人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あと、またピラミッドに関する質問ですが、

クフ王のピラミッドの大回廊の壁には、

「持ち出し構造」という、上部にいくに従って前に出ている構造が使われているらしいのですが、
↑これなんすか??
ジョウブニイクニシタガッテマエニデテイル というのがなんなのか最も分かりやすく説明しているページを教えて下さい。

宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:クフ王 ピラミッド 構造
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● apple_gumi
●50ポイント

壁面はブロックが段ごとに6cmずつ張り出す持ち出し構造で、上部ほど狭くなっている。

小さいですけど写真もあります

http://www.rurubu.com/book/article/overseas/20071215/

◎質問者からの返答

ふぬふぬ、ありがとうございます。


2 ● Red-Dragon
●100ポイント

大回廊の天井の構造は、持ち出し構造と言われ、

両側の壁(石材)が、少しずつ内側にずらされ、

7段積まれています。


内側に、約75?ずつ、ずらしてあるのだそう。

天井の石に負担がかからないように、配慮して・・・

http://www3.kcn.ne.jp/~mamama/egypt1/diary-013.htm

このページの下のほうに実際の写真があります。

上に行くにしたがって狭くなっているのが写真で分かります。

◎質問者からの返答

なるほど。

これは非常に分かりやすいですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ