人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【不法入国している中国人の彼女が、合法的に定住できる方法はないものでしょうか?】
彼女が中国人です。僕が25、彼女は23です。
実は、彼女は短期ビザで入国し、そのまま約三年間滞在し仕事もしています。
つまり、不法滞在及び不法就労をしており、強制送還の不安が常に付きまといます。
例え摘発を逃れても、有事の場合(大病など)を考えると不安で仕方ありません。
彼女は日本が大好きで出来れば日本にずっと住みたいと言います。
彼女の場合、長期在留資格を得られるような技能や条件は思い当たりません。
彼女が定住資格を得るためには結婚しか方法は無いのでしょうか?
付き合って一年、お互い結婚に関しては決して後ろ向きではありませんが“今すぐ”とはなかなか考えられません。
しかし、この問題をダラダラと先送りににはしたくない、という気持ちは非常に強く持っています。
摘発された場合、最低5年は再入国出来ないそうで、そうなれば、永遠の別れになってしまう可能性が高いと思うからです。
また万が一、結婚後に死別・離婚などした場合、彼女の定住資格はどうなってしまうのでしょうか?
様々な観点から良きアドバイスを頂けるとありがたいです。


●質問者: back_to_the_t
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:23 いもの アドバイス ビザ 一年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● a0003119
●100ポイント

定住資格として、在留特別許可を得て日本にとどまる、という選択肢もあるでしょう

ただ、在留特別許可が出るかどうかの裁量の幅が極めて広いため、許可を得られるかどうかは不明です。


(参考)法務省・在留特別許可された事例及び在留特別許可されなかった事例について

http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan25.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

まだ、ざっと目を通しただけですが、

不法滞在していても、日本人の配偶者として在留特別許可が下りるケースもあるのですね。

専門家の意見も聞いて、今後のことをよく考えてみたいと思います。


2 ● MYO
●200ポイント

こんにちは。m(_ _)m

以前に台湾や上海から留学してきていた友人から聞いたことのある話と、幾つか類似する部分があるので、知っている限りの情報ですがお知らせします。

(※最新の情報は、後述する専門家に無料である程度聞けるので、確認してください)

ちなみに、僕は日本人なので国際結婚の詳細は知りません。あくまで、自分が海外旅行などで知り合った友人から聞いた情報として聞いて下さい。

--

基本的に、彼女にはまず不法滞在、つまり「不法残留(オーバーステイ)」しているという事実は常に付きまとうと言う点について、理解する必要があります。これについては、何をどうやっても逃れることができない現実です。

このオーバーステイに対する処分(上陸拒否期間)については、平成16年から3種類に区分される様になりました。(※確か今も変わってないはず)

  1. 出国命令により出国した者:1年
  2. 入国管理局の摘発により退去強制された者:5年
  3. 過去に退去強制歴等のある者:10年

(1)は、退去強制処分という位置付けではなく、具体的にはオーバーステイしている者が自主的に入国管理局に出頭して帰国するケースを指します。この場合、基本的には1年間は上陸拒否期間として扱われます。ただし、問題は必ずし1年間で入国できるという訳ではなく、実際には様々な申請理由や状況から判断されます。この為、出来ればそれらの申請になれている専門家の方に申請の手続きについて相談する必要があると思います。

また、国際結婚をする事で現在の彼女の状況から滞在許可が無条件で下りるという訳では無いと言う点は、注意が必要です。

つまり、言い換えると合法的に滞在できる可能性は、かなり薄いという認識は持つべきです。(※絶対とは言いません。常に何事も可能性はあると僕は思うので。)

厳しい言い方で申し訳ないのですが、そのあたりで苦労した友人を見た事があるので、一つのケーススタディとして頭のどこかに留めておいてください。

尚、彼女が貴方の知らないところで、日本において何らかの犯罪と位置づけられる事をしていた場合は、(3)もしくは無期限入国拒否になる筈なので、この場合は貴方が彼女を追いかけるしかありません。。。

--

仮に彼女と国際結婚した場合、法的には「日本人の配偶者等」という在留資格取得の目的で「在留資格認定証明書交付申請」を行う必要があります。

ここでも忘れてならないのは、申請である点です。つまり、不交付の可能性もあるという事です。

この手の不交付の通知を受けた際、貴方と彼女の国際結婚に疑問があると入国管理局が認識していると言う理解をする必要があります。この点を理解しないと、後々の再申請等で平行線を辿る事になるので要注意です。

解決策としては、貴方と彼女の国際結婚の事実を証明する具体的、且つ法的な証明となりえる当事者の認識・主張、知り合ったきっかけから国際結婚までの流れを、かなり具体的に説明した申請書を作成する必要があるという話を聞きました。

友人のケースでは、一緒に旅行をした旅行記録(パスポートや国内旅行の記録)や一緒に住んでいる住居が確認できる写真や資料や証人、携帯電話や固定電話の通話記録(つまり違法な婚姻ではないと言う、交際の歴史の法的証明として一番手軽なのだそうで。。)まで提出していた記憶があります。後は、結婚指輪とかその領収書とか。。。

こういう問題がある為、安易に一次的な書類上の国際結婚と離婚では解決がつかないという点、厳しいのですが事前に理解しておいてください。

--

次に、仮に国際結婚による在留が可能となった場合、についてです。

国際結婚後、在留が認められた後に離婚をすると、前述した「日本人の配偶者等」という在留資格を離婚をした瞬間に自動的に失います。これについては条件がなくなるので、一切の更新は出来ません。僕の友人はこれで帰国する事になったので確かです。

在留する為には、先ほど貴方が質問でふれられた様に「技術」「知識」「国際業務」「技能」といった就労による在留が可能な条件を満たした上で、在留資格の変更申請を行う必要があります。

僕が知る限り、この他に特別に在留資格が認められるのは、二人の子供が出来た場合以外は無かったと思います。(※もしあったらゴメンなさい)

ちなみに、一時期はその在留資格の「技能」をダンサーという芸能に位置づけて入国が認められていた過去事例もあるようですが、ご存知の様に風俗産業的な視点も持たれ、現在はかなり厳しいそうです。(※無論例外はあるのでしょうが。。。)

この為、一時期は国際的にも技術や知識や技能が共通していたり、業務内容が酷似している建設業や貿易、事務所を諸外国に持つ事業などでの翻訳業務を選択するケースもあるようですが、実際にはそれらの業務で求められる条件は結構日本人でも苦労するものが多いみたいです。

--

すみません、僕が知る限りの情報は以上になります。

愛情や恋愛は理屈じゃない、言葉で簡単に説明できるものでもないという事もあると思います。

だからこそ、色々やってあげたいという気持ちも理解できます。

ただ問題なのは、愛情を法的に証明しようとすると、その国それぞれの一連の表現(手続き)が必要であると言う点は避けて通れず、その点については当事者である貴方と彼女には、それぞれ取組みが必要なのです。

そして、多分(いや、恐らく)、2人で考えている事が実現できるかどうかについては専門家の助けが必要だと思います。

もしかすると、僕が知らない退去無しに在留できる方法もあるかもしれません。

下記のサイトは、その手の質問が色々とできる問い合わせ先がリストアップされているので、良ければ活用してみてください。

ALA!中国:外国人支援

http://www.alachugoku.com/cgi-bin/yellowpg/yellowpg.cgi?path=hom...

原屋国際行政事務所

http://park8.wakwak.com/~haraya/

他にもあるかと思いますが、御参考までに。

頑張ってください。

◎質問者からの返答

懇切丁寧なご回答ありがとうございました。

今はまだ気持ちの整理が付きませんが、専門家の意見を聞いて良い方法を考えたいと思います。

結婚できるかどうかは現時点ではわかりませんが、たとえ結婚できなかったとしても彼女が大切な人であることには変わりありませんので、彼女のために何とか最善を尽くしたいと思います。


3 ● ken33jp
●0ポイント

結婚してもとりあえず国籍はそのままですね。

http://q.hatena.ne.jp/1151895645

>しかし、この問題をダラダラと先送りににはしたくない、という気持ちは非常に強く持って

>います。

>摘発された場合、最低5年は再入国出来ないそうで、そうなれば、永遠の別れになってしまう

>可能性が高いと思うからです。

あなたが中国に行けばよいと思いますよ。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

残念ながら論旨がいま一つ理解できませんでした。


4 ● yazuya
●100ポイント

基本的にはオーバーステイを続ければ続けるほど、不利になります。

まあ、長期にわたってオーバーステイしまくって在留許可をとるというゴネ得のような事例もありますが、あまりおすすめしません。



結婚後に死別・離婚などした場合、彼女の定住資格はどうなってしまうのでしょうか?

結婚していた期間によって違うと思います。

何十年も結婚していて死別などの場合はまず問題ないです。

結婚してすぐ離婚などという場合は、すぐ資格は失いませんが偽装も疑われますし、資格の更新は厳しいかもしれません。

オーバーステイの前科があれば不利になるのは間違いないでしょう。

http://www.lawyersjapan.com/visakouzaj3.html

http://www.gyoseishoshiblog.com/asiannetwork/item_9920.html


本気で心配なのであれば腹をくくって結婚してしまうのが(在留許可的には)一番無難で効果的です。

(それはそれで結婚失敗のリスクがありますが…)



摘発された場合、最低5年は再入国出来ないそうで、そうなれば、永遠の別れになってしまう可能性が高いと思うからです。

他の方も回答されているように、あなたが中国に行くなり第三国で会うなりすればいいと思います。

日本で会えない=永遠の別れという発想は無意識的にせよあなたの身勝さや彼女よりあなたが上だという意識が感じられます。

そこに思い至らないということを考えれば、まだ結婚に踏み切れないというのは正解なのかもしれません。


ただ、このままオーバーステイを続けていた場合、御心配されているように大病等で困った自体に陥るかも知れません。

はてなで聞くだけにしておかないで、在留許可を取り扱っている行政書士等の専門家に相談してみるといいと思います。

◎質問者からの返答

ご丁寧な回答ありがとうございます。

合法・違法を問わず、在日中国人の方の日本へ来た理由の多くに経済的な事情が含まれるのではないではないでしょうか。

もちろんそうでない方も多いでしょうが、

留学生で勉強しながら多くのアルバイトをしている(場合によっては資格外)場合や、

仕事・技能などの資格で在留許可を得ている方の場合などでも、

将来的に日本で生活をした方が豊かな生活が送れることや、中国にいる家族に多くの経済援助をできることが副次的な目的になっている場合が少なくありませんので、

これらの場合も、広義には経済的な事情と言えるのではないでしょうか。

彼女も例外ではなく、中国の家族に多額の仕送りを続けています。(僕から彼女に誕生日プレゼントなど以外で金品を渡すことはありません)

いくら中国の経済発展が目覚しいとは言え、富裕層以外の暮らしは日本と比べればまだまだ貧しく、収入も物価もまったく違いますので、日本で働くことで自分も家族も豊かな生活を送りたいと考える中国人は非常に多いのが現実だと思います。

>あなたが中国に行くなり第三国で会うなりすればいいと思います。

>日本で会えない=永遠の別れという発想は無意識的にせよあなたの身勝さや彼女よりあなたが上だという意識が感じられます。

これは正直図星かも知れません。

ただ、僕も彼女も日本での暮らしを強く希望しており、今後、中国(あるいは第三国)で僕達が長い人生を共に歩んで行くことは現実的には難しいのではないかと思います。

そのことを持って、「それは彼女を本気で愛していない」「あなたの身勝手だ」と言われてしまえば反論はできません。

現状、彼女が違法行為を犯しており、それ故に生活上大きな不安や制約が付きまとい続けること考えた場合、できる事ならば一刻も早く彼女を安心で自由な環境に置いてあげたいのが本心で、そのほとんど唯一と言える手段が結婚ということになると、否応なくキャスティングボートは僕が握っているということになってしまうのではないでしょうか。

本来、好きで付き合っている者同士、どちらが上だとか、極端に依存度が偏っているとかいうのはおかしな話だと思いますし、むしろこの問題を早く解決し彼女にそんな負い目を感じないようにさせてあげたい、と考えております。

相談すべき専門家ということになると、(相談内容にもよるでしょうが)行政書士が最も適当ということになるのでしょうか。

アドバイスありがとうございます。


5 ● sinzaku
●30ポイント

?非営利法人(NPO、社団法人など)を設立し、あなたが代表になり彼女は理事にする。これなら、彼女は公私にわたる関係であると主張できます。

なぜNPOかというと、企業だと法人事業税を払わないといけなくなるからです。

?養子縁組を利用する

参考

http://www.gekiura.com/clnic/karte138.html

最後に書いてある通り、一旦あなたが政情不安定な国にいき全くの別人になって再上陸というウルトラCも存在します。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

可能性としては色々な方法があるものですね。

彼女と話し合い、結婚の方向で調整を進めたいと思っています。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ