険などにも焦点をあてて開設していきたいと思います。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa871093.html

「教えて!goo」の中で、同じような質問が立てられていました。

http://okwave.jp/qa2829557.html

「OKWaveコミュニティー 」懲戒解雇と再就職(社会保険)


http://okumura-office.dreama.jp/

「懲戒解雇 相談 解決!」

http://tyoukaikaiko.sblo.jp/article/4496460.html

「懲戒解雇 Q&A」

>懲戒解雇・再就職・失業保険、等。

◎質問者からの返答

有難うございます。すごいです。こんなにたくさんの参考文献があるとは、知りませんでした。


4 ● pahoo
●15ポイント

懲戒解雇された理由にもよりますが、刑事罰でもなければ、次の就職先が採用しないという法的根拠はありません。

ただし、履歴書の賞罰記録には懲戒解雇について記載しなければなりません。そうしないと、再び懲戒解雇される恐れがあります。たとえば、前職で懲戒解雇されたことを履歴書に記載せずに入社した者を懲戒解雇にすることを有効とした判例があるようです。

面接の際、前職での懲戒解雇の理由を客観的に説明でき、その理由が利害関係に結びつかないような企業に再就職されることをお勧めします。

◎質問者からの返答

有難うございます。

過去の記録の事実は、今後一生ついて回りますね。

判りました。罪の報いとして、利害関係の生じない会社を訪ねることにします。

隠蔽ではなく、公表こそが、人生最良の道ですね。


5 ● kappagold
●15ポイント

>会社に、どちらか選べといわれました。懲戒解雇か、一身上の都合の退職にしてあげるといわれました。後者の場合、誓約書を書き、判を押しなさいといわれました。誓約内容は、退職金放棄、情報漏えい等をしない。現勤務先と関わる営業活動等を一切行わないでした。

>今日中(2008/3/20)にどちらか選べと言われ、悩んでいます。


「今日中に、誓約書書いた上で自主退職を選択しない場合には、懲戒解雇をする。」

これこそ、権利の乱用です。

また、一身上の退職で、懲戒解雇をちらつかせて退職金を放棄させるなど、言語道断です。

これこそ法律違反でしょう。


どちらも選択しないという手があります。

誓約書を書く必要があるのかどうか?


専門家に相談して、徹底的に戦う必要があります。

懲戒解雇や退職金放棄など、あなたに不利なことを飲む必要はありません。

◎質問者からの返答

有難うございます。即字回答(2008/03/20 9:15)を避け、一時的に、帰宅(2008/03/20 10:00)してます。昼一(2008/03/20 13:00)に会社にどうするのかを電話で返事をすることになっています。知人に尋ねたところ、一切の記載捺印はしてはならないといわれ、懲戒解雇に仕向けたほうが良いといわれました。私も同感と思います。kappagold先生、親身に助けていただき、有難うございます。このご恩は、一生忘れません。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ